入れてるだけでイク女②

ジタバタしつつも本気で押し退けようとはしてなかったので、力を緩めてリナの顔を間近で見ました。
「もぉ~」と少し困ったような表情をしていましたが、その表情がなんとも堪りません。
マゾな女の子が好きなんだけど困っているような表情みたいで。
「軽くチューしてくれたら離してあげるけど?」
「えぇぇ~~じゃぁぁ・・・ちゅっ」
「ん??なに?今のは。唇に触れてないでしょ?」
「触れましたぁ~早くどいてよw」
「今のはダメ、早くチューしてみ」
「もぉ~・・・・ちゅっ」

唇が触れた瞬間、そのまま強く唇を押し付けました。
「んんっ・・・」と軽くリナは唸りましたが、舌を入れると簡単に舌を絡ませてきました。
そのまま何も言わずリナと舌を絡ませあい、リナの舌が俺の口に入ってくるようにもなってきました。
舌を吸いしゃぶってやると、「んぁはぅんっ・・・」とやらしい吐息を洩らしながら舌を突き出しています。
耳を触りつつ舌をしゃぶっていると、今度は俺の舌をしゃぶりだしました。
鼻から「ふぅんっぅんっ・・」と抜ける吐息がエロ過ぎて、俺は豊満な胸を揉みだしました。

「だめっんっ・・はぁうっ・・・やっ・・・」
軽く仰け反りつつも舌をしゃぶり、俺の背中に手を回して抱き付き始めました。
見た目通り豊満な胸は手の平じゃ収まらないほどのボリュームです。
プニュッとしていますが柔らかすぎるわけではなく、少し張りのある感触でした。
強引に少し力を入れ揉むと、身体をプルプル震わせながら抱き付いてきます。
左手でシャツのボタンを外しつつ揉み、3つ外した瞬間に手を滑り込ませました。

「ちょっ・・・だめっ・・」
ブラの上から今度は触ると、抱き付いていた手を緩めてきました。
離れようとしたのか揉みやすくしてくれたのか・・・
キスをしながら徐々に揉み方を持ち上げる揉み方から鷲掴みする揉み方に変えていきました。
もう抵抗も無く必死に俺の舌に舌をリナは絡ませまくっていました。
ここで店員なんて来るなよ・・・と思いつつ、ブラの中に手をサッと入れました。

ビクンっと反応したリナは、「はぁぅぅんっ・・・だめってばぁ・・・」と力無く呟きました。
乳首は完全に勃起していて、手の平の中でコリコリに硬くなっています。
全体を揉みつつ乳首を親指で弾きました。
「あぅんっ・・」とその都度反応するリナ。
何度も揉んで弾いてを繰り返し、今度は乳首を摘まんでみました。
「んやっ・・・あぁっ・・・だめっんっ・・・・ああぁぁぅっ・・むっんっ・・・!」
乳首をコリコリするともう恥ずかしげも無く反応し、俺の舌にしゃぶりついてきました。

タイトスカートの足の間に太ももを割りこませ、ゆっくり上の方にズラしながら乳首を愛撫していきました。
ゆっくり太ももをズラしていったんですが、タイトスカートが邪魔です。
もう少しでアソコに太ももが・・・となった時点で、上に上がらなくなりました。
どうしようかなと思っているとリナがケツを上げたので、クイッと太ももが上がって行きました。
そしてアソコに太ももが密着すると、「んぅぅっ・・・」と腰を押し付けてきたんです。
いきなりズリズリズリッ!と激しく太ももを擦りつけると、リナは自ら腰を浮かせて押し付けてきました。

スグに太ももの密着をヤメ、乳首を攻撃しながらリナの顔を見ました。
「どうしてやめるのぉ・・・もぉぉ・・・・w」
「もっとし欲しいの?エロい顔してんなぁw」
「もぉ~バカァ・・・」
腰をクネクネと動かして自ら太ももに押し付けようとするのを、わざと距離を保ってさせませんでした。
「ちょっとぉ~~w」
「我慢できない?」
「我慢できないw」

太ももを密着させると、腰をグネグネと動かしながら押し付けてきました。
残りのシャツのボタンを2つ外して、ガバッと前を開けてやりました。
「んやっ・・・恥ずかしい・・・」
睨むような目で俺を見てきましたが、その目には喜びが滲んでいました。
リナの顔を見つつブラの上から両方のオッパイを揉みまくりました。
俺に見られながら揉まれるのが興奮するらしく、リナも俺の目をジッと見つめたまま腰を動かしまくりです。

何も言わず舌を突き出してみると、「んっ・・」と一瞬困った表情になりつつしゃぶりついてきました。
舌をしゃぶらせながらブラをズラし、両方の乳首を露出させました。
ホントに綺麗な薄いピンクの乳輪とコリコリに勃起した乳首を見て、俺はムシャブリついてしまいました。
リナは俺の頭を抱き締めながら、勝手に腰をグリグリと動かし太ももに押し付けています。
軽く乳首を噛んだ瞬間、「あぁひっ・・・」と変な声が聞こえました。
とその瞬間、腰がビクビクッと軽く痙攣したんです。
あれ?っと思いつつも太ももを押し付け、強引にズリズリと動かしました。
痙攣は数秒続き、収まった瞬間リナはグタッと横になりました。

「なに?もしかしてイッたの?俺の太ももでw」
「イッてないもんw」
「イッたろ?乳首の甘噛みと太ももでw」
「イッてないもんっ!!w」

見上げるリナの表情は艶っぽくやらしさを隠す事も無いぐらいエロい顔でした。
太ももでイッたらしく、さっき以上に妖艶な顔です。
優しくキスをすると、抱き付いてきて舌を絡ませてきました。
太ももを抜いて手を差し込むと、パンストの上からも分かるぐらい濡れています。
「これ・・・洩らした?」
「分かんないw」
「ビッチョビチョになってますけど?」
「知ってるw 凄い冷たいもんww」
「店員さん呼んで、お漏らししちゃったからタオル持ってきて?って言う?w」
「絶対ダメ!恥ずかしいからヤメてw」

キスをしながら笑いあい、何度もキスをしたりギュッと抱き付いたりを繰り返していました。
「昨日忘れ物しちゃったんだけど、これから取りに行ってもイイ?」
「イイケド・・・どこ?」
「この近く。リナちゃんと飲みに行くから、事前に予行練習してたんだよw」
「あっそ~ですかw じゃいく?」
ちょうど0時頃だったので店を出て、今度は手を繋いでホテルへと歩きました。

「ここ?ココってホテルじゃない?」
「ホテルなんだけどカラオケもあるんだよ、知らないの?」
「知ってるけどw」
「そのカラオケに忘れたのw」
分かりやすいウソをついてあげて、そのまま部屋に入りました。
「そうそう!この部屋だ!」とオチャラケながら入った部屋は、11階の綺麗な部屋でした。
「ホントにぃ~?w」と分かりつつも一緒に入ってきたリナを、入った瞬間にキスしました。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ