隣のお姉ちゃん②

オレは固まってしまって、何も言えないし何もできなかった。

「ちょっと練習。まだチューした事無いから練習ね」

そんな事言われても、どうしたら良いのか分からなかった。
固まったオレをみて、お姉ちゃんは笑ってた。

「チューした事無いの?」

「ないよ。初めてされたよ」

「へぇ~そう~なんだ。でも本当のチューは違うの知ってる?」

「本当とかウソとかあるの?」

「あるんだよ、教えてあげようか?」

そう言ってまたお姉ちゃんはキスをしてきた。
そして今度は舌を入れてきた。
その瞬間、オレは身を引いてしまった。

「なっ!なに?それ!」

焦ってたし驚いてたし、もう完全にきょどってた。

「本当のチューは舌も入れるの!」

「マジかよ!なんか変だよそれ」

「まだお子ちゃまだからねぇ~耕ちゃんは」

「そんな事ないよ、初めてだからビックリしたんだよ」

「そう?じゃもう一回練習しようか」

それから何度もキスをした。
舌をどう動かせばイイのか分からなかったけど、お姉ちゃんの舌を舐めていた。
当然のように勃起もしちゃってて。

「こらっ!」

いきなりそう言いながら、お姉ちゃんはチンコを握ってきた。

「なにすんだよ!痛いじゃんか」

「やらし~!でっかくなっちゃって!やらし~」

もう恥ずかしくて仕方が無かった。
人にチンコを触られた事も無かったし、勃起してる事に恥ずかしかった。

「ねぇねぇ、こうすると気持ちイイんでしょ?」

お姉ちゃんは握った手を動かしてきた。
これがもう信じられないくらい気持ち良かった。

「ちょっと見せて?ねっ?」

「いやだよ。なんで見せるんだよ」

「じゃ~もう勉強教えないよ?イイの?」

「なんでそうなるんだよ。無理だってば」

「じゃ~もう教えない。赤点取りなさい」

「なんだよ…じゃ~ちょっとだけだからね」

もうはち切れんばかりに勃起していたチンコを見せる事になった。
恥ずかしさと得体の知れない興奮で、完全にパニくってた。
下にはおばちゃんもいたし。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ