知り合いのハーフ彼女を寝取って調教@9P

トイレに逃げ込んでしばし深呼吸をしてから戻った。
今度はリナさんが壁に向かって「くの字」になって寝てたので、そっと隣に寝た。
でもすぐにまたこっちに寝返りしてきて、またもや抱き付かれる形に。
しかも手が俺の体を撫でたりしてくる。
そんな事されたらもうポコチンは一気にフル勃起。
だからもう我慢なんてできなかった。

俺も振り返ってリナさんと向き合い、無防備に寝ている唇にキスをした。
柔らかい唇に何度かキスをし、ゆっくりと舌を入れていった。
するとリナさんも口を少し開けてくれて、舌が絡みついてきた。
彼氏と間違えてるのか次第にその動きが激しくなり、すぐに激しいディープキスに。
俺の頭をグシャグシャにしながらのキスにちょっと焦った。
終いには俺の上に乗り上げてきちゃって、それはもうヤバいほどエロいキス。
引き返すことができないとちょっと戸惑ってた俺。
でもリナさんが髪をかき上げた時、舌を絡めながら目があった。
俺と分かった上でのキス。
そうと分かればもう遠慮する必要もない。

今度はリナさんを押し倒して激しく舌をしゃぶりあった。
耳を舐めたり首筋を舐めたりすると、明らかな喘ぎ声を出してくれる。
舐めてまたキスをし、また舐めてキスをする。
何度も繰り返した後、念願の巨乳に触れてみた。
すぐに分かったがブラをしてない。
プニプニの柔らかい乳房の感触とコリッと硬くなった乳首の感触が伝わってきた。
実は風呂から上がってずっとノーブラだったらしい。

乳房を揉み上げながら舌をしゃぶりあった。
舌をベロベロやってる時、リナさんは思いっ切り目を開いて俺を見てる。
何で見てんだよwと心の中でツッコミを入れつつ、ナマ乳を揉んだ。
手の平に余るほどの巨乳で、乳首を摘むと体が小刻みに震える。
その後は無我夢中で捲り上げて出てきた巨乳にむしゃぶりついてた。

「待って!待って!あぁっ!待って!」
左の乳首を軽く甘噛みしながら舌先で舐めて、右乳首は指で摘んでクリクリしてた時、急にリナさんがそんな事を言うから焦って顔を上げた。
「なになに?痛かった?」
「うぅん、良すぎてw」
ハァハァ言いながらハニカムような顔で言われた。
「だったら続けますw」ギャグで敬礼すると、リナさんも「お願いします」と敬礼w
これで一気に空気が和んだ気がした。

また乳首の甘噛み&摘んでクリクリをしつつ、太ももをアソコに押し当ててみた。
こんな美人な女でも太ももに擦り付けてきちゃうんだね、と嬉しくなる。
何も言ってないのにグイグイ押し付けてきては、小刻みに擦ってた。
でもまた「待って!」という声に、思わず「なに?」と反応する俺。
3回目にはシカトしたが、どうやら乳首だけでも昇天寸前までいくらしい。

じゃ~アソコはどうだ?!となるわけです。
脱がす時はちょっと抵抗されたが、それはパンツを見られたくないから。
濡れ過ぎちゃってベッチャベチャだったら、見せたくなかったらしい。

脱がしてみるとリナさんは完璧なパイパンだった。
「剃ってるの?」
「ん~少しだけね」
「だって全部無いじゃんw」
「あんまり生えてこないから」

触ってみると確かにそんな感じだった。
恥骨の上辺りは少しだけジョリジョリしてたけど、にしてもジョリ感に乏しい。
「俳優の温水洋一氏のオデコ上ぐらいしか生えてなかった」とか言い出すからエロい雰囲気が一気に吹き飛んだ。

薄暗い中だったがオマンコをガン見しながらのクンニ。
「久し振りだから優しくして」
そういうのでねっとりと時間を掛けて周辺から愛撫していった。
にしても濡れる濡れる。
思わずタオルを敷いたが、汁がダクダク出てきてシーツにシミを作るほど濡れる。
無味無臭だったので、それはもう狂ったように舐めたw

乳首以上に「待って!」を連発する。
一応少しは中断するけど、しないと腰を動かして逃げる。
何でそうなる?と聞いたら、素直に「イッちゃうんだもん」と白状してきた。
イケば良いのにと思いつつも、クンニを再開して舐めまくった。

指を入れて中を掻き混ぜながらキスをしてる時は最高だった。
俺の顔を見ながら切なそうな顔で「ダメ、ダメ」とお願いしてくる。
その時に舌を出すとチュポチュポ舐めながらお願いしてくる。
俺の方こそカウパー出まくりでパンツが冷たくなるほど興奮してた。

リナさんの手を掴んでポコチンへと誘った。
怖怖という手付きでポコチンに触れ、形や大きさを確かめるように触ってきた。
指を入れて掻き混ぜながらキスをすると、ポコチンを触る手つきにエロさが。
指先で亀頭付近を刺激してきたり、玉袋を揉んできたりもする。
「はぁぁぅん」なんて声を出しながらのキスに俺も大興奮だった。

無言で1~2秒見つめられた直後、リナさんは布団の中に潜り込んでいった。
もちろんそれが何を意味するか俺も分かってた。
リナさんの手がスエットに掛かったので、腰を浮かせて脱ぐのを手伝った。
トランクスも一緒に脱がされたので、いきなりポコチンをダイレクトに触られた。

舌が尿道付近をレロン・・・レロン・・・とされ、ポコチンもビクンビクン跳ね上がる。
美人だからフェラなんて下手糞なんだろうなっていう先入観が吹き飛んだ。
亀頭を丁寧に舐め回す舌の動き、亀頭だけを咥えて口の中で動く舌の動き、根本や玉袋を触る手の動き、全てが最高級だった。
今までリナさんには遠く及ばなかった元カノ達の方がよっぽど下手だった。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ