セレブ熟女スポンサーになってもらう為に枕営業@2P

以前勤めていた会社での事。
身バレが怖いから超ボヤかすのは勘弁して下さい。
簡潔にまとめると、成果が欲しくて枕営業しちゃったって話。
女じゃありません。
当時25歳だったごく一般的な男です。

上司にイビられ、胃薬が無いと吐き気と胸焼けで苦しかった毎日。
俺以外の同僚たちは、チラホラと成果を上げていた。
でも俺はほぼゼロだった。
もともと何かを売り込んだりできるような性格じゃない。
ぶっちゃけ騙されただけなんだが。
だって就活の時にはそんな営業やらされるなんて話一切無かったし。
開発部門で働く予定で選んだ会社だからさ。

働き出して2年目、突然の人事異動で営業に飛ばされた。
俺以外にも同期全員、というか4つ年上の先輩から下が全員飛ばされた。
みんな困惑していたし、1年もすると半数以上が会社を去っていった。
俺もその時に去れば良かったんだけど、まぁタイミングを逃した感じかな。

みんなストレスが溜まってたんだろうなぁ。
上司だけじゃなくて他の同僚たちも俺に意地悪してきていたから。
いわゆる「イジメ」だね。
人生で初めて味わうイジメに精神崩壊寸前まで追い込まれていた。
特に元々営業だった人達からのイジメは壮絶だった。

そんなある日、ダメもとで馴染みのお客さんの家にお邪魔していた。
奥さんの暇潰しに付き合わされ、いつか契約してくれればって思っていた。
でもそんな俺の魂胆を知っていただろうから、良いように利用されてた。
話し相手は勿論、荷物を出しに行くとか重たい買い物を頼まれたりとかね。
2階に荷物を運ぶ時も、庭仕事の時も呼ばれたりしてた。
それもこれも仕事に繋がると思っていたから耐えてたわけです。
でもさすがに耐え切れなくなってきていた。

脚立にのぼって玄関外にある外灯の電球を換えていた時だった。
トイプードルを連れたマダムが遊びにやってきた。
従姉妹らしいが顔は似ていない。
自己紹介をし、しばしマダム二人とお茶をしながらお喋りをしていた。
するとそのマダムが「今度うちにいらして」という。
ちょっと詳しく話を聞きたいとまで言ってくれた。
耐えに耐えた努力が報われた!と小躍りしそうになった。

数日後、教えてもらった住所へ出向いた。
180cmの俺でも全く覗けないほど高い塀に囲まれたゴージャスな屋敷。
都心部でこの屋敷とは・・・と驚きを隠せなかった。
門を入って玄関までの間にある欅の巨木には圧倒された。
リビングも凄くて、一番驚いたのは絨毯のフカフカ感w
でも奥様はその家ではほぼ生活していないらしい。
そこは実家で、他にも家族がいるという。

そんな奥様に説明をし、資料を置いてその日は帰宅した。
すると後日連絡があり、今度は暮らしているマンションにお呼ばれした。
低層マンションで、そこも驚くほどゴージャスだった。
緊張する俺の目をジッと見ながら奥様は条件を出してきた。

今でも忘れない言葉。
「ねぇ、アナタのカラダ見せてくれない?」
初めて会った時、ちょっとした筋肉自慢をしていた。
それが見たいのかと思ったんだけど、ちょっと雰囲気が違っていた。
というか普通に見せないでしょ。
でも奥様は真顔だったので、緊張しつつYシャツのボタンを外していった。

シャツを肌蹴させると、奥様が手を差し込んで来た。
「綺麗ね」そう言いながら胸を撫で回された。
乳首まで触り出し、ちょっと俺は怖くなっていた。
でも動けなかった。
有無を言わせない奥様の表情。
手が胸から離れていった直後、今度は太ももを触られた。
そしてそのまま股間に手が向かい、おもむろにチンコを握られた。

当然勃起なんてしていない通常状態。
玉袋から竿を優しく揉みほぐされた。
普段だったらそこで勃起していたと思うが、緊張と恐怖で変化なし。
それが気に食わなかったのか、ジッパーを下げられ中に手を突っ込まれた。
ゴソゴソと動かされ、あっという間にダイレクトに触られた。

無言で俺を見つめる奥様はフニャチンを指先で弄ぶ。
俺は何も言えず、ただひたすらジッとしていた。
そんな俺に奥様の一言「私の好きにして良い?」だった。
そこからはもう蛇に睨まれた蛙状態。
シャツを脱がされ、乳首を弄られ、舌の先で舐められ、チュパチュパ吸われ。
勃起してしまったチンコを引っ張り出され、もちろん舌先で弄ばれた。

恥ずかしいが、それまでの俺は一人の元カノとしか経験がなかった。
しかも同じ理系で正直可愛いとは言い難い元カノ。
貧乳で色気なんてほぼ無かった子だったが、性格が可愛くて大好きだった。
人事異動が決まった直後にフラれた子w
そんな元カノとは比べ物にならない舌使いに、ただただ圧倒された。

「おっきいのね」
ため息混じりに呟きながら亀頭をチュパチュパしゃぶられた。
ソファーに腰掛けていたから舐めている箇所は見れなかった。
でも舌が亀頭やカリ首、裏筋などを這っていくのがよく分かる。
チンコが勝手にビクンビクンした事に俺も驚いていた。

「顎が外れちゃうそう」
そう言いながらカリ首ほどまでを口に含んでしゃぶってくれた。
最高に気持ち良くて、もうどうにでもなれ!って感じだった。
元カノのフェラは正直物足りなかったから、レベルの違いが凄すぎた気がする。
そして人生で初めて口内射精をむかえた。

タグ

弱み握られ熟女の性欲処理相手に@2P

調子に乗って出会い系で遊びまくってた時期があった。
当時の俺はなぜかやたらめったら性欲が爆裂してて。
その性欲が燃料となり、超マメになって口説き落としまくってた。
顔なんて関係なし。
ただマンできればそれでOK!w
でも病気は怖い。
そこで狙ったのは30代以上の熟女で、しかも人妻。
旦那がいれば性病とか気を付けるだろうし。
深入りしてこないであろうという考え。
下手に付きまとわれたら・・・なんて事になるようなイケメンじゃないんだがw
若い子は病気もそうだけど、美人局とかも怖かったからねぇ。
そんなわけで熟女狙いになった。

この投稿の続きを読む »

タグ

園子次長の紹介してくれたお局様OLは高齢処女だった@2P

俺と激しい変態セックスを展開して、俺のセフレとなったヤンキー上がりのキャリアウーマン・石関園子次長はとある日に会食の場であくまでも下半身の関係ながら、部下のOLさんを紹介してくれた。
「彼は要領悪いけど、優しいし、いいチンポしてるぜ!!」と息巻く園子次長…。
園子次長の職場では既に「お局様OL 」となって久しい五十嵐百合枝(いがらし・ゆりえ=仮名)さんである。

彼女は俺より一回り年上で、園子次長よりも7歳年上の当時43歳で未婚であった。
破天荒でイケイケな園子次長とは対照的に地味で非常に大人しく、役職には就いていない専ら事務職。
やや小柄だがムチムチしたスタイルで、芸能人で言うなら稲森いずみに似た40代にしてはすっぴんでも若く見える可愛らしい、色白でややショートカットの童顔だ。

この投稿の続きを読む »

タグ

Fカップの痴熟女ライダーとヤリまくりSEXツーリング

35歳の頃、俺は某バイクのサイトで6歳年上のチエさんと言う女性ライダーと知り合ってメールをするようになった。
他県に住むバツイチの子無しだ。
彼女とはほぼ毎日メールで話していたが、レスはイマイチ素っ気ない・・・。
そこで俺はダメもとで下ネタを話したところ、何と彼女はいきなり裸の写メを送ってきた!!
しかも、嬉しい事に彼女は俺好みの巨乳のFカップだV(^-^)V
乳首にはまだ赤みが残っており、乳輪もけっこう大きめだ。
かぶりつきたくなるような美巨乳!!

この投稿の続きを読む »

タグ

エロすぎる五十路の美魔女教官とセフレになれた@2P

数年前、俺が43歳の時の話だ。
某大都市で行われたセーフティードライビング教室に何気なく参加した俺は、担当者が女性であった。
とても話好きな女性で、教習中も運転そっちのけでよくしゃべる人だった。
俺の評価は「ウインカーの点灯が遅い」以外は全て優良の評価をいただいた。
名前は〇〇秀子さん。
俺より10歳年上の53歳で独身。
某自動車学校のベテラン指導員で同校の教務課の課長だ。

この投稿の続きを読む »

タグ

若いチンコ大好き熟女との初体験@2P

俺の中では人生で1番の衝撃的な記憶がある。
それは中学2年の夏に目撃した事件のような事故のような光景。
公立の中学校に通っていた俺には、地元の同じ小学校あがりの幼馴染みのような友達がたくさんいた。
その中でも幼い頃から無茶な事を自らハイテンションでやる馬鹿が1人いた。
痛みを感じないのかなって思ったぐらい、ヤバいヤツだった。

この投稿の続きを読む »

タグ

性欲衰え知らずの完熟五十路人妻熟女@2P

酔った勢いではあるが、人生初の五十路とまぐわってきた。
想像していたよりも良かったので書いてみようと思う。
五十路でも綺麗な人は綺麗だからねぇ。
というわけで暇な方はお付き合い下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ

ずっと隠してきた童貞を捧げた初体験の相手@2P

今までずっと誰にも言えず秘密にしてきた事がある。
それは童貞を捧げた初体験の相手だ。
誰に聞かれても「当時付き合ってた彼女」と言ってきた。
まぁ確かにそれは間違っていないかもしれない。
正確には付き合ってはいない。
でも週2~3日は会ってたし、会えば必ずセックスもしてた。
だからセフレ以上恋人未満なのかもしれない。

この投稿の続きを読む »

タグ

年上の人妻に一目惚れ@2P

あれは私がまだ20代後半の頃の話で、20年以上前の話です。
当時は菓子工場で働いていました。
ある日2人のパートさんが入社しました。
うち1人のパートさん(以後Aさん)を見た時、体に電気が走ったような衝撃とともに一目惚れしました。
Aさんは当時50歳前後で大学生の息子と旦那さんと3人家族でした。
頭ではいけないことだとわかっていながら、気持ちは高まるばかり。
なんであんな年上に一目惚れしたのかわかりません。

この投稿の続きを読む »

タグ

金を出してまで若い男とヤリたいセレブ熟女@3P

出会いは大学2年の夏でした。
同じ高校出身で3つ年上の先輩からの誘いで合コンに参加した。
その先輩は新卒で働き出してた。
「若いの連れて来いって言われてさ」
そう先輩に頼まれ、メンツも聞かぬままOKしてた。

当日普通の私服でぷら~っと行ったら俺だけ場違いで泣きそうだった。
男全員スーツだし、女性陣もオシャレしまくり。
学校に行く時と同じ格好の俺に先輩も同情してたほど。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ