バレンタインに拾った泥酔女①

この時期になると思い出す女がいます。
当時25才で自称某有名企業のOLさん。
名刺とか社員証とか見てないんで、一応自称って事にしておきました。
でも多分嘘では無かったんだと思う。
冴えないリーマンの俺には不釣り合い過ぎる美人で、鈴木京香をもっと幼くして優しい感じにした雰囲気でした。
身長なんて170cm近くあって痩せてるもんだから、マジでハンパ無いほど近寄りがたい見た目だった。

ちなみに俺は当時27才の彼女無しでモテないリーマン。
もっぱら性欲処理はAVか風俗っていう、典型的なモテ無いダメ男。
そんな俺だからクリスマスとかバレンタインとかなんて当たり前のように暇なわけです。
あの日のバレンタインも約束すらない寂しい日でした。
このまま帰るのもツライなと思った俺は、仕事終わりに満喫へ行きました。
終電近くまでマンガでもみて過ごそうと思ったんです。

バレンタインなのにカップルで来ている奴らもいて、若干イラっともしてました。
明らかにイチャイチャモードで喋ってる声が聞こえたりしてて、時折チュッとかクチュッとか音も聞こえてたし。
ヘッドフォンをしてタフを読み漁ってました。
帰宅予定30分ほど前になり、新しい飲み物を取りに行った時です。
少し酔った若いカップルがジュースの所でダラダラしてて、しばらく待たされてしまいました。
ふざけんなよとイライラしながら戻ってみると、なんと部屋に女がいる。
うわっ!間違えた!と超焦って部屋を飛び出し、通路でドキドキしながらキョドってました。
隣だったかなと自分のスペースを探してみるものの、俺は部屋を間違えていません。
落ち付け、落ち付け、と自分に言い聞かせながら、その場を離れて頭を冷やしました。

再度戻ってみるとやっぱり俺のスペースなんです。
ゆっくりドアを開けてみると、椅子に深々と腰掛けた女は下を向いて寝ているようでした。
俺の荷物はあるのでコイツが間違えてんのか!とやっと気付いたんです。
静かに入っていくと明らかに酒臭いニオイがプンプン。
どうやら泥酔して部屋を間違えて、そのまま爆睡しているようでした。
コレは困ったぞと棒立ちしていましたが、勇気を出して声をかけてみました。
確か「あのぉ・・・」と指先だけで肩をトントンしたんだったけっかな。
大きな声を出すわけにもいかないので小声でしたが、当然のように全くの無反応。
何度か同じ事を繰り返しましたが、本気で起きる気配すらないんです。

髪はバサッと垂れ下がり、どんな人なのかすら分からない状況。
困ったなぁと思いスタッフに言おうか迷っていました。
店員に言ったらこの人恥ずかしいだろうな~とか、店から出されるかもなぁ~とか、他人なのに少し同情もしたりして。
とりあえず起きるまで何度かチャレンジするかと思い、何度も何度も肩をトントンしながら起こしにかかりました。
俺の帰る時間も迫っていたので次第に力も入ってきた頃、ようやくその人に反応がありました。
「んんぅぅん?」と少し大きめな寝惚けた声と全く焦点のあっていない目で、斜め上にいる俺を見上げてきました。
この時初めて彼女の顔を見たんですが、それはもうドキッとしました。
初めにも書いた通り俺には縁も無いほどの美人さんでしたから。

「あの、ここ俺のとこで、部屋間違えてますよ?」
「んぇぇ?」
「いや、あの、ここはアナタの場所じゃないっすよ?」
「んえぇー??なにがぁ?」
「だからね・・・」

ドキドキ緊張しながら喋り掛けてた俺に、無防備で寝惚けた彼女は返答してました。
相当酔ってるのか目もすわってるし。
顔を近付けるのは失礼かもと変に意識してた俺は、何度も説明を繰り返しました。
荷物とかもあるだろうし俺も帰るしと説明すると、彼女は溜息をついて俺のジュースを勝手に呑み出しました。
唖然としている俺を意識してない素振りでした。全く眼中にない感じ。
何度か溜息をついていたから「大丈夫ですか?」と声を掛けたんです。
そしたら「うん、うん」と頷く。でもそのまま座っていて立ち上がる気配が無い。
「俺そろそろ帰る時間なんで」と説明しても、またもや「うん、うん」という。
仕方なく「部屋はどこ?」と外に連れ出す作戦に出ました。
でも座ったまま子供みたいな態度で「分かんない」とキッパリ。

これは困ったと思い、俺は通路に出て彼女のスペースを探し始めました。
なんて事は無い、斜め後ろの部屋の扉が開いていて、中にはコートとバッグと手提げ袋がありました。
俺はコートと荷物などの特徴を戻って説明すると、「それアタシの!」とデカい声で返事してきました。
触って立たすわけにもいかないので、とりあえず荷物を持ってきました。
「あはぁ~~ありがとぉ~~」と無邪気な彼女を見て、マジで超可愛過ぎと思ったのは言うまでも無い。
出る時間まで10分少々となったので、俺は説明しました。とりあえずここは使えなくなるから、戻った方が良いかと・・って。
そしたらなぜか彼女も帰る!というんです。
どうせ暇だしと思った俺は、そのまま彼女と会計へと向かいました。

続く


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ