インストラクターとプールで初体験@2P

少年だった昭和時代の思い出をここに告白させていただきます。

俺は幼稚園の頃から担任だったK子先生と親しく、その妹ヒロミちゃんとも当時から仲良しだった。
14歳で中学2年生の夏、1学期末試験を終えた俺はヒロミちゃんの誘いでファミレスに食事に行った。
ヒロミちゃんはK子先生同様に子供好きで、俺より15歳年上のスイミングインストラクターで独身(よって当時は29歳)。
小学校の頃にはラジコンカーやガンプラなどをプレゼントしてもらったこともあった。

全く太ってなくて、大柄なスポーツウーマン然とした体つきでそばかすのあるやや長めの顔に低い鼻で、パッチリとした二重目蓋の瞳。
そして前髪と下の先端がソバージュがかったロングヘアーのアクティブなお姉さんだ。
ヒロミちゃんは中学、高校、短大と競泳選手で、地区大会でも平泳ぎで優勝した経験もある。

しかし、その日ヒロミちゃんはひどく凹んでいた。
理由は結婚を前提に長らくお付き合いしていた彼氏と別れたからだ。
気丈な彼女は、弱っている自分を他人に見せたことは一度も無かった。
時折声をつまらせて、半ベソをかきながらうなだれる彼女を少しでも楽しませようと俺は悩みながらも色々話題を振って慰めた。

「大の大人が失恋くらいでメソメソしちゃカッコ悪いよ!きっと素敵な人が必ず現れるから泣かないでねヒロミちゃん!」と励ました。

彼女もうつむき加減にクスッと笑って少し我に帰ったようだ。
そんなヒロミちゃんを見て、いくら気の強い彼女もやっぱり女なんだなぁとつくづく思い、かわいらしさを感じた。
同時に中学生ながら大人の女性を勇気づけれたことに俺は少し自信が持てたような気がした。

ファミレスを出てからヒロミちゃんの車の中で引き続き話しに花を咲かせているうちに、恋の話からだんだんエッチな方になって行く・・・。
話しているうちに、ある思い出話になった。
「ヒロミちゃん、あの時俺のチンポ見たし触ったよね!?」と興奮しながら聞いた。
と言うのは、幼稚園時代のある日、K子先生宅に遊びに行った時にウンコを漏らししてしまい、大泣き!!
直ぐに先生とヒロミちゃんで処理してくれて、ヒロミちゃんも幼い象さんのお鼻のような俺の皮被りで先細ったチンポを、やりきれない顔をしながらシャワーできっちりと洗い流してくれた。

この思い出話に彼女は恥ずかしがりながら大爆笑!!
そしてヒロミちゃんに「タカシ君(俺のこと)のおちんぽこ、皮剥けた?」と聞かれて、俺は「うん!!」と自信満々に答えた・・・。
だんだんムラムラとしてきた俺は我慢できず、必死に筆下ろしをお願いした。

「ヒロミちゃん!!一生のお願い!!」
「俺の初めての女になって!!」

ちょうど信号待ちの際で、ヒロミちゃんは一瞬俺の方を見て目が点になり、ストップモーション状態で凝り固まって沈黙。
「・・・・・・。こらこら、大人をからかわないの!!」と苦笑いした。
俺もごろにゃんとした仕草でエロい話も交えながらお願いし続ける・・・。
何と言っていたかは覚えてないけど。
ヒロミちゃんも彼氏と別れたストレスか、したくてたまらなかったのかなぁ、簡単に折れてくれた!!
言ってみるものだなV(^-^)Vイエーイ♪
至福の俺に、「しょーがないねぇ・・・。ホントにここだけの話だよ!!特別だからね!!」と釘を刺す。

時刻は既に夜更けの23時過ぎだった。
場所に選んだのは何とヒロミちゃんの勤めるスイミングスクール!!
閉館後だったので誰もいないことを確認してから、こっそり鍵を開けて事務所からプールへ・・・。
俺の鼓動はドキドキでチンポはビンビン!!ここへ来てヒロミちゃんは、「安全日だから気にしないでね!!」と、いつの間にかやる気満々になっていた。

生暖かいプールサイドで俺たちは「一斉のせい!!」で全裸になった。
息を荒める俺の目の前に広がるヒロミちゃんの裸体!!
彼女はスイマーらしくて肩幅が広く、分厚い貫禄たっぷりの上半身。
やや筋肉質で、特に上腕と太ももは肉付きが良くて、鍛え抜かれて引き締まったムッチリとスリムが上手く両立されて均整の取れた逆三角形の見事なガッチリとした水泳体型。
スイマーにしては大きすぎるくらいの成熟した推定Eカップのマシュマロ型のおっぱいに大きくも小さくもなくツンと突出している薄茶色の乳首。
秘部には濃すぎる野性的な剛毛が黒々と卑猥に生い茂っている。
お尻も大きいせいか美しい腰のくびれたダイナマイトボディだ(聞いたところ、166センチの身長でスリーサイズはB90.w60.H89とのこと)!!

また、彼女の健康的で溌剌とした女性ながらの出べそもすごく魅力的だった。
ピチピチと脂の乗っている肌もイキイキとした若い女体がさらけ出されている。
俺は緊張しながら、おっぱいとお尻と剛毛まんこをさっそく触らせてもらった・・・。
「女の身体なんだから優しくね・・・」と注意をうながすヒロミちゃん。
ババロアのように柔らかいおっぱいと金属タワシみたいなジョリジョリしたまんこの毛。
そして肉厚感のあるお尻。
俺の肉棒は一層は硬くなる。

それからプールに飛び込んで2人っきりの貸し切りでアダムとイブ気分!!
生まれたままの姿で、水しぶきを上げながら無邪気に戯れる中学生の少年と三十路一歩手前の大人の女性!!
水に濡れてツヤツヤした彼女の肌と剛毛な陰毛から滴り落ちる水滴は更に俺の股間を熱くさせてくれる。
ヒロミちゃんはなまめかしくキャーキャーはしゃぎながら、「あんなにかわいいおちんぽこだったのにこんなに剥けきっちゃって~、もう、おちんぽこなんかじゃなくて立派なチンポね!!大人顔負けの一人前のチンポだよ~!!ジャングルもお尻の中まで広がってるし~!!」
とフル勃起状態の血管が隆々とした長大な巨根を指差して先程の思い出話を振り返る。

タグ

ヤンキー上がりのキャリアウーマン園子次長との変態セックス@2P

俺が31歳当時に働いていたガソリンスタンドに黒塗りのY33型セドリックでしばしば来店するキリリとした容姿&服装の女性客がいた。

その名は石関園子さん(仮名)で、なんとなく演歌歌手の坂本冬美と元アナウンサーの畑恵を足して2で割ったような(?)顔立ちである。

男顔負けの威厳を放つスラリとした大人っぽい女性で、俺もしばしば高額洗車やオイル交換などを担当した事もある。

そんな彼女は意外と近所にお住まいのようで、いきつけのスーパーや図書館などでばったりお会いする事があった。

私生活ではノーメークで、ジーンズに白いスニーカーの服装がとてもカジュアルに似合っている。

食材のたくさん入った買い物袋を下げて歩く姿もまた家庭的に映る。

ある日仕事中、無言で彼女の名刺を渡され、裏には手書きで何と彼女の携帯番号とメッセージが記入されていた。

「○○さん(俺の名前フルネーム=多分名札を見て知ってるんだろうな)、今週末金曜日の夜に××でお食事しましょう」と…。

上司に見つからないように休憩時間に僕の財布にこっそりと仕舞い込む。

この投稿の続きを読む »

タグ

中学時代の初体験は年の差セックスだった@2P

俺は幼稚園の頃から担任だったK子先生と親しく、その妹ヒロミちゃんとも当時から仲良しだった。

昭和58年、中2の夏、1学期末試験を終えた俺はヒロミちゃんの誘いでファミレスに食事に行った。
彼女はK子先生同様に子供好きで、俺より15歳も年上のスイミングインストラクターで独身(よって当時は29歳)。
太ってなくて、やや大柄なスポーツウーマンらしい体つきでそばかすのある長めの顔に低い鼻。
パッチリとした二重目蓋の瞳。前髪と下の先端がソバージュがかったロングヘアー。
彼女は中学、高校、短大と競泳選手で、地区大会でも平泳ぎで優勝した経験もある。
しかし、その日ヒロミちゃんはひどく凹んでいた。

この投稿の続きを読む »

タグ

母親の友達が酔って誘惑してきた結果@2P

昔の事だからマジにならずに読んでねw
俺が小2の時、両親が離婚した。
当時の俺には「離婚」の意味が分からなかった。
両親が砕いて説明してくれなかったからね。
ただ「お父さんとあんまり会えなくなるんだよ」とか言われただけ。

この投稿の続きを読む »

タグ

初体験の筆おろし請負人の超淫乱アラサー@3P

高校時代の仲間内では超有名な淫乱女がいた。
そもそもの出会いはバイト先の先輩。
俺がまだ17歳で高校二年生だった頃のバイト先。
AV女優の「森ななこ」に似てたから名前はナナコとしておく。
スタイルもムチムチ系の色白巨乳。
バイト先では面倒見の良いお姉さん的存在。
俺も慣れるまでよくフォローしてもらってた。
だけど8月の終わりのある日に、ナナコさんの本性が発覚した。

この投稿の続きを読む »

タグ

10代の頃に変態調教してた子と11年ぶりに再会した結果@2P

特にモテ男でもなかった俺だが、10代の頃セフレがいた。
何でも言う事を聞いてくれる超絶に都合の良いセフレ。
年齢は1つ上だったが、ロリ系だったので外見は年下みたいだった。
148cmでEカップのカラダは10代の俺にはご馳走に見えた。
ただし体だけは・・・・って感じで、惚れる事だけは全く無かった。
簡潔に言っちゃえばブサイクちゃんだったわけ。
性格も良くてイイ子だったんだけどねぇ~。

この投稿の続きを読む »

タグ

友達の彼女と濃厚なベロチュー@4P

内定も決まってバイト三昧だった10月。
同じような立場の学校の友達から夕飯の誘いが来た。
多い時は週に5日とか会ってたから、まぁその日も特別な意味もない。
連絡入れて友達4人でメシを食いに行き、ついでに軽く飲んで22時頃帰ろうとした。
駅へ向かって歩いてると、友だちの中の一人「萩野」ってのが電話をしてた。
とある友達にゲームを返せとか言われてたっぽい。
「分かったよ、今から持って行くよ、分かったって」
ちょいキレ気味な萩野は電話を切り、俺に付き合ってくれと頼んできた。

この投稿の続きを読む »

タグ

何でもしてくれた年上のお姉さん@6P

16歳の時バイトをし始め、そこで22歳のフリーター里奈さんと出会った。
中学卒業してスグだった俺には、緊張してしまう年上のお姉さん的な存在だった。
なのに里奈さんは俺の事を「可愛いぃ~~~」と嬉しそうに可愛がってくれた。
周りにバイト仲間がいる状態でも、可愛いって言いながら後ろから抱き付いてきたり。
休憩してる時も目の前とかに座って、やたらと俺を質問攻めにしてきたり。
誰がどう見ても俺の事が大好きという感じだった。
でもそれは年の離れた弟みたいなニュアンスなんだろうな、と俺は思ってた。
多分まわりのバイト仲間もそうだったと思う。

この投稿の続きを読む »

タグ

失恋旅行中の子と過ごした3日間@5P

去年の9月、23歳から勤めてた会社にリストラされた。
超円高で数年前から会社が傾いてたので、いよいよかと覚悟はしてた。
もう頃合いなのかなって思いもあったから、地元で就活でもと思い始めてた。
そこで情報収集と少しの観光を目的として帰省することにした。

この投稿の続きを読む »

タグ

初エッチはスナックのお姉さん@5P

随分と昔の話なので、会話に関してはちょっと着色します。
いくらなんでもハッキリと一語一句記憶はしてないもので。
こんな感じだったんだなと思って読んで下されば幸いです。

親父が3才のマルチーズを連れてきたのは、小4の秋頃だった。
夜帰ってきた時いきなり連れてきて、「もらってきたぞ」としか聞いて無かった。
知り合いが借金で一戸建てを出る事になり、飼えなくなったってのが実のところ。
共働き&弟妹が幼かった関係で、学校後に散歩に行くのが俺の仕事になった。
しつけられてたせいか、言う事は聞くし吠えないしで、本当に可愛かった。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ