初めての不倫体験⑰

ハッと思い唇を話す。
すると恭子は眼を開けた。
そしておもむろに私の首に両手を巻きつけ、みずからキスをしてきた。
恭子のキスは激しかった。
私の舌に吸いつき、そして舌を入れてくる。
口中を舐めまわすように舌を入れてきて、吐息というか喘ぎ声を鼻からもらしている。

私は我慢できずに、恭子の胸を揉んだ。
荒々しくシャツのボタンを取り、シャツを開いた。
そこには白いブラジャーに覆われた、大きな胸があった。
下から持ち上げるように揉んだ。
そして胸の谷間やブラで隠れていない部分にキスをして舐めた。
恭子はおんぶした時と同じように喘いだ。
いや、あの時よりもっと大きな声で、ハッキリと喘ぎだした。

ブラをずり上げると、コリコリになった乳首があらわになった。
500円玉ほどの乳輪、そして程よい乳首。
舌先で転がすように乳首を弄んだ。
恭子は身をよじって喘ぎ、自ら私のジュニアに手を伸ばしてきた。
触り方がやらしい。
優しく玉袋を揉みほぐし、指先を使って竿を刺激する。
亀頭を軽くつまんで、左右にねじりながら刺激する。
そして上下にさすったり…これだけで十分イってしまうほど上手かった。

負けじと私も恭子のオマンコに手を伸ばす。
下着越しに触っても分かるぐらい、恭子のアソコはビチョビチョだった。
そして直接触れたとき、恭子の声は一層大きくなった。
私は恭子のパンティーを一気に脱がし、おマンコにしゃぶりついた。
久しぶりに舐めるマンコ。
しかも妻のではなく、人妻である恭子マンコだ。

恭子のオマンコはやらしい形状をしていた。
顔に似合わず、どす黒いビラビラ。
そのビラビラは指で摘まめるほどの大きさだった。
指で持って左右に開くと、ピンク色に充血した膣が丸見えになる。
その上には大きくコリコリに勃起したクリトリス。
オマンコを左右に広げながら、舌先でクリトリスを転がした。
次第に激しく舌を動かす。
すると恭子は私の後頭部を持ち、腰を自ら動かし出した。

『あぁ~~だめっ…いっちゃう!あぁ~~いっちゃ!!』

痙攣する恭子。
私のクンニでいったのだ。
もういつもの恭子ではなく、淫乱な人妻の顔になっていた。

つづく。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ