惚れてた子のセクロスを目撃③

ゆっくりと下から突き上げられていたかと思ったら、由美は上半身を起こしました。
下からAにキャミをズリ上げられ巨乳の上まで捲られると、由美が自ら腰を動かし始めました。
クイックイッと前後にスライドするような腰の動き。完全に丸見えじゃなかったけどさ。
Aは巨乳を鷲掴みにして揉みまくり、その腕を掴みながら由美は腰を振っています。
我慢できなくなった俺はまたチンコをシゴき始めてしまいました。
口を強く閉じて声を我慢している様な表情をしつつ、由美の腰は段々激しく動き出しています。
ついにはクイックイッという動きから、クイックイックイックイッと激しくスライドし始めました。
もうそうなると由美も声を我慢できないらしく、「んっ・・・はぁっ・・・」と漏らしています。
トイレへと続く廊下のドアやロフトを時々見上げながら、由美は一心不乱に腰を振っていました。

Aが我慢できなくなったのか、起き上って抱き合いながら座位の体勢へと移行。
そしてそのまま後ろに倒れ込み、俺からはAのケツが見える様になりました。
汚ねぇ~男のケツなんて見たくもないと思った矢先、正常位で結合しているアソコが丸見えに。
白濁した汁が竿やアソコ周辺に付着し、Aのチンコが出し入れされる結合部分。
由美の広がったオマンコを見て、俺の興奮も最高潮になっていきました。
ケツの穴にまで滴る白濁色の汁がエロ過ぎでした。
由美は剃っているのか分かりませんがパイパンのように見え、チンコの抜き差しが丸見え。
体位を入れ替えようとAがチンコを抜いた瞬間、大股開きになった由美のオマンコをバッチリ目撃しました。

Aは由美を引っ張って四つん這いにし、俺へケツを向けたまま腰を振り始めました。
見たくも無い玉袋の揺れ・・・このお陰で興奮が萎え始めてくれて助かりました。
あのままじゃ興奮しすぎてたので、どうにも頭がおかしくなりそうだったんです。
やっと半分以上萎えた頃、Aが由美を仰向けにして正常位が始まりました。
もう焦りが無くなったのか、由美はキャミを胸の上まで捲った状態です。
揺れる巨乳を鷲掴みにされ、必死に喘ぎ声を堪える由美。

「やっぱり興奮するだろ?」
「あんっ・・・するっ・・・」
「またみんなを呼んでやろうぜ」
「んっ・・・またしたいっ・・・んあっ・・」

他にも色々と喋りながら正常位を楽しんでいた2人。
要するに、エッチするタイミングを初めから見計らっていたってわけ。
しかもエッチしたいから部屋呑みにして俺らを呼んだって話。
2人のそんな会話を聞いていたら妙にイライラしてきて、由美へさえ怒りが込み上げてきました。
言ってはいないけど、惚れてる女のエロ願望の為に利用されてるって思えてきたから。

酔っ払っていたのも影響してたと思います。
怒りをおさえることができなくなって、とうとう俺はクローゼットの扉を開けてしまったんです。
まぁこの時には勃起も何もしてなかったのでw

ガラっ!と扉を開けた瞬間の2人の顔ったら・・・ありませんよ。
由美は床に両手を広げてましたし、Aは由美の足を抱える様にして腰を振っていましたし。
まるでお化けでも見たかの表情をした2人でしたが、瞬時にして動きました。
由美は転がってうつ伏せになり、必死にキャミを戻そうとしてました。
Aはチンコを抜いた瞬間に後ろを向き、必死にパンツを直していました。

「お前ら何してんだよ」
「いや・・・」
「お前彼女いるんだろ?さっき泥酔して潰れてたじゃん。心配じゃねーのかよ」
「あぁ・・いや・・さっき見てきたらトイレで寝てたし」
「そういう問題じゃねーだろ、彼女が潰れてるのにここで浮気かよ」
「浮気とかそんなんじゃねーよ、由美が具合悪いとか言ってたから介抱してただけだし」
「はぁ?何が介抱だよ、普通にヤッてたじゃねーか。つ~か由美も由美だろ。ずっと友達じゃなかったのか?Aの彼女とは」
「・・・・・・」
「ホント最悪な奴らだな」

怒りに任せてアレコレと怒ってやりました。
それでトイレに行ってみると、Aの彼女はバスタブの中でスヤスヤ安眠中。
部屋主もロフトで爆睡中。
この部屋にいるのも嫌な気分だったし居心地も悪いので、とりあえず帰る事にしました。
タクシー代なんて持って無いので、部屋主のチャリを借りて1時間も掛けて帰宅ですw
「もう俺は帰るから、安心してさっきの続きでもヤッてろよ」
そう捨て台詞を吐いて帰りました。

案の定その日の夜にAや由美からメールがきて、2人して「秘密にしててくれ」だというんです。
返事する気にもならなかったので、そのままシカトしておきました。
そしたらAから何度も電話がきてしまい、出ると言い訳とバラさないでくれという事だけ。
俺らを利用して呼んだ事とかへの謝罪もないので、うるせーなって一事言って切りました。
由美からは3回だけのメールでしたが、今でもシカトしている状態です。
ホント最悪な現場を見ちゃったっていうか、何とも言い難い感じです。

愚痴交じりの投稿になってしまい、詰まらなかった方々へは申し訳なく思ってます。
ではではこれで終わります。駄文長文で失礼しました。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ