セックスしまくり体験談④

目も開いてないのに、なぜか必死で舐めてくれるメグちゃん。
この子って・・・単にエロいだけ?
顔はまぁ~まぁ~普通だけど、脱ぐとナイスバディーだし。
イイ~じゃんイイ~じゃん。
あんまりウマいとは言えないフェラ。
入れちゃおうかな・・・
って事で、メグちゃんの上に覆い被さりキス。

首に腕をまわしてきて、ちゃんと積極的なキスしてくるメグちゃん。
そのまま亀頭でマンコを刺激してると

『ねぇ・・入れて・・・ハァハァ・・・ねぇ・・・入れてっ』

完全に起きてんじゃね?
というわけで挿入。
ズブズブ~っと根元まで挿入。

「あっヤダ・・・あんっやっ・・んっ」

締め付け抜群!濡れも抜群!
巨乳の揺れも最高じゃんと。
ガンガン腰を振りまくってると、いきなりメグちゃんの目がパチリ!
腰を振りまくりながら

「気持ちイイ?メグちゃん?」

「えっ・・・やっ・・・なんで?・・・ねぇ・・あん!あっあっ・・」

正気に戻ったのか?
それとも演技なのか?
しっかり感じつつ、一応目覚めましたって感じ。
とりあえず腰は振り続けてるんで、キスしてみたんすよ。
そしたら自分から舌入れてくるし、完全にセックスを楽しんでるご様子。

「ねぇ~メグちゃん、どんな体位が好き?正常位?バック?」

「いやっ・・・だめっ・・えっ・・あっ・・バック・・・あん!」

「バックが好きなの?じゃ~やってあげるね」

チンコ抜いて四つん這いにさせて挿入。
もうガンガンパンパン突きまくり。
そしたら喘ぎ声がハンパじゃねぇ~。
近所迷惑になる!ってぐらいハンパじゃねー。

「あんっあんっっんっ!あっあっあっ!あんっ!あんんっ!・・・」

枕に顔を押し付けさせて、ケツを引っ叩きながらバック!
アナル丸見えで、白い液体出しながらのマンコも丸見え。
ちょっとやってみたかったから、その白い液体を小指ですくって・・・アナル攻撃!

「あっヤダ・・ソコっ・・ダメっ・あんっやっ・・んっ」

およよ?感じまくりじゃん?と。
だからそのまま小指を少し入れてみると、ヌルリと簡単に入っちゃって。
第2関節まで入れて腰振りまくったらヤバいヤバい。

「んんーーー。んっんっ!あんっ!やっ・・・やだっ!イクっ・・・」

って簡単にイっちゃったぞと。
小指をグリグリ動かしながらチンコ出し入れしたら、何回もイきまくり。
イクたびにガクンガクンするから分かりやすい子。

正常位に戻して、ガンガン突いて腹発射。
チンコはドロドロの液体がべっちょり。
しばらく余韻に浸って、とりあえず小指を偉いに風呂場へGO
フルチンでトイレに入ったらまだ寝てるレイちゃん。
しかもヨダレ垂らしてるし。

チンコだけシャワーで洗ってベッドに戻ると、メグちゃんは全裸で爆睡。
ウェットティッシュで綺麗にしてあげたけど。
パンツとTシャツは着せてあげて、本日も終了!

次の日の昼前にレイちゃんが起きてきて、一緒に寝てる俺たちにビックリ(笑)
メグちゃんとはメアド交換して、二人を駅までお見送り。
レイちゃんなんて俺に感謝しまくりで、迷惑掛けてゴメンと謝りまくり。
イイよ~生乳堪能したし!なんて言えず、イイ人を演じる俺(笑)

その後レイちゃんとは会っていないが、メグちゃんとはヤリまくりました。
実は彼氏がいるらしく、オレはセフレって事で。
彼氏が早漏でヤバいんですって。
欲求不満を解消しにオレんちに来るとか来ないとか。

メグちゃんとは結構変態チックなセックスしたんで、
いつかまた機会があればメールしますわぁ。
って、こんな体験談でイイ~んすかね?(笑)

終了。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ