先輩の結婚相手は元同僚③

アズサは下を向いたり時々永瀬を睨んだりして、俺の方を見てこなくなった。
俺のフォローで少し落ち着き始め、永瀬が風呂に消えて行った。
気まずい雰囲気の中、なぜかアズサをフォローしなきゃという気持ちになり、俺は口下手なりに喋りまくった。

新婚だから毎晩ってのは仕方よね。
性欲なんて人それぞれだから。
仕事してみたら良いんじゃないか?
みんなする事だから・・・

俺の話を聞きながらアズサは黙って焼酎を飲みまくってた。
それで突然俺を睨むような顔をして振り返り『だってしょうがないじゃん!』と一言。
これはまた絡み酒になりそうな予感がすると思い、帰ろうかなという空気を醸し出してみた。
でもやっぱりダメで、アズサは無言の圧力をかけてくる。

俺なんてずっと使ってないから、毎晩でも余裕なんだけどね。
ほら、俺のってちょい人よりデカいのに、宝の持ち腐れだぜ?
しかもちょい変態だから誰も相手にしてくれないしさ。
そんな俺よりよっぽど幸せじゃん。
永瀬とオモチャを使い分けていけばいいわけだし。

もう何が何だか分からない事を喋りまくってた。
そしたら突然ゲラゲラ笑いだし、アズサは俺の肩をバシバシ叩いて大笑い。
必死に喋ったので何に笑ってるのか分からなかった俺に、アズサが『大きいの知ってる』と大笑いしてる。
なんで?と聞いたら、バイト仲間で有名だったらしい。
アイツのはこんなにデカくて、マジで宝の持ち腐れだと言ってたんだって。
笑いだしたアズサに安心した俺は、一気に畳みかけてみた。

初めて付き合った彼女は処女で、結局入らなかった話。
2人目の彼女とは何回に1回は出血しちゃって、ヤラせてもらえなくなった話。
我慢できなくなって行った風俗でも、アゴが痛くなったとか文句言われた話。
今までアズサには喋った事も無い下ネタを喋りまくった。
アズサも涙を流しながら大笑いして喜んでくれた。
これで安心して帰れるなと思い始めた頃、話が違った方向に向かい始めた。

『じゃーついでに見せてよ!』
『アホか!見せれるわけねーだろ』
『いいじゃん見せてよぉー減るもんじゃないし』
『いや、恥ずかし過ぎだろw』
『大丈夫大丈夫、アタシしか見てないからw』
『アズサ酔い過ぎだって』
『いいから早く!見せてみなさいw』

肩を掴んでくるし覗き込んでこようとするし、笑ってはいたが内心ハラハラもんだった。
あ、コタツで呑んでたから、コタツ布団を巻くって覗き込んできたわけね。

いいから早く!と体を揺さぶられ、どうにもこうにもいかない。
お前は子供かっ!てツッコミながら、内心焦りまくりだった。
終いには『永瀬が出てきたら・・・』という言葉に負けて、なぜか見せる状況に追い込まれた。
『一瞬だけだからな』と布団を捲り上げ、ベルトを外して上から覗けるようにして見せてやった。
『暗くて見えたいじゃん』『ちょっとー見えないってば』とアズサはいつも以上の元気。
もうどうにでもなれとボタンを外しジッパーを降ろして、おもむろにフニャチンをボロンと出してやった。
今でも忘れないあの瞬間、アズサは口に手を当てて絶句。
ゆっくり目線がチンコから俺の顔に上がってきて、1~2秒ぐらい見つめ合ってしまった。

我に返った俺は『はい、終了!終了!』と照れを隠すよう大袈裟に身振り手振りをしながらしまいこんだ。
アズサが何も言わないから気まずい雰囲気になり、ちょうどその時永瀬が風呂から出てきた。
風呂に入って酔いがまわったらしい永瀬は、『うぃぃ・・・っ』と変な事を言いながら目の前に座り、ビールを一気飲み。
アズサとは妙な空気になってたから、俺は黙って焼酎を飲んでた。
『で何だっけ?』と永瀬が虚ろな目で俺に問いかけてきて、宥めたりしながら数十分。
永瀬は後ろに倒れるようにして横になり、イビキをかき始めた。
どうする?ベッドに運ぶ?俺はアズサに聞いた。
んもぉー・・・と可愛く不貞腐れながら立ち上がったので、問答無用で俺も手伝うハメに。

脱力してるからすげー重くて、しかもアズサ自身も酔ってて力が入らないらしい。
かなりフラつきながら壁に何度も激突し、やっと寝室に入って行った。
最後は投げ出すようにしてやったんだが、アズサまでいっしょに転がってしまった。
四つん這いでケツを突き出す格好のアズサを見て、無性にムラムラし始めたのを感じた。
キュロットを穿いてたからパンツとかは見えなかったけど、プリッとしたケツが妙に艶めかしい。
永瀬の下に入った腕を抜こうともがくから、俺からはケツをクネクネ動かしてるようにしか見えなかったし。
ダメだと分かってたけど体が自然に動いてしまいました。
バックで後ろから突く様な姿勢で覆い被さり、腕を抜くのを手伝ったんです。
明らかに俺の股間は勃起してて、ビタっとアズサのアソコに押し付いてたと思う。

一瞬アズサも腰を引いて俺を振り返ってきたが、腕を抜こうとする俺に焦ったんだと思う。
俺を振り返ったかと思ったら、すぐに下を向いてしまいました。
『腕をこっちにやれよ』と強引に掴んだんだけど、永瀬がアズサの方を向いて体重を乗せてきてる。
俺はアズサの上に乗ってるのを楽しみたくて、わざとバックから覆い被さったままでいた。
初めは腰を引いてたアズサだったが、俺がグイグイ腰を押し付けているうちにケツを持ち上げてきたみたい。
遂には腕を抜く仕草をヤメてた俺にアズサはケツをくっつけてきた。
四つん這いでわざと腰を突き上げている姿勢のアズサ。
俺の股間はハチ切れんばかりに勃起し、アソコにグイグイ当たってるのが分かる。
布団に顔を押し付けながらアズサは下を向き、俺がグイッと腰を押し付けると押し付け返してくれた。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ