萌えた・エッチな体験談のまとめサイト。投稿された寝取られセックス・中出し・風俗・不倫・出会い系・覗き・人妻体験談を紹介
  1. 出会い系体験談
  2. 27 view

初めてのアナルセックス②

説明するのが下手で伝わらないかもしれないけど・・・その後人差し指をゆっくり出し入れしたのね。
ゴムはそのまま動かずに、中の指だけが動いてる感じ。
途中からはゴムも一緒に動き出し、気が付くと愛理は勝手にクリトリスを弄ってる始末。
四つん這いにさせたら我慢できずにうつ伏せになっちゃって、ケツだけクイッと浮かせてる愛理。
膣内にも指を入れて2穴攻撃ってやつを初めてやったよ。
ホントに薄い皮1枚で仕切られてる感じで、指と指の感触が何とも言えなかった。
アナルとマンコに挿れた指先同士を擦り合わせたりすると、そんな事でも愛理は絶叫しまくり。
アナルをヒクつかせていつも以上に絶叫して昇天する愛理を見て、初めてエッチした時以上にヒイたw

また入れるかもって事でゴムだけアナルに挿れたまま、愛理にフェラチオしてもらった。
狂ったように絶叫して疲れたのか、いつもよりもグダグダなフェラチオ。
それでも1週間ちょい禁欲してたお陰でギンギンになってたんだがw

『どうする?アナルに入れる?』
『うん、入れて欲しい』
『入るかなぁ・・』
『ローション塗れば大丈夫だと思うけど・・』

多分そこまでハッキリとは言わなかったけど、今までアナルセックスを結構ヤッてたんだと思う。
しかも俺のチンコはデカチンじゃないから大丈夫って思ったんだろうなw
ゆっくりアナルをマッサージするようにイジり、指が2本入るようになって挿入準備。
正常位で腰の下に枕を置いて、アナルに入りやすい体勢に。
ゴムつけてローション塗りたぐって亀頭をアナルに押し付けてみると、ちょっと抵抗があったものの想像以上に簡単だった。
マンコ以上の締め付けでニュルッと亀頭がアナルに吸い込まれ、ギューッギューッと変なリズムで締め付けてくる。
ローションを垂らしつつゆっくり出し入れを始めると、愛理はさっき以上に狂いまくりでした。
ちょっと何言ってるか分からない日本語で喘いでたし。

ゆっくりゆっくり出し入れを続け、チンコが半分ほど入っていった。
今アナルに挿れてるよ・・と思いつつ、クリトリスを親指の腹で弄ってやった。
腹筋を痙攣させながら愛理はやっぱりイキまくりでした。
驚いたのは俺のチンコが完全に奥まで突き刺さった事。
一応13cm以上はある俺のジュニアが、完全に飲み込まれたんだから凄い。
でもアナルって別に気持ちがイイもんじゃないのね。
入口だけ締まりが良くて、中は完全にスカスカって感じ。俺のジュニアサイズが問題なのかもしれんがw
亀頭付近まで抜いては奥までゆっくり突き刺す。
クリトリスも擦りつつそれを繰り返す。

愛理はシーツをグシャグシャに掴みつつ、数分ごとに激しくイキまくってました。
背中を反らせて痙攣しながらの昇天は、いつも以上に怖かったw
しかも途中からは獣みたいな唸り声になってきちゃって、歯を食いしばってイクんだもん。
後で言われた話、最後の方は意識が飛びまくってて死ぬかと思ったんだってさ。
失神して覚醒しての繰り返しだったらしく、そんなもん知らない俺に『殺す気か!』って叫んでたらしい。
何言ってるのか分からなかったけど、そんな事言ってたとはねw

アナルじゃイケそうにない俺は、グッタリする愛理を仰向けにして正常位で挿入した。
もう人形のようにグニャングニャンだったが、しっかりマンコに挿入して顔射してやった。
やっぱりマンコの方が格段に気持ちイイw
顔射した時はビックリして口を大きく開けてきた愛理だったけど、わざと外すように射精してやった。
強引にお掃除フェラさせて終了したが、時計を見てビックリ。3時間以上やってたみたいw

次の日が授業あるっていうから朝ホテルを出た。
昼過ぎにメールで『まだアナルがヒクヒクする』って言ってきた。
俺のサイズは今までのアナルセックスの中で1番イイんだって。
嫌じゃなかったらまたして欲しいって、女子大生にアナルセックスおねだりさせちゃいましたw
普通に考えれば最高な状況なんだが、いかんせん俺がアナルセックスに萌えないっていうね。
どうしたら楽しめるのか、毎日そんな事考えてます。
誰か良い案があったら教えてくれw

終わり

出会い系体験談の最近記事

  1. デカチンを出会い系でアピールしてギャルGET@2P

  2. 弱み握られ熟女の性欲処理相手に@2P

  3. 友達の妹が性欲の塊でヤバ過ぎ@3P

  4. 出会い系で20歳の女子大生と

  5. 出会い系でフェラ好きな女に出会った@2P

関連体験談

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。