調教好きドSな鬼畜男の末路@3P

マサとは同じ大学&同じマンションという縁で親しくなった。
俺は超ド田舎から出てきた田舎者。
マサは通うのが大変だからという理由で一人暮らしを始めた都会っ子。
同じマンションだったが、俺はワンルームだったがマサは2LDK。
俺はバイトで生活費を稼いでいたが、マサはバイトもせず仕送りオンリー。
要するに俺とは生活レベルが違っていた。
家賃光熱費以外、月に生活費で10万、足りない時はその都度って生活。
まぁ~ぶっちゃけ超羨ましかったよねw

この投稿の続きを読む »

タグ

お気に入り風俗嬢がママ友だった@2P

何となく結婚して、3年目に子供を授かった。
ぶっちゃけ嫁より息子の方が大切だった。
だから別に子育てとか苦でもなかった。
そんな俺に嫁は不平不満を毎日ブチ撒けてきていた。
気が付けば離婚したいなんて突然言われる始末。

この投稿の続きを読む »

タグ

出会い系でフェラ好きな女に出会った@2P

ちょいと誰かに言わずにはいられない事が起きた!
それもついさっき!
ぜんぜんエロくないんだけど良かったらお付き合いヨロシクです。

先々月だったと思う。
友達に絶好調だと自慢されて、だったらと使い出した出会い系サイト。
ずっと昔に使ってたから使い方は分かってた。
でも今まで1度も出会えた試しがない。
そこでその友達のレクチャーを居酒屋で受けた。
授業料はその時の飲み代。

この投稿の続きを読む »

タグ

性欲だけ満たしたい淫乱シングルマザー@4P

数年前までうちの部署に超可愛い女の子レイナがいた。
新卒で入社してきたその日から社内でダントツの人気だった。
お婆ちゃんがロシア人のクォーター。
ほとんど日本人なんだけど、目とその周辺にロシア人の名残を感じる。
でも黒髪だし日本語しか喋れないしで、言われなきゃ全然分からないと思う。
だけど超可愛いってだけ。

この投稿の続きを読む »

タグ

母親の友達が酔って誘惑してきた結果@2P

昔の事だからマジにならずに読んでねw
俺が小2の時、両親が離婚した。
当時の俺には「離婚」の意味が分からなかった。
両親が砕いて説明してくれなかったからね。
ただ「お父さんとあんまり会えなくなるんだよ」とか言われただけ。

この投稿の続きを読む »

タグ

使い勝手&都合最強の人妻フェラチオ奴隷@4P

クソ忙しい時期があり、落ち着いたら急に体調崩して高熱が出た。
でも2日目には平熱になってたが、大事を取って休む事に。
昼の12時ちょっと前。
ベッドでウトウトしてると、ミャーミャーと猫の鳴き声が聞こえた。
うちはマンションで11階。
しかもうちには猫なんていない。
こりゃまた熱が出て幻聴でも聞こえてきたかと思った。
でもそうじゃなかった。
ふと見るとベランダに猫がいてこっちに向かって鳴いてやがる。

この投稿の続きを読む »

タグ

夏の思い出・・・好きだった子のフェラを目撃

高3の夏休みにクラスでバーベキューをやろうって話になった。
受験で忙しいけど、この日だけは楽しむ!っていうコンセプトで。
そしたら担任の先生まで参加する事になり、その流れで違うクラスも合同でやるっていう話になって、なぜか2クラス合同のバーベキューに。
俺にはちょっと嬉しい誤算だった。
それは好きな女の子がいるクラスだったから。
しかもその子も参加するという。
だから俺はその日の為に洋服まで新調して気合入れまくった。

この投稿の続きを読む »

タグ

泥酔して彼氏と勘違いてフェラチオ&口内射精@2P

同じバイトをしてた2つ上の先輩がいる。
大学卒業後はちゃんとサラリーマンしてた先輩だが、半年後には辞めてしまい現在に至るまでフリーターという状態。
ちなみに俺はしっかりサラリーマンしてる。
だから平日の夜なんて疲れてるから遊びたくもない。
なのにこの先輩は問答無用でウチに遊びに来る。

この投稿の続きを読む »

タグ

公園の駐車場で初対面の女がフェラ

一昨日の22時頃、中学からの悪友から連絡がきた。
「今ちょっと時間ある?」
「あ~あるよ、どうした?」
「会わせたい女がいるから公園に来いよ」
「どこの?」
「裏のに決まってんだろ」
「マジで言ってんの?」
「マジだよ、早く来いよ」

この投稿の続きを読む »

タグ

友達の彼女にフェラチオされたんだが@2P

未だにアレは何だったのか意味が分からない事がある。
8月の終わり頃、小・中と仲の良かった友人が遊びにやってきた。
高校生になって遊び出したヤツは大学へも行かず、21歳の今はフリーター。
俺はそこそこ真面目にやってたので、一応は大学生で現在一人暮らし中。
「今度東京に行く予定なんだけど」
6月頃にメールが来て、行ったら泊めてくれないかと頼まれた。
夏休みだし断る理由も無かったが、やって来た友達見てドン引きした。
友達は当然のように彼女を連れて来てたから。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ