バレンタインに拾った泥酔女④

初めこそくすぐったい感覚だったけど、それもう1分もかからずにフル勃起。
「あはぁ~」とか「んぐんぐ」とか言いながら、彼女はまさにムシャブリつく感じでしゃぶってた。
トロントロンと口の中で舌を動かすフェラに、我ながらみっともないほど興奮しました。
あの顔でこのフェラかと思うと、極上というか天にも昇る思いでした。
入れたくて彼女の肩に手を当てて上に上がってくるように誘いました。
すると彼女は体に密着させながらあがってきて、キスをしながらそのまま入れようとするんです。
生で入れちゃうの?マジでイイの?と頭を過りましたが、快楽に完敗しました。
濡れまくってクチュクチュになったアソコを亀頭がなぞると、鼻を鳴らしながら舌をしゃぶる彼女。

にゅるりんと亀頭が膣内に入り、1/3ほどゆっくりと入って行きました。
やべぇー気持ち良過ぎと思いながらも、スコスコと腰を振りました。
彼女はそれに合わせるかのように腰を浮かせ、十分竿が濡れた辺りで奥まで挿入です。
根元まで入る前に亀頭が奥に到達し、コリッとした子宮口を感じました。
その感触も束の間、彼女は俺の腕を掴んで起き上ると、前後に腰をスライドさせ始めました。
揺れる美乳を掴んで揉む俺の腕を掴み、卑猥な目で見降ろしながら腰を振るんです。
こんなエロい光景は初めてで、思わず揉む手に力が入りました。
でもその力が良かったのか、彼女はより激しく腰をスライドし始めました。

そこからはホントに我を忘れたメス豚のように、前後左右と腰をスライドしまくる。
乳首を強めに摘まむと叫ぶような喘ぎ声をあげ、さらに腰の動きを加速させる彼女。
ビチャビチャとやらしい音が鳴り響く中、彼女はあっという間に上り詰めていきました。
ガクンと前に倒れてきた彼女を抱きしめ、今度は俺が下から激しく腰を振りました。
これでもか!というぐらい突き上げると、必死に俺に抱き付きながら喘ぎまくる。
体勢を入れ替えて正常位で突くと、勝手に自分の足を抱えて足を広げてくる。
薄い陰毛なので出し入れが丸見えのアソコを見ながら、狂気じみたように腰を振りました。

キスをすると舌を離さない彼女。
バックでも顔を後ろに向けて舌を舐めてくるドスケベな彼女。
綺麗なアナル丸見えの四つん這いで、枕に抱き付きながら狂ったように喘ぎまくってました。
さすがに生で入れているだけあって、気持ち良さもハンパじゃありません。
バックで突きまくるとスグに限界を感じたので、正常位に戻しました。
亀頭を子宮に押し付けて、円を描く様に腰を振る。
気持ち良過ぎて狂い出した彼女は、必死に抱き付いてくるんです。
「ダメっダメっ」を繰り返しながらもガッチリ俺の体をホールドしているんです。
でも強引に体を離してキスをしながら腰を擦りつけると、その日1番の絶叫+痙攣を見せました。

膣内は収縮を繰り返し、仰け反ってちょい白目になっている姿は圧巻でした。
その後俺が腰を動かすと、もうダメ、許しての繰り返し。
じゃー出すよ?と言うと「お願いします」となぜか敬語。
ガツンガツン腰を振りまくって、最後はお腹に思いっ切り射精しました。
その時の彼女はもう人形のようにグッタリしてて、まるで意識が飛んでいるかのようでした。
真っ赤になった彼女の体を見ながら、人生で1番興奮しながらの射精。
濡れたタオルで体を拭いてやり、裸のまま2人とも寝てしまいました。

体に重みを感じて目が覚めたのは6時過ぎ。
確かエッチが終わったのが4時ぐらいだったので、2時間ほど寝たようです。
隣で俺のしがみつく様にしながら寝ている彼女を見て、夢じゃなかった事を噛み締めました。
乳首を掴んでクリクリしながら寝顔を見ていましたが、ふと現実に帰りました。
そう、その日は普通に平日だったんです。
彼女だって仕事だろうし、俺だって出勤しなきゃいけません。
習慣なのか6時過ぎに目が覚めた事に安堵しました。

起こさないようにしながらベッドを出てシャワーを浴びました。
出てきても彼女は寝ていて起きないので、コーヒーを入れてから声をかけました。
寝惚けた彼女は恐ろしく可愛く、裸で無防備な姿のままベッドに女の子座り。
「コーヒー飲む?それともシャワー浴びる?」
俺の問いに「コーヒー飲みたいです」とまた敬語。
今日仕事だよね?つーか昨日の事覚えてる?俺の事分かる?なんて、沈黙が怖くて喋りまくりました。
彼女は我に返って裸を隠すようになり、俺の事も覚えていると言ってた。
確か満喫で・・・とまで覚えていたので、エッチも完璧に覚えてると確信。

その後8時近くまでダラダラと過ごし、2人で仲良く出勤しました。
彼女は他人行儀だったけど。
歩きながら名刺を渡し、初めての自己紹介をした。
名刺を持って無いというので、それじゃメールしてねと伝えて電車に。
電車の中では昨夜の事を何度も謝り、お礼を何度も言ってた。
途中の駅で彼女が降りて、結局それっきり。
メールも無ければ電話も無かった。

まるで夢のような夜だったが、今でも忘れる事が出来ない夜だった。
あんな美人と狂ったようにエッチしてた夜を、アレ以来経験すら出来てないし。
寝ている時に写メとか撮っておくべきだったよなーと後悔したのは言うまでも無いです。
ま~モテない俺には、エッチできただけでも幸せなんでしょうけどね。
支援してくれた方々、ありがとうございました。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ