萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. エッチ体験談
  2. 221 view

フェラ好きな女に舐めてもらった①

先月友人が主催の合コンに呼んでもらいました。
彼女がいるのでぶっちゃけ人数合わせでしたが、行って良かったなぁ~と思ってます。

合コンにやってきた女の子は4人で、全員が同じ年齢らしく23~24歳。
ちなみに俺たちは25~29歳です。
思っていた以上に女の子のレベルが高くて、開始早々友人たちに裏切られました。
『まぁ~コイツは彼女いるからね』
この一言で一気にヤル気はゼロ。
女の子達も『へぇ~~彼女いるんだぁ~』と冷ややかな態度でしたし。

時間が経つにつれて、友人たちのターゲットが絞られ始めました。
合図とかしなくても暗黙の了解で分かるので、俺は当然のようにあぶれた女の子のお世話です。
別にその子が不細工とかじゃないんですよ。
ただ他の子達が可愛い系とか綺麗系なので、運悪く?あぶれたってだけです。

担当が決まった状態で2軒目に突入し、3軒目はカラオケに行きました。
もう時間は終電の無い時間だったので、上手くいけばお持ち帰りという流れです。
そんな中俺はあぶれた冴子(仮名)という女の子と終始談笑してました。
冴子は23歳で彼氏いない歴2年の女の子。
160cmぐらいあるかなっていう身長に、んまぁ~普通体型ってかんじでしょうかね。
イイ!ってわけではないけど悪いわけじゃない。
多分色気が無い可愛い系なので、他の子達より幼く見えてしまう子でした。

話してみると結構イイ感じの子で、俺のつまらないギャグにもケラケラ笑ってくれます。
酒が好きだというので『彼女がいるから友達として』呑み友になろうなんて言われました。
結局始発まで全員がカラオケにいて、男達の思惑は失敗に終わりました。
冴子の連絡先を聞いていたので、その日からチョロチョロとメールする仲になりました。
約束していた通り呑む約束をして、先週末に呑みに行ったんです。

初対面の合コンではあまり呑みませんでしたが、その時は気を使わずに呑んでたみたい。
ビールから始まり途中からは焼酎をグビグビいく子だったんです。
当然ですが普通に酔い始めて、だんだん冴子の意外な一面が見えてきました。
可愛い系で幼く見えた冴子ですが、どうもエッチは大好物らしいんです。
それもこれも元彼に随分と仕込まれたせいだ!と言っていましたが、天性のもんだろうって思っていました。
酔いに任せて聞けば正直に答えてくれる冴子に、だんだん興味がわいていったのは言うまでもありません。
見た目とは裏腹に、なんと冴子はSっ気があるらしい。
男に襲い掛かって『男が喘ぐ姿』に興奮するんだって。
『声なんか出ちゃう人だとヤバい』と笑ってました。

テンションが持続する冴子はまだ呑みたいというが、俺の方が眠くて仕方が無い状態。
そこで俺の提案で、うちに来て呑む事にしたんです。
勝手に飲ませておいて俺は先に寝ちゃえばイイ。
もしかしたら酔った勢いでエッチなんかも・・・と少しは期待してました。

部屋に来てからも冴子の呑みは止まらず、期待なんてどこかにぶっ飛んでしまいました。
堪え切れずウトウトし始めた俺は、そのまま知らぬうちに寝ていたようです。
『寝ないでよぉ~~』『起きないと触っちゃうぞぉ~~』『コラぁ~~起きてよぉ~』
冴子に何度も起こされかけつつ、俺は夢の中へ向かっていきました。
どのくらい寝てしまったのか、どうもモヤモヤ気持ちの良い感覚で目が覚めました。
俺が勝手に脱いだのか脱がされたのか、なぜかトランクス1枚で寝ていたようです。
しかもビックリした事に、気持ち良さの原因は股間でした。

トランクスの社会の窓から勃起したチンコが出ていて、その亀頭に冴子が舌を這わせていたんです。
思わず『んおぉ!何してんだよ!』と起き上ってしまいました。
『やっと起きたぁ~寝ないでよぉ~』
『起きるから舐めるのヤメなさい!』
『えぇ~舐められてても気が付かなかったくせに~』
『だって酔ってるんだもん、起きるわけ無いじゃん』

会話を続けながら冴子は亀頭を舐めるのをヤメません。
さっきまでの幼い冴子とは違って、妖艶なエロ女の顔がそこにはありました。
ベロリンベロリンと亀頭を舐め回すその顔を見て、ギャップのせいか強烈に興奮してしまいました。
上半身だけ起き上った俺は、亀頭をチュポチュポする冴子の胸を揉みました。
揉んだ瞬間思ったのが、見た目位以上の大きさだという事です。
こんなに巨乳??と思ったほど大きく、しかもボリュームのある巨乳です。
その巨乳を揉みまくりながら、器用に舌が動きまくるフェラを堪能してしまいました。

つづく

エッチ体験談の最近記事

  1. 友人嫁が映るハメ撮り動画@2P

  2. ヤンキー上がりのキャリアウーマン園子次長との変態セックス@2P

  3. 公園の駐車場で初対面の女がフェラ

  4. 彼氏と間違えた?!暗闇でのフェラチオ@2P

  5. 友達の妹が誘ってきたから@3P

関連体験談

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • もんた
    • 2017年 2月 04日

    50歳になり、高校の同級生の明美から同窓会の連絡のメールがあった。
    幾回か更新すると、近場に来るとのことで逢うことになった。ご

    付き合いはほゞ無い女子で、顔は覚えてる程度。
    約束は、「09の角で。」
    一応女性だから30分前に行くと、彼女すでに来ていた。
    「いつから?」
    「たぶん貴方の事だから早めに来ると思って。」
    俺の事そんな覚えてるんだ。
    少し嬉しいような、怖いような。
    「子供は、?」
    「孫が3人居るわ。結婚は4回、離婚は3回、不倫はいっぱい!」
    「なんか複雑だな。」
    「簡単よ。好きな男は100人で、
    セックスしたのは1000人。
    そのうちの一人がもんた。」
    何だか判らない話しながら、道玄坂をあがり、
    潤む目をした明美を連れ込み、
    ワンピごと抱き締め、乳房と尻の膨らみを楽しむ。
    尻の狭間から膣を覆うパンティを弄り、
    風呂抜きで、白髪混じりの湿ったデルタに顔を埋める。
    年相応で塩味の褐色陰茎を舐り、
    あふれ出る愛腋は小便のよう、たぶんそうだ。
    69でしゃぶらせ、年甲斐も無く半立ちのチンコを明美は握って、
    上位で膣に差し込んだ。
    「ぬるぬるだな。」
    「よく濡れてるでしょ。みんな言ってる。」
    「みんなって誰だよ。」
    「だから、好きな男は100人で、
    セックスしたのは1000人って言ってるでしょ。」
    明美は腰を巧みに動かし、俺のカリを掴む。
    「気持ちいい膣だよ。オッパイもデカいな。Eカップ?」
    「うん、前はFだったけどね。もう婆さんだから。」
    「揉むのもイイな。婆さん。乳首も咥え具合がイイよ。」
    「うん、今でもゾゾってくる。
    休み時間した押し競まんじゅう、
    男子に囲まれてもんじゃクチャになったとき、
    ホントは感じちゃってさ、『どうにでもしてえ~。』って思ってた。」
    「毛も生えてないのに?」
    「5年生で生えて来たわ。大人になったみたいで嬉しかった~。
    でも、セックスは大学で初体験よ。ほら3組の裕子、同じ大学のサークルで、2年の時にレズが初めてだった。裕子のリードで知って、それからね。
    同級生、先輩、教授、店長とかね。でさ、一番良かったのが旦那。
    チンコが20センチで太かった!物差し当てたら10センチ!」
    「スゲエ!俺の倍か!」
    「うん、肛門も避けるかとおもった。」
    「だから明美こんなに緩いんだ。」
    「失礼ね、膣は戻るって。って不淫相手の産婦人科医が言ってるわ。」

    「なあ、もう出したいな。」
    「えっ、御免ねアタシだけよくなっちゃって。」

    「いくう~。」
    「ううっ、」
    この時のチンコもイイ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。