エロいナースと入院中に③

前後左右に腰をグラインドさせ始め、次第に夢中になっているRちゃんを眺めていた。
腰にだけナース服がまとまっていて、オッパイを丸出しのナースが腰を振ってる姿。
クイックイッと腰を動かしてたかと思うと、グイングインと左右に腰を振る。
可愛い顔してエロいなぁ~って眺めてた。

「あぁ。。。イッちゃいそう。。。イイ?イッても。。イイ?」

「イイよ、俺のチンコでイッてもイイよ」

「アァ~それエロい。。。」

腰の動きが激しくなって声を押し殺しながらRちゃんはイキました。
このイキっぷりもエロかったですねぇ。
小さい声で「イクッ!」と言い、腰の動きが連動して、クイッ。。。クイッっ!クイィッッ!と動く。
オッパイもプルンプルン揺らしながら、俺の上で絶頂を味わってました。
チンコにも感触は伝わってきました。
イクッ!と言った瞬間、中も収縮してきて、キュッキュッと締めつけていましたし。

イッた後しばし俺に抱き付きながら余韻に浸ってました。
俺のチンコはその間も勃起しているので、アソコにグッサリ突き刺さってます。

「イッてもまだ硬いのが入ってるってイイ~よねぇ~」

ニヤニヤしながらそんな事を言ってるので、相当エロい子だと思います。
本気になったRちゃんの腰の動きに、その後数分で果てました。

「イカせてあげるね」

とRちゃんは腰の動きを激しくさせていきました。
しかもキスをしてきたり耳や首筋を舐めながらです。
耳を舐められながら吐息交じりの喘ぎ声を吹きつけてきますから、それはもう最高でした。

「もうイキそう」

「イクの?」

「イキそう」

神業ともいうべきタイミングで腰を浮かせて、そのままRちゃんはチンコにしゃぶりつきました。
口にくわえて数回しゃぶった瞬間、口の中にドバドバと精子を放出しました。
出るタイミング合わせてバキュームを繰り返し、最高の射精を楽しめました。

満足して爆睡してた俺を起こしに来たのは元カノでした。
午前中のうちにタオルでチンコをまた綺麗にしておきましたが、午後に体を拭かれた時言われました。

「もしかしてRちゃんとした?」

「なんで?」

朝Rちゃんに会って話してた時、なんとなく雰囲気が違ったというのです。
それで俺のチンコを見たら、陰毛が粉っぽくなってると。

「もう最悪」

「だってお前は入れさせてくれなかったしさぁ~」

「もう舐めてあげないからね」

そうはいっても次の日にRちゃんが来て、またエッチしました。
昼間に来る時は、Rちゃんがフェラしてくれたし。
そんな日々が続いたある夜、珍しく元カノが夜勤で入ってきました。
確かあれは23時過ぎだったと思います。

「昨日もまたしたの?」

「そんな毎回するかよ、してないっすよ」

「へぇ~~」

「今日は朝まで?」

「そうだよ、また後で見回りにくるからね。ちゃんと寝てなさいよ」

「へいへい。分かりましたよ」

3時ごろになって眠れずタバコを吸っていると、元カノが巡回にやってきました。

「何してんのよ」

「だって眠れないからさ」

元カノはベッドに腰掛け、俺はタバコを吸ってました。
Rちゃんの時と全く同じシュチエーション。

「Rちゃんとアタシとどっちが良かった?」

コイツは何を聞いてくるんだと思ったけど、やっぱり後輩に負けたと思いたくないらしい。
正直どっちもどっちだったけど、スタイルで言えば元カノが勝ってる。

「やっぱさぁ~お前の方が良かった気もするけど」

「けど何よ」

「もうずいぶん前の話だからね。忘れちゃったよ」

椅子に座ってタバコを吸っている俺の方にやってきて、俺の手を取っていきなり胸を触らせてきた。

「この胸より?」

「胸は文句なくお前の勝ちだろ。お前のスタイルは最高だからなぁ」

「当たり前じゃん」

「ねぇ。。ここで舐めてよ」

パジャマを下げて勃起したチンコを露出すると、元カノはその場でヒザを付いてしゃがみ、フェラしてきた。
もう何という天国かと(笑)
元カノやRちゃんに性処理してもらえる日々なんだからねぇ。

ベッドに戻って横になると、元カノもベッドに乗ってきてフェラを開始。
Rちゃんを意識してか、いつも以上に丁寧なフェラ。
さすがに俺のツボを知ってるので、フェラだけでイカされそうになる。

「ねぇ。。入れようぜ?このままじゃ口に出ちゃいそうだよ」

「入れたいの?」

「うん、入れたい。入れて腰を振ってる姿が見たい」

「もうぉ。。。」

Rちゃんと同じようにパンストとパンツだけ脱ぎ、上に乗って騎上位で入れてきた。
腰を動かしながら元カノは全裸になってきた。
久し振りに見る全裸に興奮した。
昔と変わらず胸の形も崩れてないしスタイル抜群。
俺のパジャマも脱がされ、体中を舐めながら騎上位で腰を振ってきた。

情けないというか元カノが激しかったからなのか、10分ももたなかったと思う。
イキそうになるとフェラに切り替え、口の中でイッた。
元カノは俺の精子を呑みこみ、その後も愛おしくチンコを舐めてくれた。
Rちゃんとは違った愛情が感じられる幸せなひと時だった。

2人して何を考えているのか分からなかったけど、その後も2人とエッチしてた。
夜勤で2人が重なる事もなかったし、別々で部屋にやってきてたから、そのまま当然のようにエッチしてた。
俺が寝ているとパジャマの上からチンコを触ってきて、脱がされてフェラされて入れるみたいな。
打撲が良くなって動けるようになった頃には、ベッドの外に立ってバックをやったりもした。

笑えるのは退院後。
メアドを教えていたから、元カノともRちゃんとも個別で会ってエッチもした。
動けるようになってから、俺の部屋で病院とは違ったエッチを毎回してた。
なぜか一気に2人のセフレができちゃったって感じで。
元カノもRちゃんも、俺がそれぞれと会ってる事を知ってる。
知ってて俺の部屋にきて、どうだった?とか聞きながらエッチを求めてくる。

このままじゃ彼女が欲しいなんて思わないなぁ。
週に3回はエッチしてるし、なぜか世話までやいてくれてるし。
女心ってのは分からないもんですな。

終わり。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ