体育会系女子大生をお持ち帰り@2P

今からちょうど4年前。
2010年南アフリカのワールドカップ真っ只中だった。
サッカー好きな友人達と中目黒の友人宅でサッカー観戦してた。
俺は日本が出るから応援してるだけでサッカー経験すら無し。
デンマーク戦だったかな、早朝の4時ぐらいからのキックオフだったと思う。
記憶が曖昧なので間違ってたらゴメンw
俺達が集まってる部屋以外でも大騒ぎなのは窓を開けたらすぐ分かった。
黄色い声も聞こえたが、ほとんどは俺達と同じ男だらけだったみたい。

前半が終わって急いで買い物に出ると、1階の店は大騒ぎになってた。
そこには日本代表のユニホームを着た若い女の子たちがウジャウジャいる。
みんな顔を赤くしてて酔ってるのと同時に興奮もしてた。
「こっちに来た方が楽しくね?」
友達と相談し、後半は下にあるカフェみたいな店に移動した。

店内に入り切れない客が外にも出ていて、俺達も外にあぶれ出てた。
でもそこには若い女の子の集団がいたから、一緒に盛り上がって楽しかった。
日本が点数を入れたら、見知らぬ女の子と思いっ切りハグしちゃったりもする。
初めはハイタッチだったけど、興奮しちゃって強めのハグしまくり。
女の子のイイ香りとオッパイの柔らかさに、違った意味で興奮してた俺。

実はその時、俺は1人の女の子をちょっと狙ってた。
160cmぐらいの身長でムチムチ系の女の子。
基本的にムチムチ系で貧乳は嫌いだが、この子は揺れからして巨乳だと分かった。
だからその子の隣に移動して、得点するたびにハグしまくり。
後半も終わりに近づいた頃には、俺の腕とかグイグイ掴んでくる。
興奮しちゃって失点しそうになると俺の体をガンガン触ってきてた。
だから俺も同じように触っちゃってたw

そのまま日本の勝利。
試合が終わっても店内は大興奮。
ハグしまくった女の子達と乾杯しまくり。
友達が頼んだウォッカをショットグラスで一気飲みの乾杯。
無くなったらテキーラに変えてまた一気飲みの乾杯。
驚いた事にその女の子集団は友達よりもガンガン飲みまくりだった。
水のように飲むから心配になったが、ぜんぜん余裕っぽい。
聞けば運動部のバリバリ体育会系の女の子達だった。

「よーし!今日はオッチャンがご馳走してやるから行くぞぉ!」
酔っ払った友達が声をあげると、体育会系女子もノリノリだった。
街中は同じように酔っ払った人間がウジャウジャいた。
だからそのままカラオケに入り、そこでも大騒ぎしながら飲んだ。
そして1時間ちょっとした頃、ようやく女の子達が静かになり始めてくれた。
泥酔して寝る子がいたり、トイレから出てこなくなる子もいた。

でも俺が狙ってた子は全然余裕で歌いまくり。
それでも酔ってるからなのか、俺の膝に座ってきたり抱き着いてきたりする。
トイレに行くというから一緒に行く途中、フラつく女子大生の腰を抱いたりして歩きながら、ギャグっぽくキスしてみた。
これで嫌がられたら作戦練り直しだなと思ってた。
だけど嫌がるどころか「んんんーっ」とか言ってもっとオネダリしてきた。
だからちょいと死角へ連れ込み、ベロベロと舌を絡ませるベロチューをした。

彼女「んはんは」言いながら俺の舌をジュポジュポするんです。
貪るっていう言葉がピッタリ。
「激しいなぁーwキス好きなの?」
「好きーw」
「もっとする?」
「んwもっとキスしてぇー」
そんなような事を言われたので、巨乳を揉みまくりながらキスしまくってた。

いくら死角だとはいっても人が通るわけです。
こうなったら場所変えるに限る。
「もっとしたい?」
「したぁーいw」
「じゃ場所変える?」
「うんw」

ひとまず部屋に戻って「送っていく」と宣言。
次の日に分かったんだけど、実は俺の後に友達全員が持ち帰りに成功してる。
泥酔しちゃった子を送ったりして大変だったらしいが、意識がある元気な子をそれぞれが持ち帰ってヤリまくったみたい。
顔や体で選べなかった友達は「タオルで顔隠してヤッたw」とか言ってた。
だから俺は1番ラッキーだったっぽい。

ラブホへ行こうかと思ったが、タクシー拾ったので部屋に連れ帰った。
どうせ彼女もいない独身男の部屋出し。
タクシーの中でも俺の手や腕にベタベタしてくる。
終いには太ももを触り出し、半勃起したチンコまで撫で回す始末。
「いい加減にしなさいw」と言うと「だってぇ~んw」と女芸人みたいな反応。
でも可愛いし巨乳だから全然許せた。

エレベーターに乗ると抱き付いてきてそのままキス。
扉が開いてるのに出ようとしない彼女は、ずっとキスを続けたい状態だった。
だから部屋に入るともう彼女の独壇場。
慌ただしく部屋に入り、ベッドに押し倒されて、覆い被さられてキスの嵐だった。
そのままシャワーも浴びずにセックスが始まった。

ちなみに俺は34歳の中年です。
だから21歳のカラダに超興奮しましたね。
肌はキメ細かい柔肌で、想像通りムチムチ系のエロいカラダだった。
ただ巨乳がちょっと硬い。
それでも乳首はビンビンで感度も良く、なんとオマンコはパイパン仕様。
触るとキスだけでグチョグチョの大洪水だった。

そこに指を2本入れでグチョグチョにかき混ぜてやった。
すると腕に滴り流れてくるほどエロ汁が溢れ出てきてた。
彼女自らがチンコを引っ張り出してくれた。
洗ってないのにさも当たり前のように亀頭をベロベロ舐めまくる。
思わず「うはぁ」と声が出た。
シックスナインになって互いの秘部を攻撃しまくった。

1Page 2Page

Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ