セックス依存症の女友達との3年半@7P

「もうヤバいですw」
「えっっ?!もう?w」
亀頭をレロレロ舐めながら上目遣いでちょっと笑いながら言われた。
「マジで無理っぽいw」
「お口に出す?」
「イイ?」
「うん、イイよ。飲んで欲しい?」
「それはもう・・・飲んでくれたら凄く嬉しいw」
「んじゃ飲んであげるからたくさん出してねw」

そう言った途端、チハルのしゃぶり方が変わった。
今までのねっとりフェラとは違い、級にピッチの上がった激しいフェラ。
1分も我慢できなかった。
グワワッッと沸き起こってきた射精感を感じ、「もうイキそう」と伝えた。
チハルは「うんうん」と呻くような返事をしながらシャブリ続けてた。
「出すよ?もうイクよ?イクよ!」
すっごい気持ち良かった。
今まで出しまくってきた量とは比べ物にならないほど大量の精子を射精した。
射精中もチハルはジュルジュル音をさせながらフェラを続けてた。

最後の最後までしゃぶってくれた。
チュポンという音と共に唇が亀頭から離れた。
俺の目を見つめながらゴクンと飲み込む。
「こんなに出されたの初めてw凄い量でびっくりしちゃったw」
「俺もこんなに出るとは思わなかったwありがとね」
思わず何を思ったのか、お礼を言った後にチハルを抱き締めてた。
これにはチハルも慌てたようで、キョドリながら「うん、うん」って言ってた。
チンコ出したままで今になってみればとてつもなく恥ずかしい姿だったけどもw

俺以上に恥ずかしかったのか、チハルはおどけた口調になってた。
「シャワー浴びよっ!先に入る?それとも一緒に入る?w」
「一緒が良いなw」
「えぇーいきなりぃ?w」
「チハルの体洗ってあげるよ、隅々までw」

いつもの感じに戻ってる気がした。
「先に入って待ってて」と言われたので、俺は一人でシャワーを浴び始めた。
何を思ったのかシャンプーしてた俺w
そこにチハルが入ってきてゲラゲラ笑ってた。
「いきなり頭洗ってる人初めて見たwww」
「マジ?何で?」
「こういう時って体だけ洗うでしょww」
知らなかったとはいえ恥ずかしすぎた。

シャンプーを洗い流していると、背中に柔らかい胸の感触が走った。
泡をつけてるのかシャンプーの泡なのか、おっぱいは滑らかに背中を滑ってた。
そしてチハルの手がチンコに伸びてきて、半勃起してたチンコを優しくシゴき始めた。
「ちょっと待てw泡だらけで目が見えないんだから」
「イイからイイからw」
急いでシャンプーを洗い流して後ろを振り返った。
腕で胸を隠しながら笑ってるチハルを見て予想を完璧に裏切られた。

服を着てる時には分からなかったが、想像以上の巨乳っぷり。
痩せてて華奢だから余計そう見えるのか。
普段はあってもCぐらいにしか見えなかったけど、本当はEカップもある巨乳の持ち主。
しかもその巨乳がまた綺麗でハリのある美巨乳ってやつだった。
巨乳に目を奪われてたが、すぐにパイパンである事にも気が付いた。
「なぜパイパン?w」
「だって邪魔なんだもんw」
「オナる時に?」
「終わってからw」

人生で初めてディープキスをした。
チハルからブチュッとされ、直後にレロンとベロが口内に侵入してきた。
AVの見様見真似で舌を絡めると、チハルは「うぉんうぉん」言いながらしゃぶりついてきた。
背中にシャワーを浴びながら激しく舌をしゃぶりあった。
初めて触るおっぱいの柔らかさに感動してると、チハルの手がチンコを弄る。
いつの間にか勃起してたチンコを優しくシゴキ始めてた。
無我夢中で乳首を転がしたり胸全体を揉み上げたりしてた。
シゴくスピードが早くなってくると、俺まで息遣いが荒くなっていくのを感じた。

「また出ちゃいそうだよw」
「またぁ?w」

シゴくのをやめさせ、手にボディーソープを取り、チハルの体を手で洗った。
キメ細かい肌で感動さえ覚えた。
初めて見るリアルなオマンコ。
片足を湯船の淵にかけさせ、洗いながらこれでもかってぐらい凝視した。
恥ずかしいっていうチハルだったが、興奮してたのが分かった。
クリトリスはプックリ大きくなってて、触るたびに腰がクネクネ前後に動く。
泡を洗い流してオマンコを見てみた。
小さなビラビラは少しだけ出てて、使い込まれた感じがしない。
無修正のAVに出てくるようなオマンコを想像してたが、全くの別物だった。

オマンコを左右に広げ、しゃがんで一心不乱に舐めた。
チハルは俺の頭を触りながら越しを前に突き出してくる。
クリを舌先でベロベロ舐めると、今まで聞いた事がないチハルのエロい喘ぎ声が聞こえた。
演技か?って思うぐらいちょっと大きめな喘ぎ声。
「いやっ!はぁっ!あっ!あんっ!あんぅっっ!」
嬉しくなって舐めまくってると「もう駄目っ、立ってられないっ」と言われた。
頭をグッと押し返され無理矢理クンニを中断させられた。

「ちょっとぉ~~w」
「どうした?痛かった?」
「激しすぎw気持ち良くて立ってられないでしょww」
「もっと舐めてもらいたい?w」
「うん、でもベッドでして欲しい」


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

コメントをどうぞ

このページの先頭へ