借金を頼んできた生意気な女③

下着の上から人差し指で割れ目を上から下になぞった。
感じるわけでもなく、ミホは小刻みに震えているようだった。
おもむろにアソコに鼻を押し付け、俺はニオイを嗅いだ。

「ちょっと!ヤメてっ!!いやっ!ヤメてってばっ!!」

「おいおい、すげぇ~ニオイだな。ヤリ過ぎていつも濡らしてんのか?」

「そんな事っ。。。。濡れてないし。。。。いやぁっ。。。。」

「クセーマンコだな。こんなクセーのにいつも彼氏に舐めさせてんのか?」

「臭くないもん。。。。もうそんな事言わないでよ。。。。。お願い。。。」

「お前が生意気だからだろ~が。俺は頼まれてセックスしてやろうっていうのに」

「ゴメンなさい。もう変な事言わないから許して。。。。」

「じゃ奴隷でイイのか?」

「それは。。。。」

「イヤなら別に良いんだけど。どうせヤルなら言う事聞いてくれないとな」

「変な事しないなら。。。。言う事は聞きます。。。。」

「奴隷になりますって言えば?」

「。。。。。奴隷に。。。。なります。。。。」

「じゃ、まずそこで下着をズラして、アソコをみせてみろよ」

しぶしぶミホは足を閉じ気味で、下着をズラしてアソコを見せてきた。
想像していたよりも毛が無くて、それでもビラビラが少し大きい感じだった。

「そのビラビラを掴んで左右に広げろよ。もっと中が見えるように」

少し素直になったのか、ビラビラを掴んでミホは左右に開いた。
俺は近寄って間近でアソコを凝視してやった。

「もう。。。。ヤメて下さい。。。。恥ずかしいから。。。」

「お前さぁ~トイレットペーパーのカスが何個も付いてるぞ?きたねーなー」

「あぁ。。。。そんな事言わないで。。。。もうヤダァ。。。。。」

言いながらアソコを触ってみた。
面白いなって思ったのは、嫌がってるくせにアソコが少し濡れ始めてた事。
下に垂れそうになった液の玉が、膣の入口に溜まってたんだよね。
それを指ですくって、尿道付近を触ってみた。
クリトリスを触った時には体が少し動いたけど、声も無く我慢しているのかよく分からなかった。

「お前さぁ、嫌がってる割に、ドンドン濡れてきてるんですけど」

「濡れてなんて無いよ」

「もしかしてドMなんじゃね?お前って。ほら。。。。すげ~濡れてきてるよ」

実際は指で弄ってるから濡れてきてたんだと思うけど、凌辱する為に言ってやった。

「恥ずかしい女だなぁ。彼氏に申し訳ないって思わないのか?こんなに濡らしてよぉ~」

「そんな顔してホントは変態の淫乱女だったんだな」

「こんな俺に見られて興奮してるのか?オマンコ濡らしてどうしようもね~な」

ミホは何も言わず黙って俺の暴言を聞いていました。
その割に濡れは半端じゃなくて、言えば言うほど濡れてくる感じ。
途中からアナルに垂れ始めてたし。

指をニュニュニュと入れてみると、締まりの良いアソコの感触。
ゆっくり出し入れしてまたゆっくり入れてを何度か繰り返した。

「今まで何人チンコを入れてきたんだ?ここに」

ゆっくりと出し入れしながら聞いてみた。

「んっ。。。。よに。。。。ん。。。」

「ホントかよ。今は彼氏だけか?」

「そぅだよ。。。。。当たり前でしょ。。。」

俺は指を抜いて、立ち上がった。

「彼氏にやってるみたいにフェラしてみろよ。洗ってね~けど」

「シャワー浴びてからにしてよ。。。。洗ってないなんてできないよ。。。」

「俺に命令できる立場か?お前。何言ってんの?」

「でもさぁ。。。。シャワー浴びてよ」

「じゃ、もうヤメた。もう帰ってイイよ。」

「あぁ。。。。ゴメンなさい。。。。」

ミホは俺のベルトを外し始めた。俺はもう勃起してたし、猛烈に興奮してた。
トランクスを下げられると、勃起したチンコが目の前に出てきた。
昨晩から洗っても無い汚いチンコ。
ミホはオドオドしながら握って顔を近付けたが、眉間にシワを寄せて顔を離した。

「ほれ。。舌出せよ」

亀頭の先から我慢汁が出てたから、舌を出させて汁を擦り付けてやった。
「んんっ。。。。」と眉間にシワを寄せて嫌がった顔をしてたけど興奮した。

「そのまま舌で舐め回せよ。やってんだろ?いつも」

ミホはもう何も言わず、舌先でチロチロと亀頭を舐め始めた。
勝った気分になって興奮しまくり。
髪を掴んで、じれったく舐めるミホの口の中にチンコを捻じ込んだ。
苦しそうな顔をしてたけど、関係無く俺は腰を振って奥まで捻じ込んでやった。
気持ちイイとかそんな感じじゃなくて、ただ征服感というか優越感で興奮しまくってた。

続く


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ