オナニー丸見え女子大生を覗く①

うちの実家の隣にマンションが建ったのが4年前。
自営業だから5階建てなんだけど、隣も同じ5階建て。
とはいっても高さは違うんだけどね。
部屋の窓を開けたら隣のマンションっていう構造になったら困るんで、建設前から何かと相談があった。
俺の部屋の隣には倉庫があって、そこは普段使わないからと業者には言ってあった。
だからなんだと思うけど、倉庫の窓をから見るとある2部屋が手に届くぐらいの微妙な距離。
しかも半階分下にあるもんだから見下ろす感じ。

建設途中から俺は地方の大学に行っちゃってて、どんな人が住んでるとかあまり知らなかった。
時々帰ってきても倉庫になんて行かないし、部屋の窓から覗くなんて勿論しないしね。
で、聞いてた話だと、なんと隣は女性専用のマンションらしい。
下町の密集地にドカン!とマンションを建設するにあたり、モメた挙げ句に決まったそうな。

大学を卒業して都内の企業に就職した俺は、やっと古巣の自宅に戻ってきた。
毎朝外に出ると隣からは続々と若い女の人が出てくるもんだから、軽くウキウキもしてた。
でもまぁ~隣ですからね。
別に出会いも無くもあったもんじゃなく、何事も無く2年が経過。

ある日オヤジに頼まれて夕方から倉庫の掃除をしてた事がある。
窓を全部開けて掃除してたんだけど、友達が遊びに来て一時中断。
窓を閉めてないやと思い出して20時過ぎに戻った。
何気なく窓に近付いて締めようとした時、ふと半階分下の部屋に目がいってしまった。

カーテンではなくブラインドを降ろしてるんだけど、微妙に緩かったのか部屋の中が丸見え。
しかも俺が見下ろす角度からは、壁側に置かれたベッドが丸見えで、しかもそこに女の子の姿が。
思わずサッと身を隠して、暗がりの中から再度覗いてみた。
ちょうど窓の方に頭を向けて寝てるもんだから、もし見上げられたら目が合うかもしれない。
「隣の住人が覗いてた!」なんて言われた日にゃ~最悪過ぎるので、ある事を思い付いて実行してみた。

向こうの部屋は明るいからよく見えるけど、こっちは暗ければあんまり見えないもんだ。
だから倉庫にあった脚立を暗がりに移動させて、窓のブラインドも静かにダウン。
隣のマンションから入る光が若干あったけど、まず俺の姿は見えないだろうって位置を作り上げた。
煙草もジュースも飲めるよう戸棚をずらし、脚立に座って完全にガン見。
髪の長い女の子が髪をクルクル触りながら電話に没頭中。
水色のタンクトップに白いホットパンツで、ベッドに寝そべりモゾモゾ動いてた。

何もしてないのにその姿を見てるだけで勃起してきた俺は、チンコを軽くイジりながら覗きまくり。
10分が過ぎ・・・20分が過ぎ・・・30分が好きても、その女の子はずっと電話中。
さすがに飽きてきた俺は倉庫を出て、また倉庫に戻ってきたのは23時過ぎ。
脚立に登ってみると、今度は部屋に誰もいない。
ベッドには足元の方にタオルケットがグシャグシャに丸まってるだけ。
なんだよぉ~・・・と残念に思って煙草を吸っていると、予想外の光景が目に映った。

なんとさっきの女の子が風呂に入ってらしく、全裸にタオルで体を拭いてたんです。
部屋の中をウロウロしながら拭いてるから、見えなくなったりまた見えたりの繰り返し。
おぉ??と凝視してしまった光景は、彼女が股間をゴシゴシと拭き出した姿。
そこまで拭くか?と思うぐらい、なぜかゴシゴシ拭きまくり。
しかも胸も拭いたりするんだけど、その後になぜか乳首を自分で触ったりしてる。
男がやるように指で摘まんでコリコリしてるっぽい。

続く


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ