アパートに通ってくる18歳①

大学生の時の話を投稿します。
普通に貧乏学生だった俺は、築15年ぐらいのアパートに住んでました。
駅からは遠いし見た目も汚いアパートでしたが、風呂トイレは一応完備していました。
近所に大家さんが住んでいて、家賃はなんと手渡し。
面倒でしたがその代わり何かと面倒もみてもらっていました。

俺が大学3年の時、大家に18歳の○○生が住んでいました。
大家さんの孫らしく、私立に通う為に親元を離れてきていたらしいです。
家賃を持っていた時に初めて会って、それ以来駅や近所で会えば軽く会話をする関係でした。

仮名ですが、リナとしておきます。
リナは大家さんとは全く似ておらず、かなり幼い感じの見た目でした。
プックリとしたホホに大きな目をしていて、黒髪に真っ白な肌なので清楚って感じ。
当時街中に蔓延っていたコギャルとは違うので、俺も喋りやすかったのかもしれません。
俺はかなり勉強ばかりして、やっと通っていた大学に入学していました。
一応高校時代に風俗で童貞は捨てたものの、完全に素人童貞ってヤツです。
そんな俺でしたが、リナは喋りやすく妹のような感覚だったのを覚えています。
リナは俺の事を「マーちゃん」と呼んでいました。

10月のある日、俺は風邪をひいていました。
なんとか頑張っていたんですが熱が40度ぐらいになってて、全く動けないようになっていたんです。
運悪く動けなくなった日というのは、大家さんに家賃を持って行く日でした。
動けませんし意識も朦朧としていたので、昼間の呼び鈴も夕方の呼び鈴にも反応せず。
夜になり電話が掛ってきて、俺が高熱で動けないのを伝えました。
そしたら大家さんが食事を持ってきてくれたんです。
次の日の夕方はリナが持ってきてくれました。

そんな事もあり、リナとはかなり仲良くなりました。
それからしばらくしたある夜、突然リナがやってきたんです。
何かなと思って聞くと、大家さん家族が旅行に出掛けていて暇なんだと言っていました。
お世話にもなったし「じゃ~ご飯食べようか」ってなって、下心とか無いままうちで食事を作る事になりました。
「得意だから!」と作ってくれたパスタとスープは美味くて、調子に乗った俺は地元の焼酎を振る舞ってしまったんです。
「時々おじいちゃんと呑んでるよ」と言っていたので、2人で普通に呑んでしまいました。
若気の至りってヤツです。

「マー君彼女いないの?」
「いるわけないじゃん。俺全然モテないし」
「そぉ?優しそうだからイケると思うけど」
「リナちゃんの方がモテそうだから、彼氏とかとっかえひっかえ?」
「えぇ~~最近はちょっとねぇ~」
「ん?彼氏と喧嘩でもしてんの?」

聞いてみると、今の彼氏は優しいんだけど変に子供だと言う。
要するに、会えばスグに体を触ってきたりエッチしようとばかりするらしい。
「若いんだから仕方ないよ」っていうと、もっと雰囲気を考えて欲しいとか文句を言ってた。
しかも自分の見た目に少々お困りなんだとか。
遊んでなさそうなイメージだと、ついつい性格を作っちゃうんだという。
演技しちゃってる自分に疲れてきて、もっと素の自分を曝け出したいらしい。

「そりゃ疲れるよね。女の子だってオナニーぐらいするだろうしさ」
「そうそう!女だってヤリたいって思うのに!」
酔っ払っているからなのか、いつもとはまるで違うリナがそこにはいました。
ミニスカートでアグラを組み、口調も飾らない喋り方になっていました。
しかも自ら積極的に下ネタを喋ってきていましたし。

俺は素人童貞でしたが、そんな素振りは一切見せずに喋り続けました。
「じゃ~リナ的には何がしたいの?ぶっちゃけ」
「えぇ~~なんかぁ~強引にヤラれちゃったり?軽く縛られちゃったり?」
「なんじゃそりゃ。簡単にいうとドMなわけね?」
「そうそうw イヤっとかいうと彼氏スグやめちゃうしさ。分かって無いんだよねぇ~」
「いやよも好きのうちか。縛って目隠しされて、バイブ突っ込まれたらどうする?」
「失禁するねw もう意識がぶっ飛んじゃうかもw」
「で、そんな事を妄想しながら毎晩オナってるわけね?」
「毎晩じゃねぇーし!w でもその妄想大好き」

初めのうちは下心なんて無かったけど、やっぱりそんな会話をしていたらダメでした。
でも大家さんのとこの孫だし、何かあったらヤバいよな~って葛藤してたんです。
その均衡を破ったのはリナ本人でした。
「ねぇ~お願いがあるんだけど」
「なに?お金ならやらんぞ?」
「お小遣いはいらないw オモチャあるじゃん?ピンクの」
「ピンクローターね?」
「うん、あれ買ってくれない?」
「俺が?」
「そうw だってアタシ恥ずかしくて買えないもん」
「う~ん・・・・じゃ今から買ってきてやるよ!」
「マジでっ!?そんなのここらへんで売ってんの?」

俺はチャリで10分ぐらいの国道沿いにある、ビデオ屋を説明しました。
何度も行っているから売ってるのを知っていたので、そこに行ってきてやるって言ったんです。
そしたらリナはスゲェ~喜んじゃって、誰にも言わないからお願いって抱き付いてきました。
抱き付かれて分かったのは、見た目以上に巨乳だった事。
ムニュニュっと押し付けられた胸に興奮した俺は、リナに条件を出しました。

「買ってくるのはイイけど、俺のお願いも聞いてくれる?」
「なになに?」
「買ってきたらそのオモチャ使ってオナるの見せてよ」
「えぇー!それはダメ!恥ずかしすぎる!w」
「じゃ~買ってこないぞ?どうする?」
「なんだよー!それぇ~。ちょっとだけじゃダメ?」
「イイよ、ちょっとだけ見せてくれれば」

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ