間違えて送られてきたメール①

先月面白い経験をしたので投稿します。
夏に合コンをやってメアドを交換した女の子がいました。
可愛いから交換したわけじゃなくて、しなきゃダメかな的なノリで交換した子です。
赤外線で交換したので、名前は苗字で電話番号とメアドだけだったと思います。

その日から数日間は「お疲れ~」「また呑みに行こうね」とかメールしてました。
でも会話も続かないし面倒に思ったので、数日でメールしなくなったんです。
だいたいこの子は、24歳で若いくせに服装がマジで最悪。
いつの時代に買ったんだ?と思うようなジージャン着てたし、なぜ靴下?って靴下も穿いてて。

「顔はともかくスタイル良さそうだから繋げとけば?」と友達には言われていました。
確かにTシャツが盛り上がっている胸の膨らみには興味ありましたけど。
やっぱりそれだけじゃ無理ですよね。
見た目はかなり大人しそうなタイプで、学生時代は確実に窓際族っぽい子でした。
メールにデコメとか使ってこないモノクロなメールだったのはちょっと驚きましたね。

そんな子だったのでスッカリ忘れていたんです。
それが2週間前に突然メールがきたんです。
「会ってくれるならどこがイイですか?」って内容のメールです。
コイツ何言ってんだ?って思いましたが、わけも分からず返信しておきました。
「○○線沿線ならどこでもイイけど」って。
「都合の良い日はお任せします。ドタキャンは辛いので写メくれませんか?」
ホントに変な事を言い出すヤツだなと思い、「だったらそっちの写メ頂戴よ」って返事しました。

しばらくしてメールが届いてビックリですよ。
「これでイイですか?」的な内容に添付されていた写メが、上半身裸で手ブラ写メだったんです。
想像はしていましたがやっぱり巨乳の持ち主で、すげぇ~重量感のある巨乳でした。
その写メを見て気が付きました。
コイツ絶対俺と誰かを間違えてるって。

俺の写メ送るわけにもいかないし、どうしようか考えていました。
そしたらまたメールがあって、「これじゃダメですか?」的なメールにまた写メが付いてました。
その写メは完全に上半身裸で、巨乳丸出しだったんです。
少し大きめな乳輪に小粒な乳首でしたが、垂れ下がってもいない綺麗な巨乳でした。
とりあえずニット帽とサングラスをかけて、写メを撮って送りました。
俺とも気が付かなかったらしく、今週中に都合の良い日を教えて下さいって書かれていました。

これは面白い事になったなと思い、もっといろいろと引き出してやろうと思いました。
会う前に興奮する写メを送ってくれとか、どうされたいとか、箇条書きにして送ったんです。
そしたら素直にも細かく応えてきて、写メはなんと大股開きです。
顔は隠れていましたが、鏡越しに写したらしくお股パックリでアソコ丸見えの写メでした。
しかも驚いた事にパイパンでした。
少しお酒を飲んだ方が恥ずかしさが無くなるとか、Mなので言葉攻めや軽く叩かれるのも興奮するとか。
フェラは好きなので即尺もできるとか、最後は口で出しても大丈夫とか。
オモチャも好きなので、持っていたら使って下さいとかも書いてありました。

どう考えてもこのメールは円光のニオイがプンプンしました。
だから値段も聞いてみたんです。
サイトで書いた通り2本欲しいと言ってきました。
こうなってくるとシカトするのも可哀想な気がしてきて、2日後に会う約束をしました。

車で待ち合わせ場所に行くと、律儀にも20分前なのに立って待っていました。
メールをして車を教えると、小走りに近寄ってきました。
この日の服装もかなりヤバくて、あのジージャンも着ていました。
でも意識してたのか、V字に胸元が開いたTシャツを着ていましたけどね。
近くに来たので俺は車を降りました。
目と目が会った瞬間、彼女は絶句状態です。

「車に乗りなよ、久し振りだね?カホちゃん」
「えっ?どうして?えっ?」
「まぁ~まぁ~とりあえず乗りなよ、説明するから」
明らかにキョドりまくっている彼女を乗せ、事情を説明しました。
どうやら彼女、出会い系サイトで知り合った男と俺を間違えていたようです。
スッカリ俺の苗字を忘れていた彼女は、同じ名字の男と間違えたらしい。
そんな事あるのかよ!とツッコミを入れましたが、実際そうなんだから笑えませんよね。

「で、困ってるんでしょ?2本でイイんだっけ?」
「いいです・・・もういいですから・・・誰にも言わないって約束して下さい・・お願いします・・」
「でも今週中に2無いと困るんでしょ?イイよ別に。どうせパチンコで勝った金だしさ」
「でも・・・いや・・大丈夫ですから・・・」
「まぁ~まぁ~まぁ~」

そんな会話をしつつ、駅から少し離れた大通り沿いのラブホへ車を入れました。
「ホントに困りますから!大丈夫なので帰ります!」
「んなこと言わずにさ、まずここでしゃぶってよ」
ジーパンの前から俺はまだ勃起もしていないチンコを出しました。
無理やり握らせシゴかせながら、早くしゃぶってよと催促しました。
チンコを握ってからは諦めたのか、しばし拒否したものの諦めてフェラをし始めました。

「ちゃんと丁寧にいつも通りやってね?」
「はい・・・」
顔さえ見なきゃフェラは極上でした。
舌が口の中でチンコに巻き付く様に動いてくるし、強弱のリズムも申し分ありません。
伊達にフェラ好きじゃないなって思いながら、しばしフェラを堪能していました。
「じゃそろそろ行こうか・・・」

もう無言で後ろをついてきたカホは、部屋に入ってもオドオドしっぱなしでした。
「まずここに置いておくからね」と諭吉を2枚テーブルに置き、俺は全裸になりました。
「さっきシャワー浴びてきたからさ」とベッドに寝て、カホを呼びました。
カホはどうしようか迷っていたみたいですが、もうどうにもならないと悟ったみたいです。
言われるがままベッドへ乗ってきて、またフェラをし始めました。

マジで顔さえ見なきゃ最高に気持ちがイイので、チラチラ見える胸の谷間ばかり見ていました。
「じゃ~そろそろ服脱いでよ、あの巨乳を生で見せて」
無言でゆっくりと洋服を脱ぎだし、カホは全裸になりました。
写メ通り陰毛は無く、大きくて張りのある巨乳が目の前に出てきました。
またフェラを再開したカホを四つん這いにさせ、巨乳を揉んだり腰からケツのラインを眺めたりしていました。
「こうされると興奮するんだっけ?」と、頭を掴んでイマラチオをしてやりました。
苦しいらしく手で奥まで入らないようガードしつつも、チンコを口から離そうともしません。
しかも口の中の舌は動きまくるので、フェラだけでイケそうになってきました。

「とりあえず口に出してイイ?もうイキそうなんだけど」
「はいっ・・・んぐっ・・・んっんっ・・・・」
腰も動かしながら激しく出し入れをして、思いっ切り口の中に精子をぶちまけてやりました。
ここ4日間溜め込んできた精子だったので、いつも以上に出た気がしました。
掴んだ頭を離しても、激しくしゃぶってくれています。
渡したティッシュに精子を出してからも、綺麗にして?と言うと無言でお掃除フェラをしてくれました。
これがまたネットリしてて最高でした。

つづく


Twitter始めました⇒

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

【特集記事】秘密の性感帯とは

他の男性が知らない性感帯

他の男性が知らない性感帯
女をイカせるスポットと言えば『クリ・Gスポ・ポルチオ』ですが、もしこの3つ以外の極小数の男しか知らない秘密のスポットがあるとしたら、知りたくないですか?いや、男なら知るべきです!


女友達の性欲だけを刺激して都合良くセックスする方法

セックスもする普通の女友達

セックスもする普通の女友達
彼氏がいようが旦那がいようが、とりあえず一発ヤる技術がある。同僚や女友達でもうっかりハメちゃう性欲トラップ。後はセフレにするか放置するかはアナタ次第。俺なら都合の良い肉便器にするw


【女性版】セックスのための筋トレ&ストレッチ

誰も教えてくれないセックスの悩み

誰も教えてくれないセックスの悩み
彼が満足してる?挿入すると痛い?セックスレス?濡れにくい?膣の締りに不安がある?感度が悪い?これらの悩みを解消しないとずっと不幸のまま。女子力もUPさせて彼をアナタの虜にしよう!

人気体験談ランキング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ