外国人とのルームシェア②

女の子と生活するなんて経験がありませんでしたが、割と楽しい毎日でした。
大学も休みだったので、頻繁に3人で出掛けたりもしてましたし。
いつも行っていた居酒屋もパスタ屋もカフェも、彼女達と行くと特別扱いでしたしね。
日本人て外国人に弱いんですよねぇ。

楽しい毎日だったのですが、忘れもしない10日目の昼、彼女達は喧嘩をしました。
原因はアホらしいですが、欲しい洋服が同じだった件です。
自分が着たいからアナタは買うな!
そんな原因で、外出先から喧嘩は始まりました。
喧嘩は帰ってからも続きました。

仕方なく宅配ピザをとって、二人は時間差で食べていました。
僕はちょっと困惑してしまって、リビングでお酒を飲んでました。
そこにカーラがやってきました。
同居人の部屋を二人で使っていましたから、喧嘩しているので当然です。

僕は喧嘩をヤメるよう説得しました。
でもカーラは聞く耳を持たず、ただお酒を飲むだけ。
ガブガブ呑むもんだから、1時間ぐらいで酔っ払っちゃいました。
仕方ないのでカーラを僕のベッドへ連れて行き、寝かせました。

ノートPCをリビングに持って来て、酒を飲みながらネットをやっていると、そこにオデットがやってきました。
彼女の言い分もそこで聞き、オデットもお酒をガブ飲み。
もともとあまり強いわけでもないらしく、スグに酔っ払っちゃいました。
もう外国人の酔っ払いはタチが悪い。
何言ってるのか分からないし、怒りが表情に出まくりで声もデカい。
同居人の部屋に戻って寝てくれて一安心でした。

オデットは仲直りを約束してくれました。
ちょっとホッとして僕はお風呂に入りました。
お風呂から出てコッソリ部屋を覗くと、カーラは静かに寝ています。
そのままコッソリ入って、僕は着替えをしました。

「What are you doing?」

「Sorry.I was dressed.」

「I see.Where to sleep?」

「I sleep in the living room. Never mind.」

「No way. Stay in bed.」

「I do not sleep together.」

「Do not worry, I will be OK. Or lie down in my living room?」

「I go on living.」

しばらくこんな会話が続きました。
英語が得意じゃないんで、こんな感じだったという事で勘弁して下さい。

でも僕がベッドで寝ないなら、カーラがリビングに行くと言い張るんです。
仕方なく、僕はカーラと一緒に寝る事になりました。

女の子と一緒のベッドなんて久し振りでしたから、やっぱり布団に入っただけでフル勃起。
それを隠すために、カーラの逆を向いて寝ました。
心臓はバクバクでしたし。
興奮を隠すために、仲直りするよう説得しました。
オデットも明日に仲直りするって言ってるしと説明しながら。

説得の甲斐あって、カーラも仲直りすると言ってきました。

「Yeah. Thanks.」

いきなりそう言うと、僕の背中に抱き付いてきたんです。
ノーブラですし、柔らかいオッパイがプニュっと当たります。
せっかく説得しながら勃起もおさまったのに、また速攻でフル勃起でした。

「ok…ok…」

もうそれしか言えません。
するといきなりカーラが、完全に勃起した息子を握りしめてきたんです。

「Oh? It’s a great thing? It’s very hard.」

クスクス笑いながら、息子を握ってムギュムギュしてきたんです。

「Do not do that anymore.」

この英語すら正しいのか分かりませんが、言いながら手を握りました。
すると突然僕の上に追い被さってきました。
騎乗位のスタイルになって、僕を上から見つめてきたんです。
ニコニコしながら見つめてきたのですが、そのまま無言でキスしてきました。

僕は夢中でカーラの舌を吸いました。
カーラも僕の頭をグシャグシャやりながら、ディープキスしてきます。
外国人とキスなんて初体験でしたけど、淫乱な日本人とそう変わりませんでした。
隣にオデットが寝ているので、声を押し殺しながらのキス。
お互いに激しく抱き合いながら、しばらくの間キスをしていました。

そしてカーラは首筋や耳を舐め始めました。
舐めながら息子を握ったままで。
ちょっと力が強い感じで、亀頭をグイグイ握ってきます。
布団の中に潜り込んだかと思うと、力強くスエットを脱がされました。

日本人とは違い、いきなり激しく鬼頭にしゃぶりついてきました。
明らかに羞恥心がないというか、性欲に素直というか。
バキュームが初めっからMAXで、シゴきもMAX
久し振りだったんで、それだけでイッちゃいそうになりました。
英語で何と言ったら良いのか分からず、Finishを連発しちゃいました。
連呼しながら口から抜こうとするのですが、モゴモゴ言ったまま吸い付いてきます。

起き上がって腰を引こうとしてもしゃぶりついたままの体勢になりました。
そして一気に絶頂が押し寄せてきました。
僕は前屈みになってカーラのオッパイを揉む体勢になりながら、口の中でイッてしまいました。
イッている最中も、カーラのバキュームフェラは続きます。
強烈なバキュームだったので、大量に出たんだと思います。
カーラの口の間から、精子が少し流れ出ていました。

口に出されたカーラは笑顔でティッシュに出しました。
そして僕に抱き付いて押し倒してきました。

「I thank you from me gently.」

確かこんな感じの事を言っていました。
フェラはお礼?
僕らはそのまま抱き合ったまま寝ました。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ