初体験は風俗嬢①

高校2年になった6月に、先輩の紹介でバイトを始めた。
いわゆる消費者金融ってのでして、数年後に闇金だった事に気が付いたような会社。
とは言っても俺は会社の中でお茶を出したり掃除したり、コピーしたりの雑用係。
一切業務については知らなかったし話されもしなかった。

忘れもしない9月の第一週目。
部長と呼ばれてた会社の人が、ある女性を連れてきた。
商談する時に使う小部屋に俺はお茶を持って行った。
凄く暗い感じの人で、なんとなく人生に疲れてるっていうかやり切れない雰囲気の人だった。

どっちかっていうと美人な人で、ワンピースから見える谷間が印象的だった。
派手な外見じゃなくて、質素なんだけど美人なお姉さん。
お金借りに来たんだぁ~って、ただそのぐらいしか思わなかった。

それから11月になり、よくメシに連れて行ってくれたりしたヒロシさんという人に、ある晩誘われた。
俺は酒なんて呑まないから、その時も焼き肉をジャンジャン食べまくり。
「お前さぁ~童貞だろ?彼女とかいねぇ~の?」
「欲しいんですけどね、モテないんですよ」
「もっと積極的にいけよ、強引なぐらいがイイんだぞ」
「はぁ。。」
「いいか?女ってのはなぁ~・・・」
いつも言われてた話をまたされ、半分以上聞き流しながら焼き肉を食べてた。

少しして丁度良くヒロシさんの携帯が鳴り、途中から俺をチラチラ見ながら喋ってた。
「じゃ~行きますよ。はい、連れて行きます。喜ぶと思いますよ」
そんな感じの事を言って電話を切ったヒロシさん。
「メシ終わったらちょっと付き合えよ。部長が呼んでるから」
「あの人怖いから苦手なんすけど」
「そうかぁ?お前の事気に入ってるみたいだぞ」
「はぁ。。」

晩くならないのであればって事で、焼肉屋を出た俺たちはタクシーで会社に戻った。
「こっちこっち」とヒロシさんは社長室へと入って行った。
掃除とかでしか入った事のない社長室に入ると、ソファーに9月見たお姉さんが座ってた。
向かいに部長が座っていて「おぉ~こっち座れ」と笑顔で迎えてくれた。
こんな上機嫌ぽい部長は初めて見た。

「タカシ、お前童貞なんだってな?どうだ?この女」
「えっ?何すか?」
「だから、お前の童貞を世話してやろうって事だよ。この女じゃダメか?」
「えっ?いや・・・はぁ・・・」

お姉さんは下を向いたままジッとしてる。
意味が分からなくてヒロシさんに助けを求めたが、ヒロシさんはニヤニヤしてるだけでした。

「でも・・・俺・・・知らない人とはちょっと・・・」
「なぁ~にガキみたいな事言ってんだ?こいつじゃ不満か?」
「不満とかそんなんじゃなくて、やっぱり初めは彼女がいいなぁ~って・・・」
「ったく・・しょうがねぇ~なぁ~。ヒロシ、タクシー呼んでやれ」

もう帰っていいぞっていう合図だと思ったので、俺は立ち上がりました。
その時お姉さんがチラッと俺を見ました。
だから思わず「スンマセン。。。」と頭を下げちゃいました。
そのまま俺は帰され、タクシーでなぜか帰宅しました。
タクシー代はもちろん部長が出してくれました。

次の日になり、ヒロシさんに聞いたんです。
「昨日のは何なんすか?」
「あの女借金返せなくてな」
要するに、借金返済の目処がたたず、今日から風俗で働く事が決まったんだそうです。
だからその前に、部長とヒロシさんで味見をしたんだって言ってました。
俺が童貞だからという事で、まず俺に味見させようとしてくれたらしい。
今だったら笑って食べちゃうかもしれないけど、高校生の俺にはそんな事できるわけなかった。

「あの女スタイルも感度もすげぇ~ぞぉ~。勿体ないねぇ~タカシ君」
しばらくの間はヒロシさんにそうカラかわれてました。

高3の夏で俺はバイトを辞め、普通に大学生になりました。
モテるような見た目じゃない俺は、大学生になっても童貞のまま。
焦った俺は合コンに行きまくって、とうとう彼女ができたんです。
可愛いとは言えないけど、初の彼女でした。

どうやって手を出したら良いのか分からず、付き合って2カ月しても手を握るだけの関係。
周りは童貞なんていなかったし、恥ずかしくて聞くに聞けない状態が続きました。
実は彼女も処女だったので、お互いにどうしてよいか分からなかったんです。

そんなある日の日曜日、友達と渋谷に買い物へ出掛けました。
夕方18時ごろ、マックで友達とダベってたんです。
何気なく友達の背後に座る女の人に目をやると、あの時のお姉さんが座っていました。
もう2年近く前でしたが、俺にはすぐに分かりました。

思わずジッと見ちゃってたんで、お姉さんも俺の方を見てきたんです。
そしてお姉さんも気が付いてくれました。
「あぁ!」
「どうも。。」
「あの時の高校生?」
「はい。。」
「やだぁ~誰かと思ったぁ~。今は大学生?」
「はい、そうです。お姉さんは?」
「アタシはずっと同じ。知ってるんでしょ?」
「まぁ~少しだけ。。」
「ねぇねぇ、これあげる。アタシこれから仕事だから連絡して」

お姉さんからもらったのは、思いっ切り店名が書いてある風俗の名刺でした。
源氏名は加奈子。言われてみれば榎本加奈子に似てるので、そっちから取ったんだろうって名前。
裏には手書きで書かれたメアドと電話番号があった。

メールしようか普通に悩んだ末、俺はメールを出しました。
彼女との事で少しでも助言をくれたらって思ったから。
お姉さんはいつも夕方から深夜まで仕事をしているらしく、それ以外はマメにメールをくれました。
慣れてきた頃に俺も彼女との事を相談し始めて、ちゃんと真面目に答えてくれました。

「女の子に慣れないとダメよ」
「でも男兄弟の中で育ったから、慣れたくても慣れないんですけど」
「じゃ~今度アタシに付き合いなさい」

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ