彼女が浮気して修羅場に②

彼女の後輩に変な事を言われてから、確か2~3週間後。
友達と飲んでる店で偶然出くわした。
実はこれ偶然じゃなくて、後輩が俺の友達に探りを入れてて、偶然を装ってたらしい。
それは後々友達に言われた。

前に言われてた内容が気になるから、その場で後輩に聞いてみた。
だけど言葉を濁すだけで答えてくれない。
話しを聞き出せたのは帰り道で、駅までフラフラ歩いていた時でした。

「多分先輩二股かけてますよ。同じ大学にいる先輩と」

「なんだよ!それ、見たの?マジで?」

「先輩はバイト週ぐらいしか入ってないし」

「マジで?週4とか言ってたのはウソか?」

「もうこれ以上言えないんで・・・ごめんなさい」

彼女に直接問いただす事も出来ず、直接確かめる事にした。
彼女がバイトの日、僕は彼女に飲みに行くと伝えた。
0時位には帰るからって言っておいて。
21時過ぎに彼女の家へ行ってみると、部屋の明かりがついてた。

彼女は僕に「バイト中だよ」とか「今休憩中」だとかメールを送ってきてた。
なのに部屋の電気がついてるなんて、ちょっと出来過ぎっぽい気がしてた。
マンションの周りをウロウロして悩んで、直接部屋に行く決心をした。

ドアの前に立ち、インターフォンを鳴らしても反応なし。
何度も何度もインターフォンを鳴らした。
携帯に電話をしながら、何度も鳴らした。

「もう分かってるからドア開けてくれる?」

そうメールを打ってしばらく廊下に立ってた。
そしたらドアが開いて、彼女が顔を出してきた。

「なによ・・・」

明らかに焦ってる表情だったし、化粧もほぼしてない。

「同じ大学の男がいるんだろ?話させてくれない?」

「そんな人いないわよ!なに言ってんの。いきなり来て」

逆ギレっぽい口調で言い返す彼女を見て、いるんだなって確信した。
だからドアノブを掴んで強引に開けて、部屋の中に入って行った。
いつもと変わらない部屋だったけど、何となく雰囲気が違う気がした。

「誰もいないって言ってるでしょ!」

完全にキレ気味で僕の腕を掴みながら言ってきた。
僕はベランダに近付き、カーテンを開けた。
そこには手にグラス、足元にブーツ、Tシャツにジーパン姿の男がいた。

ウソだろ・・・ってホント頭が真っ白になった。
扉を開けて「こっちこいよ」って、男を部屋に招き入れた。

「で、これはどういう事?こちらが彼氏?」

「あ・・・いや・・・・」

「もう何なのよ!いきなり入ってきて。彼は同じ大学の友達!」

「へぇ~友達か。友達が何で隠れるの?しかもバイト中じゃなかったっけ?」

「勘違いされたくなかったからそっちに行ってもらったの!」

「なぁ、コイツの事好きなの?」

「あ・・はい・・・」

「彼氏がいるって言われなかった?」

「いるのは・・・・知ってます・・・・・」

「ちょっと!もう二人とも出て行ってよ!」

「もう出てくよ、だから黙ってろって」

「あの・・・・俺、彼女の事好きです。だからちゃんと付き合おうと思ってます」

「あぁ~イイんじゃないの?俺もう別れるし。その前に殴ってイイ?」

初めは頭が真っ白だったけど、だんだんイライラし始めてた。
だからそういっていきなりソイツを殴った。
ノーガードで思いもよらなかったらしく、思いっ切りヒットしてぶっ倒れた。
それで倒れたそいつのケツを、思いっ切り蹴り飛ばした。

「やめてよ!!!」

彼女は後ろで叫んでた。
蹴りを入れたあと帰ろうかと思って彼女の方を向いたら、後ろから後頭部を殴られた。
勢いで目の前にいた彼女に倒れ掛って、二人して倒れた。
もうそこから完全にブチギレて、僕はそいつを一方的にボッコボコにしてた。

「イイ加減にしてよ!!!」

振り向いたら彼女が手に包丁を持って、僕の方に刃先を差し出してる。
おぉ・・・これはヤバい。
彼女は泣いてたらしく、目の周りを涙でグチャグチャにしてて、ヤメテよ!と叫んでた。
包丁を見てビビった僕は、蹴るのをやめて彼女をなだめ始めた。

気が付いたら今度は浮気相手が、右手につっかえ棒を握ってるわけです。
彼女の刃先と浮気相手のつっかえ棒に狙われ、またもや頭は真っ白。
狭い8畳の部屋だったから、どう逃げて良いのかって感じで。

何とか彼女を説得して包丁を置くように言って、冷静に話し合おうって言い続けた。
多分だんだん冷静になってきたんだと思う。
男も彼女も興奮から冷め始めてきてた。
2人に凶器を置いて座るよう促し、座ったと同時にダッシュ。
玄関にある靴を手に取り、靴下のまま階段を下まで走った。

それ以来彼女とは会ってないけど、ホント怖い思い出。
修羅場ってあんな感じなんだって今でも身震いする。
就職してから引っ越したし、携帯も変えたからのは言うまでもありません。
というか、あの日の夜から、しばらく友達の家を転々と泊まり歩いてたし。
家に帰ったら来るんじゃないかって恐怖で。

卒業してから友達に聞いた話。
ボクに教えてくれた後輩の女の子は、その男と付き合ってたらしい。
未練タラタラで僕にチクッたらしい。
今では笑い話になってるけど、あの鬼のような形相は忘れられない。

終わり。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ