万引きしてた人妻に@2P

あれは忘れもしない高1の10月。
テスト前で友達の家にノート写しに行った帰りの話です。
確か15時過ぎだったと思うが、尿意をおぼえスーパーに寄り道しました。
来た事も無いスーパーだったからウロウロしてたんだけど、その時偶然にも万引きしてる人を目撃しました。
手提げバッグにお菓子を入れる瞬間を、もう1Mぐらいの距離で目撃したんです。
すぐに目線はその人の顔にいくわけですが、なんとその人は普通の女の人。

多分20代後半ぐらいだったと思う。
セミロングの髪にジーパンとTシャツっていうラフな格好。
完全に俺と目が合って、相手もかなりビックリしてたみたい。
なんていうかな、バサッ・・ササッ・・みたいな素早い動きをしてた。

ウブだった俺は「ヤバいもん見ちゃった」と焦り、慌ててその場を立ち去りました。
尿意も限界だった俺は店員に「トイレどこですか?」って聞いたんです。
「その奥を・・・」と説明されてた時、急に後ろから腕を掴まれました。
なんじゃ!とビクつきながら振り返ると、さっき万引きしてた女の人です。
後で分かったんですが、俺が店員にチクってると思ったみたい。

店員も怪訝な顔してたけど、俺はその女にグイグイ引っ張られていきました。
棚を曲がって店員から見えなくなった瞬間、女が振り返り「お願い!言わないで!」と言い出しました。
完全に勘違いされてるので「はぁ??」と思わず言った俺に、「お願い!ね?お願い!」と両腕を掴んできます。
「ちょっ!痛いし、言わないですよ。俺トイレ行きたいから」
「だめ!おねがいだから!ね?」
「マジでトイレ行きたいんですけど」
「トイレならそこの公園にもあるから」
「いや、だって店のトイレ借りればイイし」

こんな変な言い合いをしてたんで、やっぱり周りにいるお客さんの目に止まります。
それを気にした女は、「こっちだから、すぐそこだし」と俺を引っ張っていきました。
とりあえずトイレに行ければイイかと素直に付いて行くと、横の出口から出て店の裏にある公園に連れて行かれたんです。
「あそこトイレだから」
軽くダッシュ気味でトイレに入りました。
スッキリして出てくると、女がまだ出てすぐのとこに立ってます。
マジでフザけんなよ・・・と思いながら、俺はシカトしようとしたんです。
そしたらまた腕を掴まれて「お願いだから言わないで」とまた始まりました。

「言わないよ、もう俺帰るし」と何度も言っても信用してくれません。
しまいには「アタシ結婚してて、この事がバレたら離婚されちゃう」とか「よかったらお茶飲む?」とかわけのわからん状態になっていました。
必死に訴えてくるからちょっと怖かったけど、よく見て見れば悪く無い顔をした人妻です。
だから思わず「なんであんな事してんの?」と同情してしまいました。
自分でもよく分からないけど、手が勝手に動くとかストレスがとか言い出す人妻。
変な奴に捕まった・・・と思いながら帰るタイミングを見計らっていました。

会話が途切れた瞬間、「じゃ俺・・もう帰るんで・・」と横をすり抜けようとしたらまた腕を掴まれました。
「ね?こっちきて?お願い、こっちきて?」
腕を引っ張られて連れ込まれたのは、さっき入った男子便所です。
「ちょっと!何すんだよ!おい!」と言いながら抵抗する俺を、必死に引っ張りこもうとするんです。
マンガとかTVだとそうは思いませんが、実際にこんな事をされるとマジで怖いっすよ。
振りほどこうとしても相手も必死だし、腕がすげぇ~痛くもなるし。
入口には扉もない公衆便所ですから、その入り口でちょっとした小競り合い。

「ちょっとマジで落ち着いてよ、イイから落ち着いてよ」
「分かってる。分かってるから・・・ね?お願い」
「何が分かってるんだよ、マジでヤメてくれってば」
「まだ若いからスグ出るでしょ?」
「はぁ?何言ってんの?」
「何でもするから、だから・・ね?」

まぁ~こんな感じのやり取りをしてたわけですが、途中に言われた「何でもする」でピンときました。
これはAVみたいな状況なんじゃないかと。もしかしたらここでいきなり童貞を卒業しちゃうんじゃないかと。
そう思った瞬間、体の力が抜けました。んでそのまま人妻に1つしかない個室に連れて行かれました。
もうここからは完全にスローモーションのようで一瞬の出来事。

タグ

ブサイクでフェラ好きな人妻

出会い系で知り合った人妻の話。

当時良く使ってた出会い系で、27歳の人妻と仲良くなった。
自分の事を「全然可愛くない不細工」という。
マメにメールくれるしメールだけならイイ女って思ってた。
結婚3年目にして旦那は構ってくれないみたいで、2年ぐらいのセックスレスだったみたい。
ギャグでチンコ写メ送ったら喜んでくれてさぁ。
胸には自信あるの、と美巨乳の写メをくれた。

この投稿の続きを読む »

タグ

公園のトイレにいたフェラチオ女③

シゴかれた後またパクリと咥えられ、問答無用のフェラチオが始まりました。
以前の恐怖よりもその時は快楽の方が強かったんじゃないかな。
裏ビデオでも見てたから気持ち良い大人のする事なんだって安心感もあったし。
だから初めてフェラチオをじっくり体感できたんでしょうね。
口の中でうごめくのが舌だとは漠然と分かっていても、どんなふうに動いてるのかとかは分からんけど。
笑えるのは気が付いた時に俺は、洗面台に後ろ手を付いて腰を突き出してたんだよw
あまりの気持ち良さにちょっと横柄な態度の小学生って、マジで笑えるww

この投稿の続きを読む »

タグ

公園のトイレにいたフェラチオ女②

まだ毛も生えてない頃でしたが、俺は一応仮性包茎でした。
勃起したらちゃんと亀頭まで剥けてたんです。
学校の旅行でお風呂に入った時、みんながドリチンなのに俺だけ亀頭が少し見えてて恥ずかしい思いがありましたから。
逃げ出したくなる恐怖を感じつつ、下半身に今まで感じた事の無いモヤモヤが感じられました。
それが気持ち良さというより尿意に似てて、どうしようどうしようって。
お姉さんがチンコをしゃぶりまくってる姿を何度も見ては、俺はキョロキョロしてたと思う。

この投稿の続きを読む »

タグ

公園のトイレにいたフェラチオ女①

先月同窓会があって、小中と過ごした地域に行ってきた。
高校卒業して以来の訪問だったんだけど、懐かしくてブラついてると変わり様に驚くばかりだった。
思い出の公園にも行ってみたけど、今は跡形も無く住宅街となってたし。
その公園跡地に行って思い出した記憶を投下します。
ちょっと遠い記憶の為、曖昧な面はご了承ください。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ