池袋の風俗にいた憧れの女②

「覚えてる?俺ずっとミカちゃんの事大好きだったんだよ~」

「えっ?ちょっ・・・どうしよう・・・やだ・・・どうしよ・・・」

「誰にも言わないから。っていうか、千葉で連絡取ってるヤツいないし」

「えぇ~~もうぉ~~やだぁ・・・・」

それからしばらくは、彼女を落ち着かせるのでいっぱいいっぱいでした。

「もう今日仕事できない・・・」

そういう彼女に言いました。

「俺のせいだし、呑もうか!飲んで忘れようよ!」

「う~ん・・・そうだね・・・う~ん・・・そうしよっか・・・」

まだ少し時間はあったが、早めに切り上げて私達は居酒屋で待ち合わせをした。
先輩には先に帰ってもらった。食わし話はしないで。

30分ほどで彼女はやってきた。
さっきとは見違えるほど可愛らしい感じ。
風俗嬢になんて全然見えない。
それでもやっぱりあの頃の面影はあった。

まだ暗い感じのミカちゃんを楽しませるべく、ガンガン飲んでバカ話をした。
酔いがまわってくると、次第にミカちゃんも元気になってきた。
普段はあまり飲まないって言っていた。
でもビール2杯、サワー5杯を平らげていた。

「アタシさぁ~高校卒業して、○○でキャバ嬢やってたんだぁ~」

「へぇ~○○じゃ~地元の同級生も来ちゃうでしょ」

「そうそう、狭い街だからねぇ。先生も来てたよ(笑)」

「接客できなくない?先生だと」

「そうでもないよ!みんな結局エロオヤジになっちゃってさぁ~」

「あはは、そんなもんか」

トイレから帰ってくると、ミカちゃんは机に突っ伏した状態だった。
私が帰ってきたのに気が付くと起き上ったが、目がすわっている。

「大丈夫?だいぶ飲んだけど。タクシーで帰る?」

「うん大丈夫。今どこに住んでるの?」

「今は要町で一人暮らししてんだ。会社が遠かったからさ」

「あはぁ~イイなぁ~1人暮らし」

「ミカちゃん1人暮らしじゃないの?」

「兄貴と一緒。アタシが掃除しないと凄い状態になるんだよ、もうホント最悪」

「お金貯めて1人暮らししたら?」

「まだ借金残ってるからぁ~無理!」

「借金してんのかい!じゃ~まずはそれを返済しないとだね」

酔っ払ってからは、ようやく昔のミカちゃんに戻っていた。
借金のために風俗で働いてたのか。
なんだか悲しい気分になっていた。
「送るよ!」と言って店を出ました。

千鳥足なんかじゃなくて歩けないミカちゃん。
ちょっと意識もぶっ飛び気味。
仕方なく私は部屋に連れて帰りました。

ベッドに寝かせ、ミカちゃんのジーパンを脱がせました。
Tシャツとパンツだけにして、布団を掛けてあげました。
酔っ払って寝ているミカちゃんを見て、どうにも手を出せる気分になれませんでした。
私はシャワーを浴びて、ミカちゃんの隣で寝ました。
ミカちゃんは寝ている時、私にしがみつく様に丸くなって寝ていました。
ミカちゃんの匂い、胸の感触で勃起しましたが、私は寝ました。

朝になり仕事の用意をしようとミカちゃんを起こしました。
ミカちゃんは完全に二日酔いで、とても動ける状態ではありません。
取られて困るモノもないので、ミカちゃんを寝かせておきました。

「仕事に行ってきます。冷蔵庫にいろいろ入ってるから、勝手に飲んで食べてね」

手紙を書いて、私は出社しました。
仕事が終わって帰ってみると、部屋の電気がついています。
帰ってなかったのか・・・
ちょっと嬉しい気持ちと複雑な気持ちになりながらドアをあけました。

ミカちゃんはゲームをやっていました。
しかも私のスエットを着て。

「帰ろうかと思ったけど、二日酔いが酷くて動けなかった」

夕食をとっていなかったので、ピザを注文して二人で食べました。
私はビールを飲みましたが、ミカちゃんはウーロン茶。
夕食の後ゲームをやって、自然な流れでベッドへ。
憧れのミカちゃんと、今度は部屋でじっくりセックスをしました。

「あっ、あっ!!イキそうっ!いっちゃうっ!イッちゃうぅ~っ!!」

指を2本入れて中を刺激しながらクリトリスを舐めると、ミカちゃんは連続でイってしまいました。
ネットで仕入れたセックステクニックのおかげです。
その解説通りにミカちゃんの体を攻めました。
何度も何度もイク・・・
前戯だけで10回近くはイってしまいました。

チンコを入れてからは、正常位で1回、バックで1回、騎乗位で1回、座位で1回。
簡単にイってしまうミカちゃんを見て面白くなってしまいました。
よくこれで風俗嬢が務まるなと。

最後は正常位でキスをしながら抱き合ってお互いに果てました。
時計を見ると、4時間もヤっていたようです。
そのまま疲れ果てて寝て、朝起きてまたエッチ。
次の日は会社を休み、ミカちゃんとひたすらヤっていました。

次の日の朝、ミカちゃんは帰りました。
実はつい先日までミカちゃんとの関係は続いていました。
体の相性が合うのか、会えばどこでも何度もヤリまくりました。
知らなかったのですが、ミカちゃんには婚約者がいたんです。
風俗で働いているのは勿論内緒みたいでしたが。
で、先日結婚式をあげたんです。

結婚式前日まで、私のチンコをしゃぶっていたんですけどね。
突然の終わりで唖然としましたが、これで良かったのだと思います。
ミカちゃんには幸せになって欲しいので。

終わり。


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ