寝取られた女と寝取った男④

次の日の昼に支店長から電話がありました。

「昨日は悪かったなぁ。ちゃんとクリーニング代出すから」

「いいぇいえ、大丈夫ですよ。それより昨日お借りしたスエットをお返しします」

「あぁ~イイんだイイんだ。そんなもんはいつでも」

「はぁ・・・分かりました」

「それより迷惑をかけたお詫びとして、今週末家で食事なんてどうだ?」

「金曜日に支店長のところに伺うので、その後でしたら大丈夫ですが・・・」

「じゃ~そうしよう、うちのヤツが君にはちゃんとしないとって言っててな」

「とんでもないです」

「とんでもないです」

結局、支店長と仕事をして家にお邪魔したのは20時頃でした。
奥さんの手料理がズラリと並んでいて、ワインも出ています。
私は恐縮しながら食べました。
料理は非常に美味しく、お店クラスの味。

「コイツも料理教室に行ってるんだが、披露する機会がないって怒ってるんだ」

「そうよ~アナタはいつも帰りが午前様なんだから」

「だから時々うちに食べにきてやってくれ」

「はい、喜んでお伺いします。ホント美味しいですから」

これも仕事だなんて思いながら、食事の後のワインを楽しんでいました。
さすが支店長の家だけあって、ワインもかなり美味しい。

「コイツもな、こっちに来てから知り合いがいないから、良かったら話し相手になってあげてくれ」

ドンドン話が進んでしまい、最後には暇な週末など買い物に連れて行ってあげるハメに。
どうせ週末は暇で、家でゴロゴロしているからイイのだが。
こんな綺麗な女性とで歩くのも悪くない。

支店長は焼酎を飲み出し、私と奥さんはワインやシャンパンを飲みました。
呑まされ続けた私はかなり酔ってしまい、とうとう酔いつぶれてしまったんです。
帰ろうとしましたが、支店長に言われてソファーで横になっていました。
少し寝てトイレで思いっ切り吐きました。
まだ吸収されていないワインが大量に吐き出されたせいで、酔いも落ち着いてきます。
ソファーでウトウトしてると、話声で目が覚めました。
壁に付いている小さな電球だけの、少し薄暗い部屋。
あぁ~私の為に暗くしてくれたのか・・・
そう思っていると、何やら斜め前に置かれたファーに人影があります。

「ダメでしょっ・・・もぅ・・・ねっ・・・ダメだってば・・・」

えっ?!と思い、薄目をあけて見てみると、そこには二人の姿がありました。
私に背を向ける支店長の姿。
支店長に覆いかぶされて座っている奥さん。

「はぅ・・いやん・・・聞かれちゃうってば・・・もう・・・ダメよ」

「大丈夫だって。お前が大きな声を出さなきゃ起きないだろ」

そう言って支店長は奥さんの上着の下から手を突っ込みました。
洋服の上からも分かるように、支店長は奥さんの胸を揉みまくっています。

「はぁはぁ・・・もう。声出ちゃうでしょ・・・あっ・・はあっ・・」

ヤバい・・・
どうしよう・・・
このまま寝たふりをしないといけないのか・・・
それともいきなり起きてみようか・・・
酔っている頭で必死に考えましたが、結局寝たふりをすることにしました。

私がグッスリ寝ていると勘違いしている二人は、徐々にヒートアップしていきます。
上着を胸の上までたくしあげて、支店長は奥さんの乳首に吸いつきました。
もう私にも奥さんのオッパイが丸見えです。
形の良いツンと上向きの巨乳。
そのオッパイを揉みながらしゃぶりつく店長。

「はぁ~はぁ~ねぇ・・・我慢できなくなる・・・ダメってばぁ・・」

「ほら、じゃ~ちょっと・・・」

と言って、支店長はジッパーを下げて、息子をポロリと出しました。
勃起してねぇーじゃん!

「元気にしてくれ・・・」

「もう・・・起きたらどうするの?まったくもう・・・」

そう言いながら奥さんは、支店長のチンコを舐め始めました。
支店長が髪の毛を手で持ってくれているおかげで、私からもバッチリの眺めです。
奥さんは舌先を丁寧に動かし、玉袋や裏筋を舐めまわしています。

ジュポッ!

奥さんの激しいフェラチオのせいで、大きな音が鳴ってしまいました。
一瞬、二人が私の方を向きます。
私は寝たふりをしながら、少し体を動かしました。
もっと見やすい体勢に・・・
そう思ってこのチャンスを活かして動いたのです。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ