寝ている隣でセックスされた①

誰にも言えなくて悶々としてるので投下してみます。
先週末、5人で呑みに行きました。
先輩と先輩が連れてきた女、友人とその彼女、そして俺っていうメンツ。
ホントは友人と彼女と3人で呑むはずだったんだけど、いきなり先輩から連絡があって合流する事になった。

先輩:大学の同じ部活で1つ年上。
先輩が連れてきた子:どっかの短大2年、俺らの1つ下でギャル系。
友人:同じ部活の同級生
友人の彼女:違う大学で同級生。長澤まさみ似の美人。

居酒屋で呑んでカラオケ行って、来いよ!って言われて先輩宅へ。
この先輩は実家が金持ちで、アホな大学生のくせに渋谷区で2LDKに住んでる。
いろんな酒があって、俺と友人はかなり飲まされ始めた。
2時間ぐらいで友人が潰れて、トイレに入り浸りするようになった。
彼女が心配して介抱しに行くと、先輩はギャル系の子に『お前がみてやれ』って命令してた。

ギャル系の子もフラフラしてたんだけど、素直にトイレに行って介抱してたみたい。
お客なんだから気を使わないでと先輩が言って、俺と友人の彼女に酒を注ぐ。
彼女だって強い方じゃないからかなり酔っ払ってきてて、顔なんて真っ赤になってた。
そこにギャル系に肩を担がれて友人が出てきて、そのまま隣の部屋に寝かせる事になった。

しばらくして俺も眠気に勝てず、そのまま横になって寝てたみたい。
ふと気が付くと先輩と友人の彼女が喋ってて、ギャル系の子も隣で爆睡中。
そこでまた意識が飛んで、次に気が付いた時はマジで焦った。

『大丈夫だって』『いやっ・・・やめてよ』『みんな寝てるから』『そういう問題じゃないでしょ』
何やら小声で言い争ってるから、目を開けてみると薄暗い部屋の中、先輩が友人の彼女を抱きしめてた。
マジかよ!と思ったけど、どうして良いのか分からず・・・しばし傍観してみる事にした。
『だってアイツ知らねぇーんだろ?』『言わないでって言ったじゃん!』『言わないから・・・なっ?』『だめよっ』
話が全く読めないんだけど、友人には秘密の何かがあるっぽい事は分かった。

時々彼女の方が俺の方をチラチラ見るから、俺は薄目を開けて観察。
そしたら先輩が彼女の胸に手を掛けて、片方の手で頭を引き寄せてキスをし始めた。
これはマズイ!と思ったがどうして良いのか全く分からない状態。
2人の関係が何となく変だったし、もしかしたら肉体関係もあるんじゃないかって思えてたし。

キスをし始めたら彼女も観念したのか、普通に舌を絡め始めてた。
しかも胸をガシガシ揉まれてるし、その腕を握ってはいるが抵抗してる素振りも無し。
本格的に激しくキスが始まって、ピチャピチャ音が鳴ってた。
先輩が攻めに攻めてるせいで、先輩の後ろ姿しか見えなくなってた。
でもこれが嬉しい誤算。
彼女はミニスカート穿いてたんだけど、スカートの中に手を突っ込まれて触られ始めると、俺の方に向かって足を広げてくれてた。
ピンク色のパンツが丸見えで、しかも先輩がパンツの中にまで手を入れてる。

『うんっ・・・』って時々声が聞こえるけど、あとはクチョクチョとかピチャピチャって音ばかり。
先輩がアソコを触り始めてからは、彼女は積極的になってたと思う。
脚はM字にしてるし、少し腰を浮かせてるぽかった。
しかもアソコからも音が鳴ってたし。

つづく

新しいサイトを作りました!
恋愛相談データベース
勝手に管理人が雑ってるだけですが、気軽にコメントして下さい。真面目な意見もお待ちしています。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ