初めての不倫体験⑫

こんな楽しい会話をしつつ、バーで恭子の旦那さんの話をした。
彼は土地持ちの地主の末っ子。
出張といい、月に一回は地方に出掛けて行く。
多分いろんな場所に、愛人でもいるんじゃないかしら…
別に寂しい顔になるわけでもなく恭子は言った。

『どうせ親の薦めで結婚しただけだし』

どうやら二人の間には、既に愛情は無いらしい。

『中島さんの家はどうなんですか?』

私は最近の話をした。
妻とは家族になっていて、妻というより母親にちかくなっていると。
お酒の力を借りて『だから最近は結構ご無沙汰なんですよ』

『えぇ~そうなんですか?もしかして奥様が襲ってきちゃったりして』

小悪魔のような顔になった恭子。
下ネタなんて冷たくあしらいそうなのに、そんな事は無いらしい。

『襲ってきた事なんてないですよ。もしかして藤村さんは襲っちゃうタイプですか?』

『うふふ。どうでしょうかねぇ~』

完全に男を転がすタイプだ。
こんな女に男は弱い。妖艶さを感じてしまうんだ。
ふと時計を見ると、既に0時を回っている。
楽しい時間は早く過ぎるもんだ。

『あっ…もうこんな時間なんですね。楽しくて時間を忘れちゃいました』

『ホントだね。久しぶりに楽しい時間を過ごせましたよ』

エレベーターで待っている時、恭子は言った。

『タクシーで帰りません?ちゃんと割り勘で』

屈託のない笑顔。
恭子の家から深夜料金でも四千円ちょっとだった。
私は了解した。
エレベーターに乗ると、大学生だろうか、若いグループが乗っていた。
ギリギリ乗れるか乗れないぐらい。
先に私が入り、恭子がその後に乗り込んだ。
恭子は扉の方を向いていて、後ろから抱くような姿勢。
嫁の顔を思い出しながら、雑念を振り払う。
じゃないと恭子のお尻に、硬くなったジュニアを押しつけてしまいそうだったのだ。

つづく。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ