久し振りに会った幼馴染②

強がってたけどフラれてかなりショックだったんだと思う。
俺はドキドキしながら横に寝た。
えっちゃんは俺のドキドキなんて気にしてないようで、普通に寄り添ってくる。
ノーブラらしく、左腕にオッパイが完全に乗ってるし、女の子特有のニオイが嫌でも鼻につく。
当然俺の股間はフル勃起。

「ねぇ…たっちゃんドキドキし過ぎだよ、心臓凄い鳴ってる」
えっちゃんが俺の胸に手の平を乗せてきた。
それでより心臓がドキドキするし、息まで荒くなってたと思う。

「女の子と付き合った事無いんだよね?」
「あぁ…まだ無いよ」
「じゃこうやって寝るのも初めて?」
「当たり前だろ、童貞なんだから」
「うっそぉ~・・・風俗とか行った事無いの?」
「勇気が無いから行けないんだよ」
「珍しい・・・好きな子いるの?」
「いないよ、だって俺の学校男ばっかだし」

ドキドキしながら喋っていると、突然えっちゃんが上に覆い被さってきた。
「ねぇ…ギュッとして・・・」
えっちゃんは上から抱き付いてきた。
だから俺も背中に手を回し、こうでイイのかなって思いながら抱き締めた。
結構な強さで抱き付いてくるから、俺も強く抱きしめなきゃいけないのかと思って、強く抱きしめた。

「いたいよぉ・・・もぅ…苦しいでしょ…」
なぜ怒られてるのかも分からないでいると、今度は勝手にキスされた。
もう初めてのチューです。
えっちゃんのセミロングの髪が顔にバサバサと掛ってきて痒かったけど、心臓はうるさいほどドキドキ鳴りまくってた。

何度もチュッ・・・チュッ・・・とキスをされて、その後初めて舌を絡ませるディープキスをした。
俺が舌を絡ませるというより、えっちゃんに舌を舐められてるキスだった。
フル勃起したチンコはもうバレバレで、腰を浮かせたえっちゃんはチンコの上に乗ってきてた。
ちょうどアソコでチンコを押し潰すような体勢。
しかも舌が想像以上にレロレロジュルジュル動かしながら、アソコでムギュムギュと圧迫してくる。
それだけなのに確実に先走り汁は大量放出。

両ホホを手の平で挟まれ、好き勝手にキスされてる。
「むはぁん・・・んっ・・・はぅんっ・・・」て声を洩らしながら、えっちゃんはキスしてた。
「すごいね・・・興奮する?これ・・・・・当たってるの分かる?」
「ゴリゴリ当たってるの分かるよ・・・」
「気持ちイイ?アタシ・・・すごいイイよ・・」
「俺も気持ちイイ・・・えっちゃんエロ過ぎだよ」

下で両親が寝てるし、バレちゃんじゃないか?っていうドキドキもあって、死ぬほど興奮してた。
「触って・・・」右手を掴まれ、えっちゃんの胸に手を押し付けられた。
ぎこちない揉み方だったと思う。力加減すら分からないし、ただ揉むしかできなかったし。
それでもえっちゃんは「んぅっ・・・あぁふっ・・・」って喘ぎながら、俺の舌を舐めまわしてた。
えっちゃんの胸は柔らかくて、手の平じゃおさまらないほど大きかった。
スエットの上からでも分かるぐらい乳首は硬くなってたし、コリッと触ると舌を猛烈に吸ってくる。

20分ぐらいキスしてたと思う。
「たっちゃん・・・舐めてあげようか・・・」
えっちゃんは上に乗ったまま下にさがっていって、布団の中に隠れてしまった。
マジかっ!初フェラかっ!マジでかっ!と心臓はバクバク。

スエットの上から勃起したチンコを撫でられ、ゆっくりスエットを脱がされた。
亀頭が引っ掛かってうまく脱げなかったのを、えっちゃんがチンコを握ってくれてなんとかセーフ。
勃起したチンコを初めて握られたわけで、それだけでも下半身が痺れる思いだった。

ゆっくりシコシコとシゴかれてたのが分かった。
亀頭にアツい吐息もかかっていて、えっちゃんは足の間に陣地をとったらしい。
今か?今か?と思った矢先、亀頭に生温かい滑った感触が伝わってきた。
その感覚は尿道辺りから亀頭全体に広がり、カリや裏スジにまで伝わり始めた。
亀頭を舐められてる・・・そう思った。
いきなり咥えてくるわけではなく、優しくねっとりとした動きで、亀頭全域を舐めているようだ。
気持ちイイ・・・ヤバいぐらい気持ちイイ・・・
思わず俺はえっちゃんの腕を掴んだ。

その瞬間、亀頭がアツくなり、今度は竿の半分までがアツくなった。
とうとうチンコを咥えられた瞬間だった。
「たっちゃん・・・・・・・」
「何?」何か言ってるらしく、聞き取れなかった俺は布団をめくった。
「たっちゃん大きいよ・・・・口に全部入らないよ・・・・」
思わず赤面してしまうほど恥ずかしかった。
今までAVやエロ漫画でしか聞いた事の無いエロい台詞を、たった今聞いたんだ。
それだけで反応してしまい、脈打っているのが分かった。
「ドンドン硬くなってる・・・先っちょパンパンだよ・・・気持ちイイ?」
「すげぇ~気持ちイイ・・・」

布団の中でえっちゃんの頭が小刻みに揺れてた。
俺は全神経をチンコに集中させて、どんな風にどこを舐めているのか想像してた。
えっちゃんはジュルジュルと頭を上下に動かしながらしゃぶったり、玉袋や裏スジ、亀頭を優しく舐めまわしたりする。
もちろん右手で根元をシコシコとシゴくのも忘れてない。
あぁ・・・・こりゃ無理だ・・・・絶対もたない・・・・

続く。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ