彼女が友達のセフレだった④

四つん這いになって股の間から手を入れてバイブを出し入れする。
手を離しても抜けないらしく、勝手にバイブだけがブインブイン動いてるのは凄かった。
時々シンジがケツをパシッと叩く。
「はぁあんっっ」と女も反応する。
「もっと!激しくやれよ」とまた叩く。
「んぁいっっ」と出し入れが激しくなる。

シンジの命令でまた仰向けになり、脚を抱えてないけどカエルみたいに大股開き。
やっとここでシンジが動いて、女の目隠しを取ってくれた。
やっと顔が拝める・・この淫乱女の顔が見れる・・・
生唾を飲み込みながら凝視してた。
でもバンダナが取られて現れた顔をみて、血の気が音を立てて引いていく様な気がした。
どう見ても間違いようのない顔。
バイブオナニーしてたのは、どう見ても彼女のハルカでした。

嘘だろ、嘘だろ、と何度も思いました。
興奮してて分からなかったけど、よく見てみると体はハルカそのもの。
でもパイパンは初めて見た。
クラクラしてそのまま打っ倒れるかと思いました。
でも目を離す事ができず、ハルカがシンジを見上げてるのを見ていた。

「お願い・・チョウダイ・・」
「何を?」
「オチンチン・・・」
「なんで?」
「舐めたいの・・おっきなオチンチン舐めたいのっ・・」
「まだ我慢しろよ、変態女だな」
「言わないで、だって我慢できないんだもん」
「彼氏がいるくせに他の男のチンコが欲しいのかよ」
「欲しいの、おっきくて硬いオチンチン・・欲しいの・・・」

まるで夢でも見てるようでした。
あのハルカがこんな淫語を連発するなんて。
俺とのエッチからは信じられなかったし、こんな姿のハルカを見て興奮もしてた。
どういえば良いのか分からないけど、打っ倒れそうな感じなのに、目の前の事から目が離せない、しかもそれを見て信じられないほど興奮してる。
ハルカは「欲しいの」と言いながら、やらしい顔をしてシンジを見上げてる。
どうやら俺が見てるからチンコを出したくないらしい。

「オナニーでイッたらしゃぶらせてやるよ」
「だめぇ・・オモチャじゃイキたくない・・・」
「大丈夫だよ、その後もっと気持ち良くしてやるから」
「えぇ・・・そんなぁ・・・」
「やらないなら俺もうあっちに行くぞ」
「ダメダメっ・・・ここにいて下さい・・・」

ハルカはシンジを見上げながら、モノ欲しそうな顔をしてました。
でも手はバイブを離さず、同じスピードで出し入れを繰り返してる。
シンジの言葉攻めで興奮してるらしく、見つめながら激しく出し入れをし出した。
もうそこからは言葉にさえならない光景。
腰を浮かせてクネらせながら、ズボズボ激しく出し入れを繰り返す。
自分で乳首を摘まんで引っ張ったりしながら、ずっとシンジを見つめてる。

「もうイキそうですっ」
「イクのか?」
「はいぃっ・・・もうイッちゃいますぅ・・・」
「じゃいつものオネダリは?」
「あぁぁっ・・・ヤヨイのオマンコ・・・やらしいオマンコ・・・イッてもイイですかっっ?」
「しょーがねーなー、思いっ切りイケよ、ほら・・」
「はいっっ!!イクッ!イッちゃうっっ!!んくぅぅぅっっ・・・!」

もう言葉じゃ書けないほど、何言ってるか分からないぐらい喘ぎまくりでした。
しかもハルカはお姉ちゃんの名前を使ってたみたい。
ショックだったのは、終始シンジを見つめながらイッてた事実。
もうこの顔を見て、全て終わりだなって悟りました。

茫然としたまま壁に寄り掛かっていました。
シンジはハルカを風呂に入れ、俺に今がチャンスだぞ!と合図をしてきた。
2人が風呂に入ったのを音で確認し、俺は荷物を持って静かに出ていきました。
マンションを出た俺は、気が付いたら家に帰ってました。
途中の記憶が飛んでしまっていて、ハッ!と思った時はベッドで寝てました。

その日の夜、シンジからメールがありました。
「どうよ?ちゃんと撮影できたか?」と。
話そうか迷いましたが、結局言えずに「最高だったよ!」と送っておいた。
寝る前にハルカから、やっとバイトが終わったよ!とメールがきた。
嘘つけ・・・と愚痴りながら、お疲れ~おやすみ~と返した。
なんつーか、物事があり得ない事だらけだったので、どうして良いのかすら分からない。
ホントにあれはハルカだったのか?今日のは夢だったんじゃ?と現実逃避もしてた。
だけど撮影した動画を見ると、やっぱり映っているのはハルカ本人。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ