タクシー待ちの酔っ払い女③

2時間以上が経過した頃、トイレから戻ると彼女がソファーに寝てた。
また寝たふりでもしてるのかなと思ったが、どうやらマジで寝てたみたい。
おいっ!と小突いてみたが、「うんんんっ・・・・」と唸るだけ。
マジで寝ちゃいますか・・・と思いながら、これからの事を考え酒を飲みつつ一服。
やっぱり頭をよぎったのは、カラオケから少し離れたとこにあるラブホ。
小柄だしおんぶしたら余裕で運べそうだし・・・でも強姦とかになったら嫌だしな・・・と。
悩んだ結果、人生を棒に振りたくも無いので起こす事にした。

とりあえず勘定は先に済ませ、連れが酔って寝ちゃってるからと説明。
部屋に戻って彼女を強引に起こすと、寝惚けながらもフラフラと立ち上がってくれた。
バッグを持ち肩を貸しながら店を出たが、駅前にはタクシーすらない状態。
「家は駅から近いの?」「送るからちょっと教えて?」俺の問い掛けに「ふぁ~ぃ・・・」としか言わない。
疲れたので花壇に座らせようとしると倒れちゃうし、さすがに困った。
「じゃそこのホテル行くけどイイ?」「はぁ~い」「じゃおんぶするから乗って?」「はぁ~~い」
巨乳を背中に感じつつ、彼女をおんぶしながら200Mぐらい歩いた。
さすがに汗をかくほど疲れたが、巨乳のお陰でなんとかホテルに到着。
フロントで怪しまれたが、酔っ払って寝ちゃって・・・ね?返事は?「はぁ~い・・・」みたいな事をして通過。

部屋に入るととりあえずベッドに寝かせてみた。
無防備に横になってる彼女は、スカートが捲れ上がっててパンツがチラリ。
今日はピンクのパンツなのかぁ~ムフフ・・・なんて思いつつも、お風呂にお湯を入れて一服。
こうなったらいっちゃえ!という勇気が、生々しい足を見てて湧いてきた。
いきなり襲い掛かるのも怖いので、服を脱がせてお風呂に入ろう。
そう思ったのでお湯が溜まってから、彼女の服を脱がせる事にしてみた。
俺はトランクス1枚になり、いろいろと声を掛けながら彼女の服を脱がせていった。
シャツはボタンを外せば良いし、スカートも簡単に脱がせられた。
上下お揃いのピンクで統一した下着を見て、思わず生唾もん。
だって巨乳だとは思ってたけど、過去に付き合ってきた元カノなんて比較にならないほど大きい。
これは確実にD以上あるなと思い、それだけでギンギンに勃起してた。

ホックを外して生乳を拝んだ。
ぶるぅ~んと弾むようにして出てきた巨乳は、薄ピンクの乳輪と少し長め?の乳首。
思わず揉みまくりたい気持ちを抑え、パンツを脱がせてみた。
彼女も腰を浮かせてくれたおかげで、すんなり脱がせる事に成功。
あれ?と思うほど薄い陰毛で、軽く足を開いてたせいかビラビラが若干見えてる。
マジ?と覗き込んでみると、ほぼ無毛地帯でした。
だからまだ閉じられてたけどオマンコが丸見えw

じゃ~お風呂入るよ~と声をかけつつ、肩を貸してお風呂へ連れて行った。
体を洗って・・・なんて余裕も無いので、そのまま湯船に入れる事に。
後ろから抱える様にして入り座らせてみると、後ろから俺が抱き締めるような姿勢になった。
「ふぅぅ~~~」と溜息をついた彼女は、後ろの俺にもたれ掛る様にしてきた。
もしかしてこの状況を理解しているのか、分かってて酔った振りをしているのか、そう思い始めました。
完全に勃起したチンコが背中に当たってるし・・・分かってたらそれも当然理解してるはず。
背中から覗き込むと、巨乳がチャプチャプ揺れてます。
もう我慢の限界でした。

思わず後ろから乳首をクリクリとイジってみました。
その瞬間「はぅっ・・・!」と声がしたんで、ビックリして手を引っ込めちゃいましたがw
でもその後何もないから、また乳首をクリクリしてみたんです。
そしたら彼女、「んうぅぅっんっ・・・」と吐息交じりの声。
これは寝ながらも感じちゃってる声?と思い、両方の乳首をクリクリしてみました。
次第に彼女の声が「んあぁぅんっ」とか完全に喘ぎ声っぽくなってきました。
だからもう思いっ切り巨乳を揉んでみました。

大きくて柔らかいんだけどハリのある巨乳。
こんな巨乳初めて揉んだよぉ~と改めて感動しました。
彼女も「んっ・・・」とか「あぅっんっ・・・」とか声出てたし。
十分巨乳を堪能した俺は、下半身に手を伸ばしてみた。
足を伸ばして座ってたから、上からアソコを触ってみた。
足が細いから閉じても手が入る隙間があるんだよね。
触ってみるとまだオマンコが閉じられた状態だったから、そのままクリトリスを優しくクルクルと触ってみた。
そしたら彼女が「んあぁっぅんっ」とさっきよりも大きな声を出したので、またしてもビックリしてしまったw

ホント起きてんじゃねーのか?と思いつつ、また触ってみた。
何度かクリトリス中心に触ってみたけど、割れ目に沿って触ってみてある感触に気が付いた。
ニュルリとした感触・・・そう!彼女思いっ切り濡れてたんですw
指が閉じられたオマンコを開いたからなのか、ニュルニュルした感触が全体に広がった。
これは濡れ過ぎなんじゃ・・・そう思いながらもクリや尿道付近を撫で回しまくり。
もしかしたらクンニするかもしれないからと思い、軽く指も入れてみた。
彼女は声は出さないけど「んっ」とか「ふぅっ」とかいう声は出してた。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ