初めての不倫体験③

3時間が経過するぐらいになり、とりあえず飲み会はお開きとなった。
まだ時間は22時。
社長が言った。

『これから2次会に行くが、誰が行くかね?』

男子社員はみな黙った。
誰も行きたくないのだ。
私だって同じ。どうせ行っても接待なのだから。
4人の女子社員のうち、3人が行く事になった。
帰りのタクシー代は会社持ちにすると社長が言ったからだ。

『おい、中島!お前も行くだろ?』

直属の上司が言った。
最悪のパターン。
女子社員に囲まれて好い気になった上司。
あまり飲めないくせに、これじゃ今夜は泥酔間違いなしだ。

『はい、付き合います』

言うしかなかった。
これがサラリーマンなんだ。
自分の意思なんて関係ない。
上が来いと言えば行くしかない。
見渡すと、周りは同情の眼差しを送っている。
みんな分かっているんだ。

結局女子社員3人と、私を含めた7人で2次会へ。
社長の行きつけのスナック。
何度もここには来た事がある。
ママは40そこそこの綺麗な女性。
20代の女の子もいるが、基本的に年齢層の高めのスナック。

用意してもらった一番奥のスペース。
そこで2次会が始まった。
もうこうなると私の取る手段はただひとつ。
社長や上司達を酔わせて、早めにタクシーに乗せる事。
乗せてしまえばあとは関係ない。
各家庭で、奥さんが迷惑そうに待っているだけだ。

社長がいるせいで、上等なお酒が飲める。
調子にのった社長は、ママに言ってプレミアがついている焼酎を出させた。
女子社員もみな飲んだ事のない焼酎。
たいして味の分からない私は、ごく普通の鹿児島産の芋焼酎を飲んでいた。

社長や上司がカラオケを歌い、女子社員が盛り上げる。
もう完全に接待だと、みなが分かっている。
いつか上司が言っていた。

『うちの派遣社員は、全員イイとこのお嬢さんだよ』

恐らく厳格な父親に育てられたのだろう。
ワガママなオヤジの扱い方が上手だ。
お店の女の子には用がない。

つづく。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ