彼女が寝てる俺を襲ってオナニーもしてた件@2P

付き合って4ヶ月になる彼女がいる。
27歳で大人しい清楚系のイメージ。
あまり大声で騒いだりしないタイプだが、かといって暗いわけじゃない。
あまりグイグイこないというか、前に出てこない控えめな性格。
クラシックバレーやってたのでカラダはグニャグニャ。
まさに軟体動物か!ってツッコミ入れたくなるほどカラダが柔らかい。
これが俺には萌えポイント。

この投稿の続きを読む »

タグ

中学生の青姦スポットを覗き見

スゲェー事に気が付いたのは去年の6月。
その日は具合が悪くて夕方帰宅してからベッドで爆睡してた。
暑かったけどエアコンつけたらダメかなと思い、窓を開けてそのまま寝ちゃってた。
熱があったから夢でうなされてたんだが、外の音でふと目が覚めた。
なんだぁ?!と起き上がって耳を澄ませると、どう考えても男女の喋り声。
しかもなんか変で、女の子が時々色っぽいような声を出してた。

この投稿の続きを読む »

タグ

青姦を覗ける最高の場所@2P

1年ぐらいフラフラしてた時期、親戚に頼んで工場に住まわせてもらってた。
並びには工場ばかりが建ってて、裏には工場と住宅がチラホラある地域。
ちょうど親戚の工場の裏には公園があった。
昼休みとかは職人のオッチャン達が談笑してたり、子供たちが遊んだりする公園。
夜になるとひとけが無くなるので、ちょっと不気味で怖い公園になる。
だからある日人の声が聞こえて心底ガクブルだった。

この投稿の続きを読む »

タグ

隣に住んでた酒乱のおばさん

小学校の頃うち超貧乏で、オヤジの田舎で暮らしてた。
部屋が3つの平屋建てに家族3人で暮らしてた。
隙間風は凄いわ、ゴキブリやら蚊も凄いわで、マジ最悪な思い出ばかり。
しかも隣に酒乱のオバサンがいて、この人が怖くて怖くて堪らんかった。
子供だから酒乱とか知らないでしょ。
普段は普通のオバサンなのに、人が変わったかのように変貌しちゃうんだ。
「おい!こらぁ!このガキィー!」っていきなり怒鳴られたり、「てめーこ○すぞ!」とか言われて物投げられたりもしょっちゅう。
高校生ぐらいになって親から酒乱だったって聞いたけど、あの頃はぶっちゃけ狂ったオバちゃんとしか思えなかった。

この投稿の続きを読む »

タグ

愛娘と義息の淫らすぎる秘め事@2P

こんにちは。私は45歳の会社員です。
6年前に妻と死別し、娘・優梨亜と2人暮らしでしたが、友人の紹介で知り
合った2つ年下の女性と昨年の夏に再婚しました。
妻には、当時19歳になる大学1年の息子・裕司がいました。
まだ中学2年の13歳だった優梨亜とうまくやっていけるだろうか・・・
私は一抹の不安を抱いていたのです。
しかし、息子も私にすぐに懐いてくれ、他の家族にも心配していたもめ事もなく、すべて順調、と思っていたのですが・・・

この投稿の続きを読む »

タグ

ハメ撮りのカメラマン@2P

同じ学部で同郷である事が分かり、それ以来仲良くしてた長瀬。
無口で無愛想だから俺以外にあんまり喋ってるのを見た事が無い。
ちょっと他人を見下したような態度を取るから、友達がいなくて当たり前かな。
俺は兄貴でそういうのが慣れてたから気にならなかっただけ。

この長瀬って男はとにかく女にモテてた。
知らないうちに彼女がコロコロと変わってて、どこで仕入れるのか不思議なくらい。
親しくなり始めてから気になってたから聞いてみたら、全部ナンパだって言ってた。
長瀬は一人でもクラブに行っちゃうし、フラリと出掛けて街中でナンパもする。
それを知ってから実はスゲェ~ヤツだなと一目置くようになった。

この投稿の続きを読む »

タグ

昼間から男を連れ込むおばさん

暇潰しにちょっと書いてみます。
昔住んでた家の隣には、多分40代後半ら辺の夫婦が住んでた。
子供はいなく、それゆえ絡む事はほぼ無し。
同級生とかいたらなんだかんだで絡むでしょ。

この投稿の続きを読む »

タグ

酔い潰れた美人上司の裸@2P

初めに書いておきますが、皆さんのようなドエロはないっす。
物足りないかもしれませんがお許しを。

同じ部署には32才の女上司がいる。
まさに才色兼備とはこの事。
モデルやってましたって言われたも疑わないほどの美人。
前まで芸能人だったんですよって言われてもね。
そんな見た目だけど中身も凄い。
都内の国立大学卒業後はアメリカの大学院も出てる。
英語もベラベラだし頭のキレは凄まじい。
凄過ぎて嫉妬すら抱かれない。

なんでそんな人間がウチみたいな会社にいるのか。
それは中途採用だから。
20代後半で離婚してて、それを機にウチへやってきたわけです。
社長とお父さんが知り合いだって話を聞いた事がある。

そんな上司とここ数年仕事をしてる。
変なプライドとかも無いようで、人間として素晴らしいと思ってる。
ヤケにツンツンしてないし、厳しさと優しさにメリハリもある。
公私混同はしないけど、ちゃんと飲み会にも短時間でも顔を出す人。
だからぶっちゃけ尊敬はしてる。

その上司と先月の半ば、関西方面へ出張に行った。
本当は俺と先輩が行くはずだったのに、先方のトラブルで急遽この上司が行く事に。
書き難いのでちょっと名前を付けておきます。
猫系の顔をしてるので少し似てるかなという事で、北川さんとしておきます。
北川景子の北川です。

着いて早々に取引先の会社へと行き、北川さんはガンガン怒ってた。
聞いてた話じゃ単純なミスから生まれたトラブルだったからね。
北川さんを見た時は、明らかにナメた態度をしてたオヤジ達。
でもガンガン怒られていくうちに不貞腐れやがって最悪。
「いい加減にしなさい!遊びじゃないんですよ!」
グダグダ行ってたハゲオヤジがそう言われて思わず笑いそうになった。

ここの取引相手も呼び出して1日目は終始激怒で終了。
2日めはもう一つの取引先まで呼んじゃって、朝からガンガンやりあってた北川さん。
2日間ずっと怒りっぱなしで、かなり疲れたと思う。
付き添ってる俺でも怒りが込み上げてきてたし。
なのにクソオヤジどもは女だと思ってナメてたんだろうな。
3日目になって2日間の話とは全く違う事をし始めちゃって、ぶん殴ってやりたくなった。
社長も出てきてウチの社長も電話で参加して、どうにか一応は形にはしたみたい。

そんな3日間で相当ストレスを抱えてたんだと思うな。
夕飯の時もオヤジどもにずっと怒ってたしね。
ビジネスホテルに戻ったのが21時ぐらいだったかな。
風呂から出てまったりしながらビール飲んで、スマホのエロ動画見てシコってたのねw
ホテルの有料放送とか見ててバレたら恥ずかしいから。
0時半頃だったかな、うひょ~~~!ってなってたシコシコタイム。
それをクソジジィの電話が邪魔しやがった。
昼に決めた事をまたミスっちゃったって内容。
いくらなんでも有り得ないだろー!って愕然とした。

俺がこうしてくれとか決める事は出来ないので、上司と相談するから待っててと切った。
慌てて上司に電話したが反応無し。
この3日間大変だったから疲労困憊で寝てるのかな。
でも・・・と思って何度も電話した。
隣の部屋だったから壁に耳を当てると、無機質な呼び出し音が微かに聞こえてた。
起きてくれないかなぁ~って思いながら何度も電話した。

4回目か5回目になる頃には、あれ?大丈夫?っていう不安が。
いくら疲れててもこれだけ鳴ってたら起きるだろ。
もしかして倒れてる?!マジでこれは!!
とりあえず10回は電話してみた。
でも北川さんは電話に出ない。
廊下に出て呼び鈴を鳴らしたりノックしたが反応無し。
さすがにこれはヤバいと思ったので、急いでフロントへ行った。

予約したのが俺だったから、北川さんの同僚だと分かってもらえた。
いくら電話してもノックしても反応が無いんです。
そう言うとフロントから内線で呼び出したがやはり反応は無い。
焦った50代と思しきオッチャンと2人で、合い鍵を持って急いだ。
一応はノックしたりした後、合い鍵で中に入っていった。

「北川さん?大丈夫ですか?」
そう言いながら入ってみると、目の前に凄い光景が広がってた。
ベッドの上にガウン姿の北川さんが仰向けで倒れてた。
死んでるのかと思って心臓がバクバク。
オッチャンなんて北川さん見た瞬間「ひぃっ!」って小さい悲鳴出してたしさw
恐る恐る近寄ってみると呼吸をしてて安心した。
首を触って脈も確認。

あぁ~良かった、死んで無いや。
オッチャンにそう言って、2人して床にヘタリ込んじゃいましたw
「大丈夫みたいっすw」
「良かったですねw」
2人とも苦笑いし、オッチャンが部屋から出ていった。

タグ

最強のノゾキ部屋を作った@4P

今まで誰にも言って無かった悪戯です。
高校卒業まで俺は中部地方の田舎町で暮らしてました。
同年代だったらみんな顔見知りってぐらい狭い地域。

俺には幼馴染の友人が1人いて、年がら年中そいつとばかり遊んでた。
周りはゲームとかばっかりしてたけど、俺とそいつは外で遊んでた。
こいつまた器用なヤツで、オヤジさんが大工って事もあって、いろんなモノを作ってくれる。

この投稿の続きを読む »

タグ

隣から聞こえる同級生の喘ぎ声@3P

大学3年の秋頃、隣に同じ学校の女が引っ越してきた。
帰ってきたらゴトゴトと物音がして、空き部屋だと思ってたからびっくりしちゃって。
泥棒なんじゃないかソワソワしていると、数分後に突然インターフォンが鳴った。
恐る恐る対応してみると、隣に引っ越してきた水瀬ですっていう女の声。
ドアを開けてみると同じ学校の娘で、互いに「あっ・・どうも」みたいな。
洗濯洗剤を受け取りながら「今日引っ越してきたの?」と聞いてみた。
すると矢継ぎ早に引っ越すハメになった理由を喋ってきた。

この投稿の続きを読む »

タグ

このページの先頭へ