初めての不倫体験⑱

私はそっと恭子の横に寝た。
恭子は恥ずかしいのか、私の胸に顔を埋めていた。
そしてしばらく経った後、私のジュニアへと頭を近づけて行った。
既にカチコチに勃起した私のチンコ。
ジッパーを開け、手を突っ込み、亀頭にキスをした。
そして舌先で鬼頭を舐めまわし、パクリと咥えた。
うまかった。
バキュームの強弱と舌の動き。
ジュポジュポとなる卑猥な音。
私はベルトを外し、洋服を脱いだ。
そして恭子を抱きよせ、洋服を脱がした。
目の前にはスタイル抜群の裸体が広がる。
激しくキスをしながら、チンコをクリトリスにあてがう。
小刻みにクリトリスを刺激すると、恭子のキスは激しさを増した。

恭子は自ら腰を浮かし、私のジュニアを膣に入れてきた。
私は意地悪をして、鬼頭だけ入れて少しだけ出し入れをする。
これだけでも十分イってしまいそうだ。

我慢できなくなったのか、恭子は私を抱きしめ、自分が上になってきた。
騎乗位の体制になり、生のチンコを奥まで入れる。
奥に到達した時、子宮の入り口がコリコリしていたのが分かった。
そこに当たるように、そしてクリトリスが擦れるように、恭子は動いた。
大きな胸が目の前で揺れている。
私は両手で下から胸を揉み、乳首に吸いついた。

腰の動きが激しくなる。
喘ぎ声も一段と大きくなる。

『ねぇ…またイキそう…イってもイイ?ねぇ…イイ?』

恭子は腰を動かしながら、懇願するような眼で私を見つめた。

『イイよ、イってごらん。思いっきりイってごらん』

そう言うや否や、腰のグラインドが激しくなり、恭子はイった。
私も我慢できなくなっていたので、すぐさま正上位になって激しく突いた。
突く度に上下に弾む胸。
イッたばかりだというのに我を忘れて喘ぐ恭子。

『もうイキそうだよ。胸に出すよ?イイ?』

『あ~ん。出して!思いっきり胸に出して!』

私はイク寸前にチンコを抜き、胸の前に突き出した。
すると恭子は突然口に咥えた。
口の中で果てた。
ドクドクと放出される精子。
驚いた事に、恭子はその精子を喉を鳴らしながら飲んでいたのだ。
イった後のお掃除フェラまでした恭子。

しばらくのあいだ、無言で二人は横になっていた。

『絶対に秘密だね』

私の上に乗っかって来て言った。

『そうだね。絶対に言えない秘密だね』

つづく。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ