匂いフェチな女②

「こんなにキスしたの久し振りかも」
ミーナはニヤニヤしながら僕の胸に顔を押し付けてきました。
これは可愛過ぎる・・・
「俺には恥ずかしがる必要ないんだから・・・イイよ?もっと淫乱になっても」
「えぇぇ~~恥ずかしいよぉ・・・」
「あんな激しいキスしといて恥ずかしいもないだろ」
「うぅ・・・・もぉ・・・」

キスをしながら互いの服を脱がせる感じで、あっという間に2人とも下着姿になりました。
ミーナは痩せてるけどガリガリではなく、メリハリのある肉体をしています。
脱がせてみると想像以上に巨乳ちゃんって感じで、腰のクビレとかも極上なスタイルでした。
「汚いからダメ・・」
「だからイイんじゃん」
僕はミーナの首筋や腕、お腹などにキスをしては舐めまくりました。
ダメとか言いつつミーナ自身も興奮しまくりの様です。
「そこはだめっっ!」
ワキの下だけは必死にガードしてましたがw

ブラを取って乳首を吸いまくり、甘噛みしながら舐めると喘ぎまくり。
柔らかくてボリュームのある巨乳は、ギュッと掴むと潰れちゃうんじゃないかと思いました。
代わる代わる乳首を舐め、途中でキスを挟みながら愛撫を続けました。
下半身に手を伸ばすとモジモジするので、強引にパンツの上からオマンコを触ってみました。

「あれ?漏らした?」
「漏らしてないよぉ・・」
「すげぇ~~濡れてるぞ。ほら?聞こえる?」
「恥ずかしいからヤメてよぉ」
「ピチャピチャ鳴ってるよ」

下着がビチャビチャになるほど濡れてたんです。
パンツを擦り下げて直接触ると、ローションでも垂らしのかってぐらい大洪水。
クリトリスをそのまま擦りあげると、ミーナは必死に抱き付いてきました。
「だめっ・・だめっ・・んあぁっんっ・・だめっ」
「ダメじゃなくて気持ちイイんでしょ?」
「うんっ、凄いのっ・・・はぁうんっ・・」
「可愛い顔してこんなにエロいんだね、凄いよ?ココ」
「だってぇ・・あぁんっ・・んあぁっんんっ」

簡単に指がにゅるりと入ると、喘ぎ声はより一層激しくなっていきました。
ミーナの膣内は狭い方らしく、痛いほど指を締め付けてきます。
2本は無理かなって思うぐらいでした。
中指でGスポット辺りを刺激しながら顔に近付いて行くと、ミーナの方から今度はキスをしてきました。
段々エロさを恥ずかしげも無く出し始めてるなって思うと、僕も興奮してきます。
舌を出すと「ふぅんっ・・うんっ」としゃぶりつていくるんですから。

指を奥まで入れて丸秘スポットを刺激し出すと、体を断続的に痙攣させながら感じまくるミーナ。
ネットで仕入れたテクニックで覚えた指マンを、今こそ!と思って披露してやりました。
「あっ!あっっ、はぁっあはぁ!だめっ、いくっいっちゃうっ!イッちゃうからっ!だめっ!!」
背中を仰け反らせてミーナは叫びました。
「イイよ、イッてイイよ。思いっ切りイッちゃいな!」
「ダメダメっっ!イクッ!イッちゃうっっんっ!イッッッくぅぅっ・・・・!」
ガクンっと体が元に戻ったかと思ったら、今度は下半身を中心にビックンビックン痙攣しまくり。
しかも下から抱き締めてくる力が予想以上に強くてビックリしました。
ミーナの昇天は余韻が長いみたいで、数分間続きました。
その間僕は優しくキスをしたり、クリトリスを軽く触ったり、巨乳を揉んだりしてました。

しばらくして落ち着いたミーナと、ゆっくりキスをしたり抱き締め合ったりしてました。
それでここからが人生初の経験をする事になったんです。
ミーナが匂いフェチだと言う事は半信半疑で知ってはいました。
でもその後のミーナの行動には、ちょっとビックリしてしまいました。

抱き付きながら僕の上に乗ってきて、ニヤッと微笑みながら何度もキスをしてくるミーナ。
そのまま僕がしたように首筋や胸などにキスをし、チロチロと舌で愛撫し始めました。
この時からちょっと変だったんです。
キスしたり舐めたりしながら、「クンクン・・」とニオイも嗅ぐんです。
「はぁぁ・・・クンクン・・・・ちゅっ・・」みたいな感じで。
シャワーを浴びてないから少し汗臭いとは思います。
その匂いを嗅ぎながら舐めていったわけですが、本領発揮したのはチンコの匂いを嗅ぎ出してから。

「俺のニオイはどうだろ~ねぇ~~」
「嗅いでもイイ?」
「恥ずかしいけどね・・どうぞ」
「あはは、それじゃ・・・」

カウパーで染みができたトランクスの上から、勃起したチンコに鼻をくっつけて嗅ぐんです。
クンクン・・・どころじゃなくて、スーハースーハーとすげぇ~~~嗅ぎ方。
「あぁぁ・・・凄い・・・・」
「ん?臭くてダメ?」
「違うの・・・んぁぁぁ・・・・」
夢中でニオイを嗅ぐミーナは、チンコに鼻をブルンブルンぶつけてきます。
「その匂いを嗅ぎながらオナニーしたかったんじゃないの?」
「えぇぇ~・・・・でもぉ・・・」
「恥ずかしがらずにやってみな?俺が見ててあげるから」
「恥ずかしいよぉ・・・」

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

CAPTCHA


このページの先頭へ