満喫でオナってた女①

俺がよくサボって昼寝させてもらう満喫がある。
国道沿いにあってちょっと汚いけど、昼間は客が少なくて凄く快適な満喫。
1回だけ夕方過ぎに行った事があるが、昼間なんか比べ物にならないほど混んでてビックリした。
だからいつも使わせてもらうのは昼間の12時~15時までの間と決めてる。

一昨日いつものように昼寝しようと、その満喫を使った。
お客がいないからカウンターに行っても店員が出てこない。
奥の方でバイト同士が談笑してて、軽くイラっとしながら通されたのがなぜか奥の方。
いつもはもっと広い部屋に通すくせに、とイラつきながらも気が付けば夢の中。

多分1時間以上は寝てたと思う。
なぜか目が覚めたのでジュースを入れ、またもやウトウトしてた。
隣の1番奥の部屋に人がいる気配があったのを覚えてる。
俺が入った時は全く気配を感じなかったんだが。

ウトウトし始めてしばらく経った頃、妙な音が気になって目が覚めた。
何の音だ?!と耳を澄ませていると、どうやら隣のスペースから聞こえてるみたい。
「クチャッ・・・・・・・クチャッ・・・・・」という音。
食べてる時に口でも開けながら食ってるのかなって思うような音。
なんだよ・・・と舌打ちしたい気持ちをおさえ、また眠気に負けてウトウトしてた。
耳には時々聞こえる「くちょっ・・・」という音が残り、気になりだすとどうにもならない。

ふざけんなよ・・・と完全に目が覚めた瞬間、「はぅんっ」みたいな吐息が聞こえた。
えっ?なに?今の?
クチョッ・・・クチョッ・・・んはぅっ・・・・クチョッ・・・みたいな感じ。
その吐息を聞いた瞬間、隣でエッチでもしてるんじゃないかと考え始めた。
カップルが入って人もいないから、そのままエッチし出すのも珍しくないしね。
この満喫でそんな状況に巡り合った事は無いが。

こうなってくると隣の音が気になるわけです。
どんな奴らがいるのか、今どこを触ってるのか、女は興奮しちゃってるのか、などなど。
机があったけど出来るだけ隣に近付き、息を殺しながら耳を澄ませてた。
やっぱり「はぁんっ」みたいな声が時々聞こえるし、クチョクチョ鳴る音がまたエロい。
クチョックチョックチョッ・・・!と連続で鳴ったりする。
そんなデカい音じゃないんだけど、静まり返った満喫だから聞こえたんだと思う。

ちなみにこの満喫にはドアがない。
まぁ悪さ対策だとは思うが、目の前を通過すると中は丸見えになる。
以前はカーテンみたいな布があったんだけど、撤去されたのをみると何かあったんだろうね。
だから隣も前を通過したら見えるわけ。でも1番奥だから通過する理由が無い。
ランダムになるクチョクチョ音に興奮しまくりの俺は、ふと頭上を見上げた。
多くの満喫がそうであるように、この店も天井は繋がってる状態。
しかも天井が高いから、机の上に乗れば隣を覗く事も容易い構造。
これは・・・・覗いちゃおうかな!!と思うのは誰でも同じ。

勇気を出して天井から隣を覗いてみた。
バッと立ち上がってバッと一瞬だけ見ただけ。
でもその一瞬で凄い事が判明した。

なんと隣には女が一人しかいらず、その女が机に足を乗せてしかも大股開き。
白いパンツが目に入り、そのパンツの中に手を突っ込んでる姿も確認できた。
マジか・・・女一人でしかもオナってるとは・・・
どんな顔してるとかスタイルは・・とかは分からない。
でもこんな状況でオナってる女という事で、俺の妄想は爆裂しまくり。
一瞬だけ覗いたわけだけど、それ以降もクチョクチョ音が鳴ってた。時々声もね。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ