デカチンを出会い系でアピールしてギャルGET@2P

初めて出会い系を使ったのは3年ぐらい前。
友達が食えたとか自慢してたので、じゃ~俺も!と気軽に始めたのがキッカケです。
やった事ある人なら分かると思うけど、実際はそんな簡単なもんじゃ~ないw
メール出しても業者とかサクラぐらいからしか返信無いしね。
でもコツがなんとなく分かり始めて、初めて21歳のギャルと出会う事ができた。
見た目はお世辞にも可愛いとはいえず、むしろ肉付きもよく・・・ってギャル。
「ゴメンナサイ!」って感じで食うには至らなかったけど、このギャルとの出会いが人生を変えたw

この投稿の続きを読む »

タグ

ブルートレインで出会った処女鉄子との初体験@4P

自分は子供の頃、大の鉄道ファンで、幼少期にはよく鉄道見学をしたり、プラレールやスーパーレールなどの玩具で遊んだり、鉄道関連の書籍を読んだり、写真を撮影したりしていた。

特に幼稚園時代には近くの大工場の引き込み線の踏切で貨物列車の入れ換えに狂喜していて、踏切警手のおじさんたちの名物にもなっていた。

そんな自分が小学校の頃、巷では「ブルートレインブーム」が巻き起こり、よく親にその最高峰とでも言うべき、牽引機関車の直流仕様EF65型・1000番台機がヘッドマークを輝かせる東京発九州行きのブルートレインに乗せてくれとせがんでいたが、中々叶わなかった。

それに懲りずに自分は必死で「乗せてくれ!!」と懇願し続けて、両親もその熱意に折れたのか、ようやくO.Kしてくれた。

その頃はブルートレインブームも下火になって久しく、自分は既に中学2年生になっていたが、長年の憧れだったトップクラスの寝台特急に乗って反対側の西日本に行ける時がきたのだ!

やったぜ♪

しかも、生まれて初めての長距離の一人旅である。

そのブルートレインは当時、東京から西鹿児島までの日本最長距離を走破する「はやぶさ」で、自分の行き先は遠戚のいる熊本。

1学期の終業式を終えた翌日、8年振りに飛行機に乗り、函館空港から羽田に向かって夕方、生まれて初めて東京駅で自分の目でそのブルートレインにお目にかかった。

自分はB寝台車の2段ベッドだ。

そして、お話はここからになる。

早速ホームで待機するそれらのブルートレイン(先発の「さくら」、自分の乗る「はやぶさ」、後発の「みずほ」)を写真に収めて自分の座席に戻ると、相方の乗客がいた。

大人びた感じの女性だ。

馴れ馴れしい自分はすかさず挨拶をして簡単に自己紹介をした。

「はじめまして!〇〇(名前)と言いま!北海道から来ました。よろしく!」

彼女も微笑んでハキハキとした口調で「わぁ、遠くから来たんですねぇ…。あたしは東京の〇〇美奈子です!こちらこそよろしく!北海道かぁ~…。行ってみたいなぁ~。」

聞いてみると、何と見かけによらず彼女は自分より1つ年上の中学3年生だと言う(ハッキリ言って、女子大生かOL さんかと思った)。

落ち着いた感じの仕草で、水泳をやってるらしく、背の高い体育会系のガッチリした体型でボーイッシュなショートのヘアスタイルだ。

自分「どこまで行くんですか?俺は熊本までです…。」

美奈子ちゃん「あら、これまた偶然ですねぇ。あたしも熊本までなんです。おひとりですか?」

自分「はい!美奈子さんもですの?」

美奈子ちゃん「ええ…。熊本からスタートして、鹿児島とか宮崎とか九州を半分くらい旅行する予定なんです。」

非常に嬉しいことに同じく旅行の好きな鉄道ファン(今でいう「鉄子」ってヤツか?=笑)で、彼女もブルートレインは今回が初めてだそうだ。

車窓から見える普段地元ではお目にかかれない直流電気機関車や電車などを見て感激する自分に「よっぽど嬉しいんだね。そっか、北海道ってディーゼル(機関車)なんだよね?」と問いかけた。

「はい、田舎なもんで電気機関車は交流のがせいぜい札幌の周りに走ってるくらいで、後はみんな気動車かディーゼル機関車なんですよ。」(この頃はまだ国鉄の分割民営化前で、青函トンネルも開通していなかった。)

「もう、敬語はいいよ(笑)ざっくばらんに話しなよ。」と自分をリラックスさせてくれた。

鉄道ネタの他、北海道や九州の話など道中色々と話は弾んで、食堂車でも一緒に食事をして、その際に自分は「端からみて、オレたちは何に見えるかなぁ?恋人同士だとか…。」なんて冗談半分に彼女に聞いたら「ただの友達でしょ。まさかカップルには見えないでしょ!!うちらまだ中学生だもん。」と笑って答えた。

中学生ながら、女寝台特急一人旅を敢行した彼女は冒険好きのサバサバした性格だ。

ベッドに戻り、ガタンゴトン揺られながらお互いに眠りに就く…。

翌朝、目を覚ますと、進行方向左側には朝焼けの瀬戸内海が広がる。

ぼーっと車窓から眺めてる俺に後ろから美奈子ちゃんは肩を軽く叩いて「おはよう!綺麗な日の出ね…。」と一緒に恍惚に浸る彼女に自分は「美奈子ちゃんも綺麗だよ(^-^)v」と囁くと「またまたぁ~…。」と軽く小突く。

下関駅で交直流両仕様のEF30型、そして関門トンネルをくぐって門司駅で交流仕様のED76型とそれぞれ電気機関車が交換されたが、彼女と一緒に機関車の前で短い停車時間ゆえのギリギリのタイミングで記念撮影もした。

途中自分たちはこの「はやぶさ」のヘッドマーク入りの乗車記念のスタンプを押した。

九州に上陸して、車窓の右側に広がる北九州の街並み…。

自分「おお、若戸大橋!!でけぇよなぁ~。」

美奈子ちゃん「そうよ!!若戸大橋。凄いロマンチックよね~…。」

この間にはほんのりと寝台特急の車内に青春のデュエット気分が漂った。

昼に熊本駅に到着して、「今日はとっても楽しかったよ♪いい思い出になりそうだよ。またいつの日か…。」とお互いにバイバイ。

タグ

友人嫁が映るハメ撮り動画@2P

やっと、本当にようやく解放された記念に書いてみます。
俺はそこらにいるごく一般的な男。
ファッションとかも普通だし、見た目も学力も平均的。
そんな俺でも大学生になった喜びで、少しだけハイテンションだった。
ちょどその時に仲良くなった男がいた。
長野出身でとにかくオシャレさん。
都内出身の俺以上に都内を知っていて、喋りも上手でいわゆるチャラ男。
よく見たら顔だって普通だし、身長も168cmと小柄。
なのに彼女だけではなくセフレまでいるヤツだった。
しかも常にセフレが3~4人いたから驚き。

この投稿の続きを読む »

タグ

結婚式直前に一夜限りの浮気2P

去年の11月、初めて相席居酒屋に行った。
女がタダ酒を飲めるシステムだから、行きたいなんて絶対思わない。
だけど先輩が常連で、1回イイ思いしちゃったもんだから始末に負えない。
同僚の誰か一人が毎週餌食になってた。
逃げ回ってたけど結局捕まり、付き合わされるハメに。
キャバクラに連れて行かれたと思って諦めた。
でもここで初めて先輩の本性を見た気がする。

この投稿の続きを読む »

タグ

友達の妹が性欲の塊でヤバ過ぎ@3P

LINE掲示板にてある女の子と仲良くなった。
ナンパ馴れしてない俺は文字だけの付き合いを3ヶ月もしてたw
最終的には相手の方が痺れを切らしたのか、話そうよと誘ってくれた。
その後2~3日に1回ペースで夜電話する仲に。
実は文字だけの関係の時に、かなりエロい話をしていた。
ここ半年ぐらい彼氏がいないという彼女は、酷い時はほぼ毎晩オナってるとか。
元カレが買ってくれたローターが壊れ、新しいのが欲しいとか。
ローターよりバイブの方が欲しいとか。
だから電話するようになったらもう勃起する話ばかり。

この投稿の続きを読む »

タグ

性病を疑われたけど結果セフレGET@2P

合コンで出会った子に一目惚れ。
その日から猛烈アピールした結果、付き合う事に成功した。
3回目のデートで一人暮らしの自宅にて初セックス。
真っ白で吸い付くようなモチ肌の体に激萌え。
Dカップ美乳も最高で、それはもう夢の様な時間だった。
相性が良かったのか、初っ端から彼女も悶え狂ってくれた。
顔も体も最高って事で大興奮だった俺は人生初の3ラウンドもw
終わった時には深夜3時を過ぎていて、二人してグッタリしちゃってた。
でも昼前に目を覚ましてからまたセックスし、22時頃帰るまでにまたしても3発射精したぐらいヤリまくった。
んでその日からもう会えば絶対2発は射精するほどヤリまくった。
俺25歳、彼女24歳だったけどね。

この投稿の続きを読む »

タグ

無愛想な女子大生を合コン後に持ち帰り@2P

先月の事なんだけど、初めてお持ち帰りに成功した。
人数合わせで呼ばれた合コンだったから、先輩をヨイショする仕事ばかり。
可愛い子が1人、普通が2人、そして無愛想が1人。
当然のように俺は無愛想の係になっていた。
ブサイクじゃないがとにかく愛想がない。
懸命に楽しませようと頑張ってるのに、シレ~っとした顔してやがる。
でも話しかければちゃんと会話にはなる。
だからあんまり表情を表に出すのが得意じゃないのかな、と割り切った。

この投稿の続きを読む »

タグ

性欲衰え知らずの完熟五十路人妻熟女@2P

酔った勢いではあるが、人生初の五十路とまぐわってきた。
想像していたよりも良かったので書いてみようと思う。
五十路でも綺麗な人は綺麗だからねぇ。
というわけで暇な方はお付き合い下さい。

この投稿の続きを読む »

タグ

玉の輿狙いの勘違い女を好き放題ヤリまくり

半年ほど前、初めて婚活パーティーなるモノに行ってみた。
アグレッシブな悪友がいまして、そいつが「超食える」と自慢してきたから。
じっくり話を聞くと、かなり引け目を感じる話だった。
「それはちょっとなぁ~」と渋る俺に悪友はこう言ってきた。
「所詮アイツ等も同じ穴のムジナだぞ」
そう言われればそうだなと妙に納得。
同じ穴のムジナだけを相手にすればイイ、そう思ったら罪悪感も消えた。

この投稿の続きを読む »

タグ

某体験に来たギャルとヤリまくり

あんまり詳しくは書けないんで【某体験】という事で。
ちょっと前の事、親戚のとこで某体験をするって話になった。
面倒な事よくヤルよなぁ~って思ったが、どうやら従兄弟の嫁探しっていう魂胆もあったらしく、あわよくば的なノリ。
んで何度かやってたらしいんだが、ある時その従兄弟が怪我しちゃってね。
若いのは従兄弟だけだからいなきゃ仕事が回せない。
困ったぞ!という事になり、迷う事なく俺に連絡が来たわけ。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ