処女だったセフレを調教③

もう揉まれる事も分かってたらしく、すぐに揉み始める俺の手を軽く掴んできました。
だけど拒否する事もなかったので、俺はいつものように少し強めに激しく揉みまくりました。
明らかに舌をしゃぶりながら吐息を洩らし始めたので、ゆっくり左手で身体を撫で回しました。
身体をクネらせる反応を見せ始めたので、胸から手を離して下半身へ移動。
フレアのミニスカートの太もも内側を触ると、またしても手を掴んできました。
でもキスはヤメないので、そのまま手先をアソコへ近付けて行きました。
ピタッと股を閉じてきたので、強引に手を突っ込みました。

「やだ・・」と言ってはいましたが、アキナの表情を見て確信しました。
かなり興奮していると。
だからパンツの上からアソコを撫で回し、クリトリスをクルクル指先でこねくりまわしました。
「興奮してきた?声まで聞こえないから喘いでイイよ」
「いあだやぁ・・」
「だってもうビチョビチョだぞ?ここ」
「だって・・・」
「じゃー触るのヤメる?」
「んっ・・・・だめ・・・」
「どっち?」
「触って・・・下さい・・・」

そうそう、アキナはなぜか時々俺に丁寧語を使っていた。
例えば「入れてイイ?」と聞くと「入れて下さい」とかw
「気持ち良いです」とか「痛いです」とかも言ってたっけ。

指に砂が付いてると良くないので、俺はひたすらパンツの上から触りました。
すぐに染みて来て、気が付くとパンツが濡れまくり。
「こんなに濡らして恥ずかしいな」
「えぇ・・だって・・・」
「周りに人がいるから興奮する?」
「うん・・・」
「アキナって変態だったんだな」
「そんな事ないですよ・・・」

アキナの表情がセクロスしてる時の興奮顔になっていました。
「俺のも触ってみ?」
「えっ?」と困った様子を見せつつ、アキナは触ってきました。
「固くなってるだろ?」
「はい・・・」
「アキナがやらしいからな」
「はい・・・」

縺れ合ってる姿勢だから、周りから見たら怪しい事間違い無し。
「多分みんな気が付いてるぞ?」
「えぇぇ・・・」
「手マンされてチンコ触ってるって」
「やだぁ・・・」

しばらくそんな触り合い&軽い言葉攻めをしてました。
でも犬の散歩をする人が来たので止む無く中断し、車に戻る事にしました。
戻ってからもすぐキスをすると、アキナは抱き付いてきて積極的に抱き付いてきました。
胸を揉み、またパンツの上から触りまくり、ひとけがないのでチンコを露出。
「舐めて?」「はい・・・」
アキナは周りをキョロキョロした後、身を乗り出して亀頭を舐め始めました。
教え込んだように、ちゃんとしゃぶる前に舌で丁寧に舐めてました。

「あっ!人が来た!」
「えっっ!」
「嘘だよ」
「もぉ~やめてよー」
「マジで来ても見せてやればイイか」
「そんなの無理だよぉ」

やっぱり嫌がるどころか、ちょっと嬉しそうな表情のアキナ。
そのまま自らまた亀頭を舐め始め、本格的にフェラを始めました。
俺は手を伸ばして胸を揉み、アキナは「んふっんふっ」言いながらしゃぶる。
イイ感じだったのに、また犬の散歩に邪魔をされ、その間に俺はトイレに行きました。
トイレといっても手を洗いに行っただけですが。

戻って車を少し移動させて、山の斜面に面した場所へ移動しました。
「手洗ってきたから、指入れてあげようか?」
「ちょっとぉ~~ホントにぃ?」
「おう!でも外でね?」
「だって見えちゃうよぉ」
「見えないようにここに移動したんじゃん」
「でもさぁ~」
「ちょっと降りてみな」

後部座席のドアを開けて死角を作り、アキナを立たせてました。
キスをして胸を揉み、今度はパンツの中に手を入れてみました。
「ビッチャビチャじゃんかよ」
「うん・・・冷たいもん」
なんの抵抗も無く中指が吸いこまれて行きました。
「アキナってホント変態だな?聞こえるだろ?これ」
クチュクチュとわざと鳴るように指を動かしながら、困った表情のアキナを見てました。
明らかに興奮しまくりのアキナは、アソコをギュッギュッと締め付けてきます。

こりゃ我慢できん!と、アキナにドアを掴ませ、おもむろにバックから挿入しました。
これが初めて生で入れた瞬間でした。
「初めて生で入れちゃったよ、どう?」
「すごい・・凄くアツい・・」
「ゴムつけた方がイイ?」
「こっちの方が気持ち良いです」

夕暮れの海を見ながら、ゆっくりと立ちバックを楽しみました。
アキナはドアにしがみつき、いつもよりも気持ちが良いと連発。
ここまで変態性があるとは驚きでした。
その日はラブホへ行って、また生で挿入して、初めて射精しました。
初めて見る射精に喜んでいたアキナでしたが、俺にはもっと驚きがあった。
なんと初めてアキナが喘ぎまくってたんです。
「いやぁん」「だめっ」も連呼してましたが、初めて「あんあん」言ってたんです。
聞いてみると「ゴムつけないと凄い気持ちが良い」らしい。
この日からはゴムをつける事が無くなり、毎回生で挿入するようになっていきました。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ