旦那撮影の妊婦へ中出しイベントに参加@2P

ネットで募集していた妊婦への中出しイベントに参加した事がある。
何となくだが今まで誰にも喋った事はない。
だけど実際は喋りたくてウズウズしてた。
もう今更感もあるが吐き出させて欲しい。

あの頃の俺は22歳でちょうど就活も終わり残り僅かな学生生活を満喫してた。
彼女はいなかったので、同じような立場の女子大生と合コンしまくってた。
でもモテない俺は毎回空回りだったけどなw
そんな悶々としてた頃だった。
大学生になってすぐの頃からずっと見てきた掲示板があった。

ちなみにだが、もうその掲示板は既に消滅している。
あの頃はまだ規制が甘かった事もあり、マニアックな掲示板が乱立してた。
まぁ~あまり細かく書くと特定され兼ねないのでやめとこうw

完全素人のハメ撮りなどの動画が欲しくて、夜な夜な参加していた。
そこでパスワードとかアップローダーとか勉強したもんだよw
長い期間使ってたから、それなりに会話をする常連たちもいた。
俺がよく喋っていた集団の中心には、自分の奥さんを漏らす旦那さんがいた。
この変態過ぎる夫婦を筆頭に、女なら誰でもヤレるキ○ガイや、その奥さんのファンだという取り巻きが何人もいた。
何度か過去にオフ会なるモノをやっていたらしい。

10月だったか、その夫婦がオフ会の誘いをかけてきた。
チャンスが有ればと思っていた俺は、他の常連も行くというので参加を決意。
40代の自営業のオッチャンと「どうする?」なんて相談したのも良い思い出。
歌舞伎町の居酒屋にてオフ会というか飲み会が催された。
俺は最年少だった。
こんな事言うのもアレだが、異様な雰囲気の人が多かった。
ヲタクのようなヲタクじゃない雰囲気。
見るからにセンスのない私服。
風呂に入っているのか気になる脂ギッシュな髪の毛と体臭。
何が入ってるのか聞きたくなる大きなバッグ。

若くて1番まともだと思われる俺を奥さんは気に入ってくれたようだ。
周りの厳しい羨望の眼差しを感じながら、奥さんのイタズラを楽しんだ。
勃起したチンコは揉まれるし、耳は舐められるしで堪らなかった。
旦那さんの命令で、トイレで少しだけフェラチオまでしてもらえた。
トイレから出る直前、奥さんがこう耳元で囁いてきた。

「今度はもっとしてあげるね♪」

その言葉通り、数ヶ月後お誘いが舞い込んできた。
全く気が付かなかったが、あの時既に奥さんは妊娠していたらしい。
奥さんは妊娠7ヶ月でお腹も大きくなっている。
そんな奥さんに中出しなんてどう?っていう誘いだった。

ウソだろ・・・そう思ったよ。
だけどあの変態夫婦なら大いに有り得る。
にしても奥さんとセックスだけでも凄いのに、中出しとは。
そのメールをもらってから3時間後、オフ会の時に親しくなった人からも「誘いきた?これってマジかな?」というメールが来た。
掲示板では秘密になっているようで、気心知れた人にしか確かめられない。
不安も大きかったが好奇心の方が勝ってしまった。

「とりあえず行ってみようかな」

するとその人も「じゃ俺もw」って事に。
その前にちょっと2人で飲もうって誘われた。
それでまた歌舞伎町に行ったんだが、そこにあの変態夫婦も来ていた。
個別に連絡を取り合っていて、俺と今日会うって知ったら来たらしい。
奥さんのお腹は見るからに妊婦のお腹になっていた。
そんな奥さんに中出し?マジですか?と素直に尋ねた。
すると旦那さんは嬉しそうに説明してくれた。

早産になる恐れがあるから、ギリギリのところで見極めるという。
次から次に中出しされる嫁の姿を撮影したい。
嫁もそんな姿を見られたいと望んでいる。
人数は10人を目指しているが、やっぱり病気だけは怖い。
なので事前に病院で検査をしてもらいたい。
それさえクリアーできれば、嫁を好きなだけ抱いて良いし中に出しても良い。
口に出せば喜んで飲むし、ぶっかけたいなら好きな場所にぶっかけてもOK。
まあ~こんな感じだったかな。
自分の嫁さんを他人に抱かせるという変態男の目は少々イカれてた。

言われた通り検査も受けた。
もちろん病気はなかった。
集まったのはラブホテルのパーティールムみたいな部屋だった。
ラブホにもこういうスペースがあると初めて知った。

顔バレしたくない人はマスクを被った。
俺はドンキで買ってきた変なプロレスラーのマスクを被った。
これで俺の顔は見えない、そう思ったら急に強気になってきた。
人生で初めて勃起した状態を複数の男達に見せた。
目の前でお腹の大きな奥さんが全裸になり、パイパンのオマンコを弄っている。
そのオナニーを見ているだけで、俺以外もみんな勃起していた。
それを旦那さんはもう撮影し始めていた。

奥さんに呼ばれ、まず俺がフェラチオしてもらえた。
「してもらいたかった?」
ニコッとされながら聞かれたので素直に「はい!」と答えた。
すると「可愛いのねぇ」と嬉しそうな顔をされた。
奥さんはフェラチオしながら指を出し入れするオナニーもしていた。

「どこに出したい?」
「おまんこに出したいです」
「中に出してくれるの?」
「言われた通り禁欲してきたんでw」
「どのくらい?」
「5日間だけですw」
「十分よ、たくさん頂戴ね、オマンコ中に」

俺が喋るとジュポジュポしゃぶり、奥さんが喋る時は亀頭を舐め回す。
最高だった、こんなにも興奮するフェラは人生で初めてだった。
だからもう限界が近づいてくるのが分かった。
それを伝えると旦那さんに「もう出ちゃうって言うからイイ?」と奥さん。
すると旦那さんの許しが出たので、俺が1発目に選ばれた。

1Page 2Page

Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ