ホームレスが建てた小屋がヤリ部屋に@2P

もう随分前の話で、いろいろ時効だと思うんで書いてみます。
そのホームレスと初めて出会ったのは小4の真冬だった。
インフルエンザで学級閉鎖となり、元気だった俺は友達と河原で遊んでいた。
その日はとても寒く、川にも氷が張っていた。
でも上に乗ったら確実に割れるレベルの厚さだったが。
ダンボールを拾ってきて、それに座って土手を滑り降りる。
芝生まみれになって遊んでいた。

この投稿の続きを読む »

タグ

惚れてた子が目の前でリアルセックス@2P

小学5年の頃から、なぜか突然イジメられ始めた。
あれ??俺ってイジメられてる?!って初めて感じたのって、近くにいたクラスメイトに話し掛けた時にシカトされた事から。
目の前で、しかも目と目が合った状況で、喋ってる途中でスルー。
思わず「ちょっ!!!www」みたいな感じでソイツの肩を掴んだんだけど、それを振り解かれて取り残された。
周囲を見渡すと、そんな俺を皆が見てたし、でもスグに目線をそらされた。

この投稿の続きを読む »

タグ

元ミスコンファイナリストの美人が我慢できずに放尿@2P

ミスコンと言ったら最近話題になってるKOを連想しそうですが
あんな優秀な学校でもないし、ミスコンのレベルもやっぱり低いかな。
だけど俺からしたらそんなミスコンのファイナリストでも、雲の上のまた上みたいな存在で、喋るだけでも緊張しまくる。
そんな超ハイレベルな美人との絶対他言無用だよ約束させられた話です。
ちなみにだけど、身バレはさすがに怖いので、ちょっと着色して書きます。
もしかしたら当事者に近い人にバレちゃうかもしれないので。

この投稿の続きを読む »

タグ

ちょいブサ専門学生とのエッチ@2P

ちょっと前の話。
俺は関西の大学生で、モテたりはしなかったけど、そこそこ上手く立ちまわって、彼女をつくったり、遊んだりをしてた。
その時の体験談を一つ。

当時、飲み会があれば出来るだけ出席して、自分は酒をセーブしながらとにかく女の子を持ち帰ることを考えてた。
ノリをよくして、テンポよく上手く話していくのがポイントだった。

この投稿の続きを読む »

タグ

予備校通いで欲求不満の幼馴染み@2P

全然たいした話じゃないんだけど宜しく。
現役時代ろくに勉強しなかった俺は予想通り浪人する事になった。
どうせオヤジのコネで就職するけど、大学ぐらいはイケって言われてて。
コネっていっても地元の小さい企業だけどさ。
よっぽどの事がない限り潰れない親族ばかりでやってる会社。
そんな俺とは全然違って気合入りまくりの女がいた。

この投稿の続きを読む »

タグ

彼女がパイパンにしていたワケ

大学生になって初めて彼女が出来た。
彼女も俺と同じ地方出身者で寂しい一人暮らし。
猛烈にタイミングが良かったと思う。
俺ごときじゃ太刀打ち出来ないぐらい可愛い子。
田舎で真面目に高校生活を送り、彼氏も作らず勉強ばかりしてきた。
やっと大学生になったが、今度はホームシックになる。
そんな最悪な時に俺と出会い、急展開で付き合い始めた。

この投稿の続きを読む »

タグ

女友達が酔っ払ってオナニー始めやがった

去年の夏、未だに誰にも言えない光景を目の当たりにした。
8月下旬の土曜日、大学の友達に呼び出されて飲みに行った。
当然お目当ては女の子。
そいつの友達が入っていたサークルの女の子が4人ほど来ているという。
しかも同じ大学ではなく他校ときたもんだ。
まだ内定も貰えてない身分だったが、アゲアゲで向かった。
でも到着してみるとガッカリ感ハンパなかった。

この投稿の続きを読む »

タグ

浮気三昧ヤリマンの元カノが上司の婚約者だった@4P

2年間付き合っていた若菜という女がいた。
出会いは大学2年の6月。
その後の夏休みにかけて男女数人で遊びに行きながら仲良くなった。
俺が一人暮らしだった事もあり、付き合い出してスグ半同棲状態に突入。
若菜の実家は、路線こそ違うがチャリで30分ほどの地域にあった。
だから荷物とか気にする事もなく、週の半分以上はウチにお泊りだった。

この投稿の続きを読む »

タグ

彼氏も共有する双子の彼女@2P

大学生になって人生で初めての彼女ができた。
地方出身の俺にとって東京出身の彼女はとてつもなく輝いて見えた。
後になって冷静に写真とか見ると、なぜあんなに盛り上がっていたのか謎w
多分東京っていう空気に流され煽られたんだろうな。
ひとり勝手に盛り上がっちゃってたタイプねw

この投稿の続きを読む »

タグ

ムチムチな人妻になってた元カノと再会@2P

この前の連休に野暮用があって子供を連れて実家に帰省してた。
夕方過ぎに近所にできたショッピングモールでお買い物。
子供と嫁さんが元気に歩き回っていたが俺は無理。
そこでエスカレーター横にあった1人掛けソファーで待機してた。
「あれ?チー君?」
俺の事をチー君と呼ぶヤツは恐らく世界で1人しかいない。
だから焦って横を向くと、なんとそこには初めて付き合った元カノがいた。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ