グラビアアイドルの卵④

キスをしながら、オッパイを少し強めに揉みました。
すると喘ぎ声が本気っぽくなってきた。
乳首は硬くなっていて、指で摘まんでグリグリすると、必死で声をおさえながら激しいキスをしてきました。
手を胸からお腹に移動させてそのまま下に下がっていくと、モジモジして手を避けてきました。

「そこ・・は・・・ダメっ・・・ねっ・・・お願い・・・」

「なんで?またグチョグチョになってるくせに・・」

強引に手を入れると、やはり濡れまくりでした。
さっきなんかよりもずっと濡れまくりでした。

「また指でイッちゃうの?ほら・・・また足がプルプルしてるぞ」

「はぅ・・・んっ・・・も・・う・・・ダメ・・・いやっ・・・」

「みんなに聞こえちゃうだろ?」

「だって・・・あっ・・・ダメって・・ば・・・いっ・・・」

僕はマミに舌を突き出しました。
するとその舌にマミはシャブリついてきたんです。
相当本気モードになっているのが分かりました。
濡れ濡れのアソコに指を2本入れると、立ってられない状態になりました。
腰を抱えるようにして無理矢理立たせながら、激しくアソコをかき混ぜます。

「いやぁ・・・っ・・・いっ・・・いっちゃ・・・う・・・んっ・・あっ・・」

ガクンとマミはしゃがみこみました。
指をみると2本ともフヤけていました。それだけ濡れていたんです。

僕はパンツをズリ下げて、チンコを露出しました。
初めからギンギンでしたし。

「ほら・・・自分だけ気持ち良くなっちゃダメでしょ?」

「う・・・ん・・・・」

ノソノソと動きながら、予想外にも素直にチンコを握ってきました。
そして舌先で亀頭を舐め始めたんです。
どこで覚えたのか、舌の動きは絶妙です。

「うまいな・・・もしかしてフェラ好きなの?」

「んぐっ・・・そんな事無い・・・」

唾液がどんどん出てくるのか、かなりウマいフェラでした。
玉袋も軽く揉みながら、ねっとりとしたフェラです。
気持ちイイーなぁーと思っていると、いきなり扉の開く音が聞こえました。
そして足音が向かってきたんです。

ガチャガチャ・・・

「入ってるよ!誰?」

「あぁ・・ゴメン・・・」

「マミちゃんが今吐いてるからさ、ちょっと待ってて」

「はぁ~い」

足音が遠ざかって、扉の閉める音が聞こえました。

「危なかったな?マジでビビった(笑)」

「ホント・・・もう出ようよ」

「じゃ・・最後に・・・」

マミが立ち上がると後ろを向かせて、パンツを一気に脱がしました。

「ちょっと!マジでヤバいでしょ!聞こえちゃうってば!」

「大丈夫だよ。最後まではしないから」

亀頭でアソコをなぞると、クチョクチョと音がします。

「こんなになってるくせに、ヤバいもないだろ」

「いやっ・・・はぁう・・・んっ・・」

亀頭がニュルりと入ると、マミは口を手で押さえました。
ゆっくり入れて奥まで到達すると、マミの腰がビクビクし出しました。

「そんなに気持ちイイのか?ゆっくり動くだけで」

「んん・・・・」

怪しまれるといけないので、ゆっくり出し入れを少しだけ楽しみました。
抜いてみると、マミの液体でテカテカです。

「これじゃパンツ穿けないから綺麗にしてよ」

僕はティッシュで拭いてくれるかと思ったんです。
でもマミは目の前にしゃがみこんで、さっきまで入れていたチンコを舐め始めたんです。
これにはマジでビックリでした。
完全に目がエロモードでしたし。

演技でマミを支えるようにして部屋に戻りました。
さっきトイレに来たのは22歳の子らしく、部屋に入ると起き上ってきました。

「マミさん大丈夫?」

「うん・・もう全部出したから平気っぽいよ」

「じゃベッドに寝せないとだね」

「トイレ使ってイイよ、オレが寝かせておくから」

全く怪しむ事もなく、22歳の子はトイレに行き、戻ってきてもスグに寝てしまいました。
ベッドの奥にマミが寝たため、僕は何も出来ずに寝るしかありませんでした。

22歳の子はマミに気を使って、僕と同じように下で寝ました。
布団は1枚しか無かったので、僕と二人で使って寝ていました。

寝苦しくなって起きてみると、その22歳の子が僕に抱き付いて寝ていたんです。
肩に巨乳がモロにむぎゅっと押し付けられていて、僕の片足を股の間に入れて寝てるんです。
マミの件もあるので、どうしようか悩みました。
とりあえず我慢する方向にして、ちょっとだけ悪戯をしました。

挟まれた足を曲げて、モモをアソコにあてがったんです。
初めは軽くでしたが、次第に強めに押し当てました。
すると寝息でフゥーフゥー言いながら、少しだけ腰が動き出したんです。
ズリ・・・ズリ・・・というゆっくりしたペースで。

寝ているのか起きているのか分かりませんでしたが、腰はゆっくり動いています。
これじゃ我慢できそうもないと思い、苦渋の思いでアソコから離しました。
そのままちょっと待ってみて、僕は起き上がりました。
このままじゃ寝れそうもありませんでしたし。

キッチンに行ってコーヒーを入れました。
コーヒーを飲みながら煙草を吸っていると、ソファーで寝ていた子が起きてきました。
一番酔っ払っていなかった子です。

「寝れないの?」

「まぁ~ね。あんな可愛い子達が寝てたら、緊張して寝れないでしょ(笑)」

「そう?アタシなんて爆睡しちゃってたけど」

「ソファーで?首痛くない?」

「そうそう。首が痛くて目が覚めたの(笑)」

「コーヒーでも飲む?」

結局この子と朝まで喋って時間をつぶしました。
朝になってマックに買出しに行って戻ると、マミも起きていました。

「二人でどこに行ってたの?」

ちょっと不貞腐れた感じでマミが聞いてきたので、思わず笑ってしまいました。
怪しんでるって事は、少しは脈ありかなと思ったので。
マック買ってきたと分かると、いつも通りになってましたしね。

この日からマミとの楽しい生活が始まったのですが、その体験談は後日報告します。

終わり。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ