寝取られた女と寝取った男⑤

もう自然な目線で二人が見える。
そんな体勢になって観察し続けました。
しかしいっこうに勃起しない支店長。
遂には、フニャチンのまま上に奥さんを跨がせて入れようとしたんです。

「こんなに濡れてるから入るよ・・・ほら・・」

このシチュエーションで奥さんは興奮していたんでしょうね。
そのまま跨り、チンコを入れ始めました。

「んっ・・・はぁはぁ・・・」

角度的には入っている結合部分は見えないのですが、入れるのにひと苦労している様子。
そりゃ~あのフニャチンじゃ入れるの大変だよな。
そう思いながら、二人の格闘を眺めていました。
しかしそれから10分以上頑張っても入りません。
結局支店長は諦めました。
なんだか奥さんもシラけたみたいで、キッチンの方へ行ってしまいました。

「おい・・・大丈夫か?」

セックスを諦めてから数分後、私は支店長に起こされました。

「あっ・・・申し訳ありません!つい寝てしまったみたいで」

「イイ~んだよ。帰れるか?タクシー呼ぶか?」

「はい、タクシーで帰ります、スミマセン」

出来なくてイライラしてたんでしょうね。
私はスグに追い出されてしまいました。
玄関先で見送ってくれた奥さんも、少し不機嫌そうな感じでした。

それから数週間が過ぎて、支店長から電話がありました。

「今週末は暇かね?暇だったらうちのを買い物に連れ出して欲しいんだが」

「はい、大丈夫です」

「うちの車使ってイイから、お願いするよ」

私は知っていました。
支店長がひいきにしているクラブの若い女の子。
先日他の接待で行った時、週末に支店長とゴルフをするとか言っていたんです。
奥さんには女の子と行くなんて言ってないはず。
連れ出して欲しいのは、連絡があったら都合悪いからなんです。

当日、私は10時過ぎに迎えに行きました。
本日の計画は、全て奥さんがたてた内容。
久しぶりのお出掛けらしく、かなりはしゃいでいました。
奥さんとはいえ、まだ若いですからね。

奥さん専用の赤いBMWに乗り、県庁所在地でもある大都市に向かいました。
車で40分やそこらで着く距離なんですが。

ウィンドーショッピングに付き合い、ランチを食べ、またウィンドーショッピング。
正直ヘトヘトになりました。
傍目からは恋人同士にように見えたと思います。
私の手を引いたり、私にどれがイイか尋ねたり。

「今日は奥さんなんて呼ばないでね、アタシはミキだから」

「はい、それじゃミキさんと呼びます」

「ってそんな丁寧な感じで話さないで!普通に喋ってイイから」

「あ・・はい、分かりました。なるべくそうします・・・」

「うん♪じゃアタシは何て呼べばイイ?」

「何でも大丈夫ですよ。稔って名前なんで呼び捨てでも大丈夫です」

「それじゃ~稔君にするね。いこっか?稔君」

15時過ぎまでウィンドーショッピングに連れまわされ、その後は海へと行きました。
海とはいえ、埋め立てられた海岸都市。
そこにはショッピングモールや小さな観覧車もあります。
リクエスト通りに、二人で観覧車にも乗りました。

「見てみて~凄いねぇ~♪」

向かいに座ってはしゃぐのは良いが、時折足が開いていて下着が見えてしまう。

「そうですねぇ~ボクは初めて来たんで、ちょっと感動ですよ」

なるべく見ないように、わざと横を向いたりする。
そんなやりとりで観覧車を降り、ガーデンテラスでお茶を飲みました。
まだ17時前か・・・
そう思っていると携帯がなりました。支店長からです。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ