セックスしまくり体験談③

ベッドに戻ると、布団にくるまったメグちゃんがオネンネ中。
こいつら・・・危機感ゼロだろ!
人のベッドで気軽に寝やがって。
トランクス一枚になってベッドに潜り込むオレ。

「メグちゃ~ん、大丈夫~?」

「う~ん・・・ヤバいっしょ~酔ったわぁ~」

「じゃ~抱き締めてイイ~?」

「やだぁ~だめぇ~ん♪」

メグちゃんの方が男慣れしてるご様子。
嫌がってないんでハグハグ開始。
するとメグちゃんもお返しにとハグハグ。

「メグちゃ~ん、チュ~しよぉ~チュ~」

このバカっぽい会話ではありますが、なぜか女の子にはウケがヨロシイんす。
この時もそのままチュ~して、舌絡ませてが始まりましたし。
メグちゃんの服の下から手をいれると、既にブラのフォックが外されてる。

「メグちゃん暑くない?アツいよねぇ~」

「アツい~う~ん」

「じゃ~脱いじゃいな!ほれ~」

万歳させて、上半身を裸にさせる事に成功!
ブラもブラブラ状態だったんでそのままベッドの下にポイッ!
濃厚なキスをしながら生乳揉みまくり。

「あっあっあっ!あんっ!あんんっ!ダメっ・・・」

ジーパン穿いてたんで手こずりましたが、ようやく全裸に成功!
オマンコ触ったらグッチョリマンコ。
電気はつけっ放しだったから、じっくり観察させてもらいました。
使い込まれていない綺麗なオマンコ。
クリトリスも皮に包まれてて、指で剥いてやるとポロリ。
舌先でクリトリスを舐め舐めして、指をマンコに挿入!

「あああん・・っ・・・イイ・・・いい・・あっ・・・」

「やらしく喘ぐんだねぇ~メグちゃんて」

「あんっあんっっんっ!ちがっ・・・ダメっ・・そんな・・・」

指を入れたまま自慢のジュニアをメグちゃんの顔に。

「舐めてよ・・・ほら~」

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ