借金返済で彼女へのクンニを解禁@3P

生まれも育ちもド田舎でさ。
娯楽なんてホント無くて、それはもう健全な青少年だった。
用事もなかったせいで、初めて東京に行ったのは受験の時よ。
それはもうビビりまくったよね。
まず人の多さに酔い、高いビルにも酔い、一人勝手にテンションMAXよw
それが良かったのか、想定外にも無理だと言われてた第一志望に合格。
そこなら金を出すと祖父母も約束してくれてたから、遠慮する事無く上京した。

とは言っても生活費のほとんどはバイトで稼げと言われてた。
だから毎晩のようにバイトして真面目に学生生活を満喫してたんだよね。
そんな俺を悪魔の館へと誘ったヤツがいた。
そいつは俺とは真逆で、生まれも育ちも東京という都会っ子。
妙に負けたくない気持ちが出ちゃうんだよね、そいつに対してはw
だから誘われるがまま行っちゃったわけ、パチンコ屋に。
そしたらもうハマっちゃってさw
こんなに楽しい遊びがあるのかよ!って狂っちゃったんだよね。

バイト先で初めての彼女もできてさ。
それなりに充実した生活してたのにさ。
パチンコにハマってからは生活がガラリと変わったよ。
パチンコだけじゃなくてスロットにもハマっちゃったしね。

サボれる授業の時はいつもパチンコ屋。
学校が終われば、いつもはバイト先へ向かっていたのに、いつの間にかパチ屋へ。
最悪な事に何気に勝っちゃってたんだよね。
多い時は1日で10万とか勝っちゃうし、2~3万なんて当たり前。
だからバイトなんてやってられなくなっちゃったんだよねぇ。
それでも彼女に言われてバイトは辞めずに、週1~2では働いてた。

ある時から妙に気が合うお爺ちゃんと親しくなってた。
初めは隣りに座ってて、多分なにか話したりしたのがキッカケだろうね。
でもそういう人って何人もいたから、正確には記憶してないんだ。

このお爺ちゃんがまた凄くてね。
勝ち負けにはこだわりがないのか、お金をジャブジャブ使ってるんだ。
だから聞いたんだよね、大丈夫なの?って。
そしたらいろいろ教えてくれた。
お爺ちゃんはもう79歳で、奥さんはもう既に天国に行っていると言ってた。
子供たちは独立していて、3人の孫もいるという。
財産も子供たちと別けたので、今は好き勝手に自分の財産を使っているとか。
毎日負けても10年以上は遊べるとか言ってたっけ。

そんなお爺ちゃんはやたらと俺に優しかった。
まぁその理由は後にわかったんだが、当時はマジで有り難い存在だった。
なんせドル箱くれるんだからw
俺が負けこんでると「これ使いな」とか言って山盛りのドル箱をくれるわけさ。
ゆうに2千発以上あって、等価交換の店だったら8千円以上はあったはず。
それをポンとくれるんだ。
後日会った時に返そうとすると、野暮な事はするなとかいうわけ。
それよりコーヒー奢ってくれとか言ってさ。

どうせお金持ちの爺さんだから・・・って思い、次第に甘えていくようになった。
でもさすがに気が引けるから、借りって事にしようと提案。
すると爺さんは「キリが良いとこで1箱5千円で良い」って言ってくれてさ。
それを借りたり返したりするようになったんだよね。

こんな甘えが続いた結果、とうとう20万に到達。
「最近調子悪そうだけど大丈夫?」
「今日終わったら飲みにでも行こうか」
誘われるがまま閉店後に駅前の居酒屋へ行った。
「言いたくない話だけどさ、随分たまっちゃってるじゃない?大丈夫?」
借りてるぐらいだから、余分にお金を持ってるわけがない。
バイト代だって雀の涙程度だし。
正直にそう答えると、しばらく唸って考え込んでいたお爺ちゃん。
まぁこれも芝居だったんだろうけどね。

「それじゃ~さ、俺のお願いと交換でどう?」
「交換?俺何も持ってないっすよ」
「持ってるじゃない、あんな美人な彼女を」
「え?彼女?いやいや・・・つーか彼女は無理っすよ!」
「誰も取って食おうなんて考えてないよ、ちょっとだけでイイんだ」
「いやいや!彼女抱かせるとか絶対無理ですってば!」
「抱かないよwだってもうピクリともしないんだからw」
「へ?そうなんすか?」
「そうだよw糖尿病のせいみたいでさ」
「じゃ~何を」

勃起もしない爺ちゃんが、彼女に何をするのか。
勃たないんだからフェラチオとかも無いよな。
挿れようにも入らないだろうし。
抱かないって言ってるから触るだけか?
お爺ちゃんの返事が返ってくるまで頭の中は大混乱。
しかもお爺ちゃんは悠々と熱燗をクピクピ飲みながらタメを作っていた。

「いや、あのさ、ほら、男が舐める、あれだ」
「男が?クンニの事っすか?」
「そうそう!それだ!どうじゃろ?」
「えっ?いやぁ~・・・舐めるだけって事ですか?」
「そうそう。もちろん君もその場にいても勿論結構だよ」

舐めるだけとはいえ、少しぐらいは指を挿れるかもしれない。
でもそれ以上の事はしないという。
それなら彼女も了解してくれそうな気がした。
それだけで20万の借金がチャラになるんだから。

その晩は「考えさせて下さい」と伝えておいた。
でも帰宅後すぐに彼女へ電話して事情を説明してみた。
当たり前だけど烈火の如くブチ切れてきたw
それを宥めて宥めて謝り続けて電話を切った。
実は俺には少なからず彼女が受け入れてくれるかもっていう期待はあった。

基本的に俺も彼女も童貞処女のカップルだった。
だからその当時もセックスはするけど、まだ彼女をイッた経験がなかった。
電マやローターを購入し、それを使って初めてイク彼女。
そういう類のオモチャを買いに行くのにも彼女は割りと積極的だった。
ぶっちゃけ真面目そうな大人しい見た目の女なんだけど、本当は根っからのドスケベで小1からオナニーしてたエロエロ女なんです。
付き合い始めて半年ほどした頃、酔った勢いで白状した「毎晩オナニーしてる」発言には、当時かなり驚いたもんね。
しかも小1からやっていて、小5の頃にはイク事も覚えていたという。
中学の頃は処女のくせにペンを挿入してみたりとエロ行為もエスカレート。
高校生になると携帯のバイブ機能でオナニーしまくってたという。

タグ

舐め犬に彼女のオマンコを提供@6P

元カノとの思い出なんだけどイイですか?
当時俺は27歳で、元カノは24歳のOLでした。
大学のサークルで唯一仲良くしていた女友達が「男運が無い可哀想な子がいる」と、引き合わせてもらったのが出会いのキッカケでした。
ちょうど彼氏にフラれて慰める飲みの席に呼ばれ、ほぼ一目惚れしてしまいました。
俺には絶対に縁の無い可愛い子でして、誰似ってわけじゃないけどとにかく可愛い。
別れた今ですら可愛さだけは認めているぐらいで、人生であんな可愛い子とは過去も未来も親密な関係にはならないだろうと思う。
まぁ~それぐらい可愛かったって事ですw

この投稿の続きを読む »

タグ

クンニ好きなお姉さん③

四つん這いが耐えられなくなりうつ伏せで寝るミーナさんを仰向けにした。
洋服もはだけ、白い肌と乳首がはみ出た胸が丸見えになっていた。
無性に興奮していた俺は、その乳首にむしゃぶりついた。
ミーナさんは俺の頭を抱き締めてきて、もぅヤバいよぉっ・・・と言ってた。
膣に指を入れて中をクリクリしながら乳首を舐めまくってやった。

まだイケそう?
もぅ我慢できないよぉ・・・

乳首舐めをヤメてミーナさんに上から訪ねると、そう言いながらキスをしてきた。
いきなり舌をベロベロと入れてくるキスで、しかもかなり積極的だった。
それに応えるかのように俺は入れたままの指を激しく動かしまくった。
そしたらなんと、ミーナさんの手が俺の股間を弄り始め、勃起したチンコを揉み解しだした。

なに勝手に触ってんのぉ~?
んもぉ~ダメ?触っちゃダメ?
触りたい?
うん・・・触りたい・・・

一気に俺は全裸になって、また抱き付いてキスをした。
ミーナさんも勃起したチンコをスグに握り出し、シコシコと動かしながら舌を絡めてきた。
もうお互い興奮しまくりで、ミーナさんはキスをしながらも喘ぐっていう状態だった。

アタシも・・・舐めてあげる・・・

そう言って体を下にさげていき、なんと洗ってもいないチンコをフェラ。
亀頭を舌でベロベロ舐め回し、裏スジも丁寧に舐め上げるフェラ。
実は俺、彼女と別れて1年近くヤッてなかったんです。
だから久し振りのフェラで息子もガッチガチ。

すごぉい大きい・・・
そう?
うんっ・・・言われるでしょ?
んまぁ~ね・・・でもそこまでデカくは無いと思うけど
大きいよぉ・・・
ねえ、シックスナインしようか?したいでしょ?
うん・・・

メールでも書いてあったけど、シックスナインがしたくて堪らんらしい。
やってみるとミーナさん凄過ぎでした。
チンコを激しくしゃぶり出すし、腰を落として俺の口にオマンコを押し付けてくるし。
しかも押し付けてきた状態で、勝手に腰を動かすもんだから苦しいし唇が痛いし。

んやっ!イクッ!またイッちゃう!イクっっ・・・・!
オマンコを唇に擦りつけながら絶頂。しかもチンコを咥えたままで。
俺の口の周りは汁でベチャベチャでした。
それを見たミーナさんは、ゴメンなさい・・・その汁を舐め出した。
アゴから唇を丁寧に舐められ、また舌を絡ませた。

ゴムをつけて正常位で入れ、ミーナさんは髪を振り乱しながら喘ぎまくってた。
彼氏にはできないの・・・という騎上位での激しい腰振りには感動すら覚えた。
あんがい巨乳だったので、巨乳がブルンブルン揺れている様子を見ながら乳首を引っ張ったりした。

最後はバックでガンガン突きまくってゴム射。
ミーナさんは声にならないほど喘いでて、結局入れてから3回もイッたらしい。

こんなにイッちゃったの初めて・・・
と終わってから虚ろな目で言ってた。
2人して我を忘れてセックスしちゃったせいで、気が付けば終電もない時間だった。
ミーナさんは慌てた感じで彼氏に電話をし、俺はその間に静かにシャワーを浴びた。
俺が出ると交代でミーナさんが入ったので、また後を追って風呂場へ。

いっしょに風呂に浸かりながら、キスしたり触りあったり。
そんな事してたらまた始まっちゃうわけで、縁に座らせてまたクンニしてあげた。
その後にフェラもしてくれて、湯船の中で座位みたいな感じでキスしたり。
そしたらメーナさんが腰を動かしてきて、オマンコにチンコをお擦りつけてきたりしてきた。
素股みたいな状態になり、入らないだろ~と思っているとニュルリと亀頭が入ってしまった。

入っちゃった・・・ってお互い見あいながら笑って、結局そのまま生で続行。
立ちバックが疲れたって言うから入れたまま歩いてベッドに移動。
今度は生だっただけに気持ち良さも倍増だった。
ミーナさんも生の方が気持ちイイって叫んでたし。
今度は激しくよりもゆっくり楽しむセックスをして、正常位中心に入れた。
お腹に出した時にはもう5時過ぎだったから、当然お互いヘロヘロ。

少し寝て朝慌ててホテルを出た。
俺とのエッチは遠慮しないで済むから凄かった・・・って歩きながら言われた。
ぶっちゃけ今でも2週間に1回ペースで会ってて、会えば1時間はクンニ地獄。
クンニされたいからとムダ毛処理も完璧で、最近じゃ自分で足を抱えてクンニをオネダリもしてくる。
すげぇ~綺麗な人なのにここまで変態なんだんなって思うと、結局朝までヤリまくってしまうんんです。
もう毎回ナマ出し、公園クンニや車クンニも経験済み。
チャットも侮れんですな。

終わり

タグ

クンニ好きなお姉さん②

ちょっと照れたようにトイレに行って、戻ってき時には生足だった。
ドアの窓からはちょうど死角になる場所に座らせて、俺は机の下に潜る感じになった。
浅く腰かけてもらって足を開き、片足を上げてもらった。
見てビックリ!生足どころかパンツさえも穿いて無い。

全部脱いできたの?
うん・・・汚れちゃうと思って

この投稿の続きを読む »

タグ

クンニ好きなお姉さん①

ちょっと前の話なんですけどイイですか?
あるチャットで知り合ったお姉さんの体験談です。

ここ1年ぐらい暇な夜はいつも顔を出しているチャットがありました。
オープンチャットで別にお金が掛るとかはありません。
夜になると10人以上が集まっているチャットです。
俺がいつも顔を出すのはアダルト系の所で、数人の女の子相手に下ネタを言って遊んでるんです。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ