同窓会で会った同級生③

アソコの両サイドをゆっくり指先で愛撫している間、マイは俺へ激しくキスしまくり。
苦しくなるほどキスしてくるから、お互いにハァーハァー息切れ状態。
パンツ越しにアソコの中心を、アナル方向からクリトリスへゆっくり優しく上下にさすった。
パンスト越しでも分かったが、もうかなり濡れていた。

「まだほとんど触ってないのに、すげぇ~シミになってるぞ」

「えぇ~恥ずかしい・・・・」

「そんな淫乱だと彼氏も大変だろうな」

「そんな事ないよぉ~彼氏してくれないけど・・・・・・」

指先に力を入れて、人差し指と中指で割れ目に沿うように触った。
これだけでも気持ちイイらしく、腰をくねらせて軽く喘ぎだした。
クリトリスに中指の腹を押し当ててグイグイ押しこむと、喘ぎ声はさらに大きくなる。
グリグリグリ~っと円を描くように擦り上げると、俺のチンコを握りながらしごき出した。

「すごぉ~イ・・・・・こんなに硬くなってる・・・・はぁんっ・・・・・んあぁっ・・・・」

キスを再開してクリトリスを攻め続けた。
マイはジッパーを降ろし始めて中に手を突っ込み、トランクス脇から生でチンコを触り出した。

「いやぁ・・・・凄いよ・・・・硬い・・・・んぁぁ・・・・あっあっ・・・・・硬い・・・・」

喘ぎながらキスをして、チンコを激しくシゴく。

「あぁ・・・先から出てるよぉ~凄い出てるぅ~・・・・やらしぃ~~~・・・・」

先走り汁を指先で亀頭に擦り付けてきた。
その指先の動きがエロくて気持ち良くて、下手したら手コキでイカされるような気がしてきた。
手の平をアソコ全体に当たる様に押し当てて、ズリッズリッと擦ってみた。

「ダメッ!ダメっ!それイッちゃうからっ!ダメっ!」

急に腰を動かして俺の攻めから逃げ出した。
前屈みになったマイはそのまま俺の股間に顔を近づけ、トランクスのボタンを外し始めた。
俺は巨乳を揉みながら期待していると、案の定そのままチンコを外に引っ張り出した。

「あぁ~~彼氏より大きいぃ~~凄い硬いしぃ~~~濡れてるぅ~~」

根元をシコシコとシゴキながら、尿道をペロリと舐めてきた。
そしてスグに亀頭全体を舌先でクルクルと舐め回してきた。

「うわっ・・・・お前フェラ上手いだろ・・・・舌の動きがすげぇ~よ・・・・」

「そぉ~お?フェラは好きだからかなぁ~」

亀頭を舐める舌の動きが絶妙で、カリを中心に舐め回す。
思わず目を閉じてその感触を楽しんじゃうほど上手いフェラ。
十分舐め回して亀頭全体をジュポッと口に入れ、そのまま口の中でも舌で舐めまくり。
その間、ずっと根元をシコシコとしごいてるんだから、これじゃ~早漏だったら撃沈だろうって思った。

マジで?と思うぐらい奥まで咥えてきた。
まさにディープスロート。
亀頭に喉チンコが当たる感触があったし、その奥にまで突っ込んでた。
ジュルジュルと次第に激しくしゃぶり出したので、これは・・・と思って泣く泣く中断させた。
フェラでイク事はないと思ってたけど、もしかしたらヤバいかもって思って。
中断させてそのままキスをしばらく楽しんだ。

「この後、うちで飲み直そうよ」

「えぇ~~どうしよっかなぁ~~」

「お前が襲ってこなければの話だけど」

「普通逆でしょ!アタシは襲いませんよ!」

「じゃ~行こうぜ。ここからタクシーで20分ぐらいだし」

カラオケから出てタクシーに乗り、近所のコンビニで買出しして部屋に行った。
元カノと同棲する為に引っ越したんだけど、その後すぐに別れた部屋。
結局元カノは半同棲しただけで、荷物も今では何も無い。
実家にいれば良かったと後悔したが、この日初めて良かったと思えた。

部屋に着いて軽く飲み、当然の流れでまたキス。
今度はお互いに遠慮もなく、互いの体を弄り合いながらキスをした。

「ねぇ・・・シャワー浴びたい・・・・・」

「イイよ、俺のTシャツ貸してやるよ」

シャワーを浴び始めたので俺はベッドを綺麗にして、ゴムを久し振りに用意した。
そんで勝手に乱入。
初めて全裸をそこで見たんだけど、すげぇ~ナイスバディーだった。
もう元カノなんて比べ物にならないぐらいのスタイル。

「なんで入ってくんのよぉ~~出てってよ~!」

「イイじゃんイイじゃん、体洗ってくれよ」

チンコをクイクイッと動かしながら言うとマイは爆笑。
仕方ないなぁ~と言ってキスをせがんできた。
マイは洗い終えたらしく、ちゃんと俺の体を手の平だけで洗ってくれた。

「洗い方がエロいな、彼氏にもそうやって洗ってるの?」

「だから今は一緒に入らないんだってば」

洗い終わって軽くフェラしてもらってからシャワーを出た。
俺のTシャツをノーブラで着てるもんだから、透け乳がなんともエロい。

「マイってマジで美乳なんだな。その大きさだと垂れててもおかしくないじゃん?」

「垂れないように頑張ってんの!」

透けてる乳首を指でクイクイ触りながら、軽くキスをした。
その時ビックリして心臓がドキドキしたんだけど、いきなりマイの携帯が鳴り始めた。

「あっ・・・彼氏だ!喋っちゃダメだからね!ダメだよ?」

「分かってるよ。酒飲んでるからそっちで喋ってなよ」

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ