何でも命令に従うドM女@3P

お盆に帰省した時、中学の頃に仲良くしてた友達に偶然会った。
昔の面影はなく、喋った途端に「軽そうだな」と感じた。
喋ってる内容も口調も軽すぎて、なんだか切ない気持ちになった。
それでも久し振りの再会だったので、誘いに乗って飲みに行ってみた。

高校時代からサーフィンを始め、卒業後は職を転々としてたみたい。
今は知り合いのツテでサラリーマンやってるという。
会話の内容が「金か女」だったので、途中から帰りたくて仕方がなかった。
本当かどうかは知らないけど、随分と女遊びをしてきたらしい。

2時間ぐらいしてやっと帰れるチャンスが到来。
「じゃまた!」と言いかけた時、「もう少し付き合ってよ」って言われた。
帰る口実で「もう金もあんまりないし」って言ったら、「今度は仲良くしてる女の部屋で飲もうぜ!金は掛からないし」と言う。
「こんな時間に?大丈夫?」と心配する俺に、笑顔で「余裕余裕w」と言ってた。

一人暮らしの女の部屋と聞いたら、やっぱり行ってみたくはなる。
ちょっとだけ行ってすぐ帰ろう、そう思いながらタクシーに乗った。
10分もしない内に到着したアパート。
友達は勝手知ったる我が家のごとく、2階の真ん中の部屋へ向かっていった。
インターフォンを鳴らすと「はぁ~~い」という可愛い子。
扉が開いて迎え入れてくれたのは、気弱そうで華奢な女の子だった。

「初めまして」思わず緊張した。
「あ、初めましてw」クスッと微笑まれた。
この子は26歳で事務系の仕事してるという。
独身で一人暮らし、友達とは半年ぐらい前に合コンで知り合ったらしい。
まさに女の子!っていう部屋だった。
彼女は俺達が来るのを待ってたようで、グラスやオツマミを用意してくれてた。
すげぇ~デキた子じゃん、そんな第一印象。

「お前の彼女?」
小声で友達に聞いてみたが「違うよ、友達だよ」と言う。
友達にしては彼氏面してアレコレと命令してる友達が怪しかった。
詮索してもしょうがないので楽しく飲む事にした。
グラスが開けばすぐに「同じのでイイ?」と言って注いでくれる。
ツマミだって何種類も作ってくれるし、すげぇ~イイ子だった。

ダラダラ喋りながら1時間半ほど飲んだ頃、友達が変な話をし出した。
「ミサってさぁ~いつもノーブラなんだよなw」
こいつ何言い出すんだってドキドキした。
「え~~wwそうだよ~w」
ってこの子も何答えてんだよ!
ひとりドキドキしてる俺を尻目に2人はニヤニヤしてやがった。

「じゃ~そのパーカー脱いじゃえよ」
「う~ん、イイけどぉ~~w」
そう言いながらミサはパーカーを脱いだ。
白のタンクトップ1枚になり、俺の目は釘付けになった。
華奢な体なのにボヨンとした巨乳。
しかもテカテカ素材の薄い生地だから、乳輪は薄っすら透けてた。
しかも乳首はポチッと立ってる。

「いやいやいや・・・・大丈夫?w」
思わず俺もニヤけちゃいながら友達に尋ねた。
「乳輪見えてんじゃんかよw乳首も立ってるしよぉーww」
「だってノーブラだからぁ」
「ちょっと揺らしてみろよw」
「えぇ~~~こう??」
友達に言われるがまま体を左右に振るから、柔らかそうな巨乳が左右に揺れてた。
「服からハミ出そうじゃんw」
そういう友達に俺も「ちょっwマジで出ちゃうぞww」と焦った。

巨乳にばかり目を奪われてたけど、俺はあるモノに今度は目が釘付け。
左腕に何本も走るミミズ腫れみたいな痕。
これってもしかしてリスカの痕じゃに~っすか・・・
揺れる巨乳もチラ見しながらリスカの痕ばかりが目に入ってくる。
だけど友達もミサも全く気にしてない。
だから暑いのに長袖着てたのかと納得。

「そうだ、ミサお前いつものパンツに着替えろよ」
「あれ?ちょっと待ってね」
ミサは嫌な顔せず、むしろ嬉しそうな顔をして立ち上がった。
隣の部屋に入っていくミサに「ドア閉めるなよ」と友達が言う。
「ちょっと覗いてみ?w」
ミサに普通に聞こえるレベルの声で俺に言ってきた。
「いやぁ~ヤバいでしょw」
「ヤバくね~って。な!ミサ!」
「う~ん、でももう穿くよw」
俺は覗かなかったが友達はゴロンと横になって覗いてた。

そんなこんなで部屋から出てきたミサを見て、酒を吐き出しそうになった。
黄色のホットパンツなんだがあまりにも短すぎ。
後ろ向いたらケツの下がぶりん!と見えてる。
「それ短すぎじゃねw」
「それがイイんだよな?ミサは」
「う~んw」
「そのパンツでM字開脚!」
「ちょいっ!お前何言っちゃってんのw」
友達が暴走し始めたのかと思いきや、ニコニコしながらミサは股を開いてた。
俺の目の前だったから、もうマジでお股ぱっくり。
パンツは見えてるしすげ~格好になってた。

「相変わらずお前ってエロいねw」
「えぇ~~w」
「だって初対面の男の前でその格好は無いだろw」
「だって着替えろって言ったじゃんw」
ナンスカ?このホンワカした雰囲気は。
どう考えても2人は友達っていう感じではない。

1Page 2Page 3Page

Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

トラックバック

コメント

  1. 今からすぐに会えるを探してる。熟女がいいです。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ