彼女とエッチしてくれ④

恥骨の上あたりからじょじょに指先を滑らせて行くと、クリトリス辺りで腰が突き上がった。
もっと触って!という体勢になっている。
ゆっくりクリトリスをクルクルと指先でこねくりまわした。
抱き付いたA子は俺の首に吐息を洩らしながら、腰をクイックイッと動かしている。

クリトリスの上を触った時点で明らかな事・・・A子のパンツがかなり濡れていた。
膣の方に指を滑らせると、ネッチョリした液体が下着を通り越しているのが分かる。
こんなに濡らしてるのか・・と俺も興奮状態。
そこで横から指を滑り込ませて、オマンコを直接触ってみた。
大洪水という言葉がピッタリなほどベチョベチョに濡れていた。

触ってみて「あれ?」と思ったのは、オマンコの左右に毛が無いという事。
陰毛が薄いのかなと思ってクリトリスを触りながら恥骨方向を触ったが、そこにも毛が無い。
もしかしてパイパンじゃねぇーか!と思わず息が荒くなった。
ヤバいほど興奮してきた俺は、吉井の存在を忘れてオマンコを触りまくった。
触れば触るほど濡れてくるエロいオマンコで、ゆっくり膣に指を入れ始めると、A子は俺の首にキスをしてきた。
チュッというキスから始まり、膣内の指を動かし始める頃には、首筋を舌で舐め始めていた。

ゾクゾクッとしてきて指の動きを早めながら、首を舐めているA子の口にむしゃぶりついた。
A子もそれに応じてきて、あの時見たように積極的に舌を入れて舐めまわしてきた。
夢中で俺はA子の舌を舐めた。A子も俺の舌をしゃぶるように舐めてきた。
しかもキスをしながら我慢できなくなったのか、喘ぎ声も交えながら舐めてきていた。
「んはぅっ・・・イイッ・・・・んはっん・・・・・あぅんっ・・・・」
いきなりトランクスの上からチンコを握ってきたかと思うと、脚の付け根からトランクスの中に手を入れてきた。
そして生チンを優しくシゴき出した。

「すごい・・・・大きい・・・・はぁぁん・・・・・すごい・・・・」

喘ぎながらうわ言のようにA子は囁いていました。
酔っ払っているからなのか、半分寝ぼけているのか、どうやら俺だと気がついていないようです。
ポコチンの大きさで分かるようなもんだと思うんだけど、まったく目も開いてない。

「マサ君の・・・・はうんっ・・・・かたい・・・・あぁぁぁんっ・・・・かたい・・・」

終いには吉井の名前まで言っていました。
この状況でいきなり俺がこんな事をしているとは普通思いませんからね。
彼氏のポコチンだと思うのも当然です。

それにしてもA子のポコチン弄りは最高でした。
シコシコとシゴくだけじゃなくて、ひねりながらシゴくんです。
握る力も強弱つけてくるし、時々亀頭を握ってグリグリと圧迫もしてくる。
カリを指先で擦ったりもするし、玉袋も揉んだりする。

オマンコに入れた中指を奥まで入れ、Gスポットから奥にかけてをゆっくり摩った。
クゥ~イッ・・・クゥ~イッ・・・とゆっくり擦った。
吉井からA子の性感帯は聞いていた。
だけど元カノが好きだった指の動かし方を自然とやっていた。
A子は腰を時折グイッと突き出したり引いたりするし、どうやら激しく動かして欲しい様子だった。

焦らそうとしたがA子は許してくれなかった。
俺の耳にしゃぶりつきながら、勝手に腰を動かし始めた。
じゃ~やってやるよと、中に入っている指を激しく動かしてやった。
耳を舐めながら「んはっんっ!!いやっ・・だめっ・・!イイッ・・・・あぅんっ・・・!あんっ・・・!」
と囁いてきた。これがトロけるほどヤバい。

指を動かせば動かすほどA子も腰を激しく振ってくる。
しかもオマンコが変則的に締めつけてきて、手の平に生温かい汁まで流れてきていた。
「だめっ・・イッちゃうから・・・だめっ・・・ねぇ・・・だめなのっ・・・イッちゃうのっ・・・」
ダメとか囁くくせに腰の動きはスピードアップしてる。
思わず俺の中のS心が燃えあがってきた。

突然俺は指の動きを止めた。
A子は勝手に腰を動かしながら「なんでっ・・・やめちゃいやぁ・・・なんでっ・・お願い・・イカせてっ・・」
耳にしゃぶりつきながら懇願してきた。
だから俺はA子の頭を掴み、布団の中に押し込んだ。
A子は察したらしく、途中から自ら股間へと近付いて行った。

下に降りて行く途中で、お腹や下っ腹、脚の付け根辺りを舐めまわすA子。
太ももや玉袋を摩りながら、丁寧にポコチン付近を舐めていた。
ポコチンに舌先が当たり、手も使わずにペロペロと舐め始めた。
舌が離れた瞬間、亀頭が口の中にすっぽりと含まれた。

とこの瞬間、A子がポコチンを口から離し、布団を跳ね上げながら飛び上がった。
俺もビックリしてA子を見たが、その時のA子の顔はまさに驚愕といった表情だった。
ポコチンを咥えた瞬間、俺が彼氏じゃないと悟ったらしい。
ブラはズレて乳首や乳輪がハミ出ている姿で、言葉にならないような何かを呟いていた。

俺はもう何も言わず、ムクリと起き上ってA子を抱きしめた。
A子は俺を押し退けるようにするが、ガッチリ抱き締めた力には敵わない。
そして強引に押し倒し、無我夢中でA子の唇にしゃぶりついた。
舌を入れようにも「んんんんっ!」と必死に口を閉じている。
だから片腕で首を抱きしめ、片手でオマンコを擦りあげた。
パンツは冷えた汁でベチョベチョだったから、その滑りを利用して激しく擦った。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ